亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「説教、昔話、自慢話はしない」。テキトー男・高田純次さんの自戒。

   

高田純次さん。

テキトー男として有名ですね。

毎日放送の「情熱大陸」で
2015年7月5日にとりあげられました。
http://www.mbs.jp/jounetsu/2015/07_05.shtml

高田さんの日常を三ヶ月にわたって、
密着したというドキュメンタリーです。

2015年7月17日の朝日新聞の投稿欄にも
掲載されていたのですけれど、
その中の高田純次さんの言葉に、ドキッとしました。

それは、
「年取ってやっちゃいけない話は、
説教と昔話と自慢話。
だから俺はエロ話しかできないんだよ」

高田さんよりずいぶん、年下ですけれど、
職場などでは、いつの間にかベテランとなり、
周囲は年下ばかり。
そうなると自覚していなくてもついつい、
「最近の若い者は……」とか、
「自分が若い頃は……」とか、
言いがちになるんですよね。

若い時は、そうした年配の人の話が、
たまらなくイヤだったのに。

人との会話で、面白い話をするのは、非常に難しいですね。
わかりやすいのは、面白くない話をしないこと。
面白くない話とは、高田さんがあげられた
説教、昔話、そして自慢話。

さらに避けるべきは、
愚痴、その場にいない人の悪口、噂話。

これらもされると、マイナス、
ブルーな気持ちになりますね。
まるで毒を吹き込まれたよう。

自戒しているのは、しゃべりすぎ。
相手の話を聞いているようで、実は受け流していて、
自分のことばかりしゃべること。

小さいころからおしゃべりだった自分に、
祖母は、
「人の耳はふたつで、口は一つなのはなぜか知っているか?」
と質問。

「それは、自分がしゃべることの倍、
人の言うことを聞くようにとの神様の戒めから」
と忠告(これも説教?)してくれました。

どんな女性にも好感を持たれるある男性に、
その秘訣を伺った折に、この祖母の教えを
告げたところ、次のように話してくれました。

「こと、男女間でいえば、1:9。
女性に9割しゃべらせて、男性は1割、そう相づちや、
相手のキーワードを繰り返すくらいでちょうどいい」
と。

それくらいにして女性はようやく、
自分の話をよく聞いてくれると感じるのだとか。

「一を聞いて十を知る」と言われます。

非常に賢いという例えですが、こと話に関しては、
「一を聞いて十を話す」になりがち。

「十を聞いて一を話す」が、
会話では賢いのかもしれません。

関連エントリー
《人生やり残しリスト》
人にはなぜ耳が二つ、口が一つついているか? 尼崎連続変死事件で危うく被害者になりそうだった人物はなぜ被告を信じたか?

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

砂糖をまくのが厄払い。ブルガリアで交通事故を減らすために市長が指示。

厄を落とすときや清めるときに、 まくものといえば、 日本だと塩ですよね。 ところ …

東京都シルバーパスを使って都内バス巡りをする高齢者。都営バスのみならず民間バスも乗車可能。

東京都内の70歳以上の方限定の情報になります。 東京都では、「東京都シルバーパス …

故郷から送ってきた十年熟成自家製味噌。知人がその味噌汁を飲みながら、感じた時の流れ。

知合いの故郷は長野県。 蔵がある代々続く農家です。 東京に住む知合いのもとに、 …

フードロスと「関東の一つ残し」。

食の仕事をしている方と食事をしました。 その方が、 今一番関心をもって 取り組ん …

「つくバック」って何?  高校時代の同級生は「ずっとつくば」。定年後も住み続ける予定。

2016年11月14日の朝日新聞に、 「つくバック」という言葉が出ていました。 …

食が細った高齢の知合い。悩んだ末に、お茶碗を変えたら……。

35度を超えるような暑さが続いています。 食欲が落ちて、何も口に入らない なんて …

仏壇仕舞い。ご両親が亡くなった知合い。ご実家の巨大な仏壇に悩んだ末に……。

「仏壇仕舞い」。 この言葉をお聞きになったことはありますか? 自分は先日、初めて …

新聞を読む。ニュース番組を見る。わからないこと、新しいことは図書館で調べる。

予約した本を受け取りに 近所の図書館に。 そのついでに雑誌や 新しく入った図書を …

知人のお母さんが毎日、「トットちゃん!」を見ながら行なっていること。

現在、テレビ朝日系で お昼の12時30分~12時50分に 放送中のドラマ「トット …

1年カレンダー2種類と10年カレンダーの3つを使い分ける知合い。年初にまずすることは?

2017年1月8日、親戚で新年会。 その席で、毎年、頂いている カレンダーを受け …