亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

自転車で真夏の日中走って、「日が入って」しまった。高齢者ほど紫外線対策が必要。

   

ここ数日は、東京は30度を下回る天気で、
曇ったり、雨が降ったりと暑さが一服しています。

先日、30度を超え、太陽の光がまぶしいどころか、
痛いくらいのお昼前、自転車で町中を走行しなければ
なりませんでした。

といっても、正味の時間は往復で40分弱だったのですが、
ふと先日、気づいてみたら、首の後ろのところが、黒くなり、
シャワーを浴びるとひりひり。
鏡で確認すると小さなぶつぶつができていました。

しっかり頭と首元は、後ろに垂れ布のついた
帽子でカバーしていたのですが、そんなに時間が
かからないからと、日焼止めを
ちゃんと塗っていなかったせいで、
かなりのダメージを負ったようです。

小さい時、こうした時、両親、祖母、近所の人たちは、
「日が入る」「日が入った」と言っていましたけれど
まさにその状態だったよう。

小さい時は、いくら日に焼けても、赤くもならず、
きれいな小麦色に焼けていたのですけれど。

同年代の友達や知り合いに聞いてみると、
年をとるとともに皮膚の代謝も悪くなり、
また紫外線のダメージは蓄積されるので、
皮膚がぼろぼろになりやすくなるのだとか。

なので、年配の人ほど、しっかりと
紫外線対策をたてなければいけないと。

直射日光のもと、数十分も無防備な状態で
皮膚をさらすのはもってのほかと、
しかられてしまいました。

小さい頃、両親は、「日が入る」と
皮膚がいたむだけでなく、体の中に
熱がこもり、極端に身体が疲れてしまう。
ひどい場合には命を落とす危険もあると
話していました。

今でいうと熱中症のことを言っていたのですね。

改めて紫外線の怖さを実感。
これからは短い時間でもしっかりと
対策をしないといけませんね。

というか、そもそも真夏の炎天下に
自転車で数十分も移動するのは、
無謀なこと。
いつまでも若いつもりでいてはいけないようです。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

座右の銘を一ヶ月に一度、毛筆で書き換えて、心を新たに。言霊、常若。

会社の壁、机の前、デスクトップなどに、 今年の自分の目標、会社の社訓などを 貼っ …

お宅のシャワーの水圧は高いですか? 家中の配管をクリーニングした知人宅。シャワー快適、悪臭なくなる。

お宅のシャワーの水圧は、 高いですか? わが家のシャワーは、低圧用のシャワーヘッ …

日めくりは嫌いという高齢の知り合い。12月3日はカレンダーの日。

12月になりました。 明日12月3日は、カレンダーの日だそう。 全国団扇扇子カレ …

自分はどこで亡くなりたいか? 自宅それとも?

先日、ある病院に行ったときのこと。 80代とおぼしき女性二人が話をしていました。 …

昔、近所にあった石屋のおじさんの話。「人にも石目がある。それを読め」。

お盆の時期。 お墓参りに行かれた方も多いでしょう。 その際には、お墓を きれいに …

4月6日に発表。「HAPPY NEWS 2014」。大賞は「整頓されているから」に感想を寄せた鹿児島の古垣さん。

4月6日は新聞を読む日。 それを記念し、 読んで幸せな気持ちになった新聞記事とコ …

あなたはトントンスリスリ体操をご存じ? 頭を活性化。高齢者に負ける。

トントンスリスリ体操。 ご存じでしょうか? つい先日、テレビでも取り上げられたの …

伊集院静氏の新刊「琥珀の夢――小説、鳥井信治郎と末裔」。陰徳。

作家・伊集院静さんが、日本経済新聞に連載していた 「琥珀の夢」が発刊されました。 …

玄関の鍵穴近くに貼り紙。「カギをお預かりしています」。一体、何が起こった?

ご近所に高齢のご夫婦二人暮らしの家庭があります。 長年の知合いです。 その旦那さ …

台風10号に備えていたら、隣家の水道管が破裂。人生何が起こるかわからない。

会社からメール。 今日夜の取引先との約束。 先方の都合でキャンセルになったと。 …