亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

参議院議員の三原じゅん子さんが段差で転ぶ。緑内障、目のトラブルが隠れている場合も。転倒予防する。

   

元女優で、参院議員の三原じゅん子さん51歳が、
2016年1月4日、段差で転んだそう。

ご自身のブログで、《こけた!》とのタイトルで、
段差で転んだ顛末を書かれています。
http://ameblo.jp/juncomihara/entry-12113814014.html

三原さんは、
「最近は老眼鏡が無いと生活出来ない程、、、見にくい。
そんな事もあって、眼鏡をかけたり外したり。
そのせいか、
ちょっとした段差が分かりにくいと思っていたら、やっぱり
、、、こけた!》と。

51歳という年齢、そして老眼ということにも驚きました。

少し前、眼精疲労で目医者を訪れた時、
先生から、目の老化とそれに対処する方法を
説明され、パンフレットをもらいました。

早い人では40代初めころからいわゆる老眼になり、
ピント調節機能が悪くなります。

それまで視力の良かった人ほど、
早く不調に気づくようです。
そして眼鏡、コンタクトレンズなどでの
矯正が遅れると、三原さんのように、
段差につまづいたり、
どこかにぶつかったりなどすることが多くなるそう。

さらに老眼だけでなく、段差でのつまづきは、
ほかの目の老化、病気である緑内障の症状で
ある恐れがあるとのこと。

《柴田眼科》《早期発見で怖くない緑内障》
緑内障の簡易診断ムービー、
チェックシートがあります。
http://www.shibata-ganka.or.jp/cgi-bin/shibata-ganka/siteup.cgi?category=1&page=1

緑内障は自覚症状がなく、気付きにくい病気。

目医者さんからは、1年に一回は、眼科で
緑内障、白内障、眼圧などの検査を受ける
と良いと言われました。

段差につまづいて転ぶ場合、
自分の体でチェックすべきは、
〇目 視力の低下、視野の欠損
〇筋肉 筋力が低下し、足が以前ほどあがらない
〇関節 足首、股関節などが柔軟性に欠けるようになり、
曲がりにくくなり、また衝撃を吸収できなくなる。
〇薬 飲んでいる薬によってはふらつきが起こったり、
バランスを崩しやすいもの、ぼっとしやすいものがあるので注意

転倒予防
〇履物…サイズがあっていないもの、
脱げ易いもの、滑りやすいものには注意
ひも、ベルトはちゃんとしまっているか。
ファスナー、マジックテープの靴の利用
〇家の中などの床のデコボコ、段差をなくす、
わかるようにする
〇夜間など足元を明るくする。ライト。
〇床にモノを置かない
荷物、電気コード類、カーペット、
マット、敷物の切れ端のめくれなどに注意。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「十人の敵は一人一人やっつけなさい」「問題は縦に並べなさい」「マルチタスクではなくシングルタスクを実践」。

年末の忙しい時期、 今年中に片づけなければならないことが山積み。 同時に複数のこ …

出張ついでの休暇「ブリージャー」。母に話したら、「私たち、そんなの昔からやってたわ」。

先日、朝日新聞で、「プリージャー」という言葉に 関する記事が出ていました。 《出 …

軽量折りたたみ傘を爆買い。なぜそんなに外国人観光客に人気? 自由が丘に傘専門店「クールマジックシューズ」。

家と会社の近所は、今、海外からの観光客が、 驚くほどたくさん訪れています。 数年 …

おサイフケータイが新ポイントをもらえるサービスを開始。「ラッキータッチ」。

サザエさんではないですけれど、 ここ最近、お財布を外に出る時、 持って行くのを忘 …

若者と年配の2人組。若者が「生きている実感がしないんです」と相談。年配の人はどう答えたか。

先日、某所で、今年大学に 入ったばかりの若者(男性)が、 年配の男性に人生相談し …

ガン患者が訪れるという福島県三春町の温泉。1ヶ月単位で長期湯治をしている知人。

友達がガンの宣告を受けたのは、 1年以上前。 通常の病院での治療を受けたのはもち …

定年を迎えた従兄弟や知合いが最近、行っていること。共通して出てきた言葉は「ボランティア」と「恩返し」。

今朝、ご飯の時に母が、 明日、久しぶりに従兄弟夫妻がやってくる と伝えました。 …

砂糖をまくのが厄払い。ブルガリアで交通事故を減らすために市長が指示。

厄を落とすときや清めるときに、 まくものといえば、 日本だと塩ですよね。 ところ …

終活カフェ「ブルーオーシャンカフェ」が東京都江東区に。

終活。 自分の人生の最期をどのようにするのか。 そのための活動。 すっかり一般的 …

自動車免許を返納した叔母。脚代わりのシニアカーの最新軽量モデルを知る。

東京の中心に住んでいる叔母。 買物できる場所は徒歩圏内。 また電車、バスの便が良 …