亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

東京都シルバーパスを使って都内バス巡りをする高齢者。都営バスのみならず民間バスも乗車可能。

      2015/08/22

東京都内の70歳以上の方限定の情報になります。

東京都では、「東京都シルバーパス」という
年間パスを出しています。

これは、上にも書きましたが、
70歳以上の東京都内に住んでいる人限定のパス。
(10月1日から翌年の9月30日まで有効)

次の場合は、費用1,000円でパスを発行。
①本人の平成27年度区市町村民税が「非課税」の方
②本人の平成26年(1月から12月まで)の合計所得金額が125万円以下の方

もう少し所得がある場合、具体的には、
本人の平成27年度区市町村民税が
課税(上記②を除く)の方は、費用20510円。

このパスで乗れるのは、都営地下鉄、日暮里・舎人ライナー、
《(1)全路線の停留所又は駅の相互間でのご利用が可能
東京都交通局
(2)東京都の区域内に存する路線の停留所相互間でのご利用が可能
東急バス
東急トランセ
京王電鉄バス
京王バス東
京王バス中央
京王バス南
京王バス小金井
関東バス
西武バス
国際興業
小田急バス
京浜急行バス
羽田京急バス
京成バス
京成タウンバス
東武バスセントラル
立川バス
シティバス立川
西東京バス
神奈川中央交通
大島旅客自動車
八丈町
三宅村
朝日自動車
日立自動車交通
新日本観光自動車
ケイエム観光》

東京都シルバーパスのご案内
http://www.tokyobus.or.jp/silver/silverpass_01.html

うちは都営線浅草線、新宿線沿線なので、
母は、このシルバーパスを外出の際によく使っています。

ご近所の元気な高齢の方は、このシルバーパスを使い、
春秋などは、毎日のように、小旅行を楽しんでいます。

都バスでショートトリップ
http://navi.tobusdeiko.jp/
《オススメコース》
http://navi.tobusdeiko.jp/course/

バスは階段の上り下りがなく楽。
細かく停車し、景色も楽しめるのが良いそう。

その人は東京生まれの東京育ちで、
ずっと東京に暮らしているけれど、
行ったことがない場所がこんなにあると
逆に驚いたそう。
また季節の変化もあり、さらに新しい名所、ビル、施設も
できるので、同じ路線でも新たな発見があり
楽しいとのこと。

テレビ番組でも路線バス、都バスの旅を
テーマにしたものがありますが、
時間が贅沢に使える定年後の楽しみとして、
都バス、そしてシルバーパスによる旅は
おもしろそうですね。

若い人、都外からいらした人には、1日500円の
《都バス一日乗車券 / 都バスIC一日乗車券》がお勧め。
http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/bus/fare/otoku_bus_oneday.html

《都バスでめぐる東京観光》
http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/bus/routes/

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

声がかすれる。声が小さくなった。声の老化を防ぐレッスン。

体の中で声は一番、年をとりにくい と言われているそう。 電話に出て、娘や息子に間 …

認知症を防ぐには新しい人にあい、話を聞くこと。講演会・無料セミナーに参加しつづける知人。

定年を数年前に迎えた知合い。 仕事は週に3日ほど。 かなり時間がとれます。 その …

「花は咲いているけれど、見る人の心のありようで、見えたり見えなかったりする」。いつも通る店の藤の花に気付かなかった自分。

先日、母と近所を歩いていたら、 母が「もう藤が咲いている」と言いました。 藤には …

「へその緒」を収めた桐箱はどこに? 「へその緒」の話で盛り上がる。母と子の絆。

あなたは自分が生まれた時刻をご存じですか? 私は知らないのですけれど、 今日、友 …

6月30日、「夏越の祓」をしましたか?  逃した方は、夏詣。《開運八社さんぽ 東京福めぐり》。

6月30日、一年の半分が今日で終わります。 以前にも書いたのですが、この日は、 …

ドクダミの花を道端に見つける。十薬、ドクダミ茶、化粧水の思い出。

先日、杉並区の取引先に向かう途中、 信号待ちをしていたとき、その先の道端に、 白 …

定年を迎えた従兄弟や知合いが最近、行っていること。共通して出てきた言葉は「ボランティア」と「恩返し」。

今朝、ご飯の時に母が、 明日、久しぶりに従兄弟夫妻がやってくる と伝えました。 …

万年筆好きは忙しい3月。知人は各地の万年筆祭りに出かける。オリジナルインク。ペンクリニック。

アナタは万年筆をお持ちですか? 毎日、使っていらっしゃいますか? 今時の子はわか …

「実は世の中ほど甘いものはない。人生は何回でもやり直しできるから頑張れ」。ラサール石井さんの恩師入江先生の言葉。

ラサール石井さんが、60歳で東大合格するため、 受験勉強をされているのだそう。 …

「ありがとう」がない社会・民族。それはアマゾンのマチゲンガ族。

人類がアフリカからアメリカ大陸まで広がった 道を逆向きに旅する「グレートジャーニ …