亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「死ぬときくらい好きにさせてよ」。樹木希林さんを使った宝島社の広告。「メメントモリ」。

   

1月5日、読売新聞の朝刊のページを
めくっていると美しいカラーの
見開き広告が現れました。

驚きました。

イギリスの画家ジョン・エヴァレット・ミレイの
名画「オフィーリア」の実写版かと思われる写真が
大きく掲載されていたからです。

img_01(画像は以下の宝島社のサイトより)

森の中の小川に浮かんでいた女性は女優の樹木希林さん。
(ほかに朝日新聞、毎日新聞にも掲載されていました)

右側のページの上の方にキャッチコピーが。

「死ぬときぐらい好きにさせてよ」。

その下には小さく以下のような文章が続いています。

《人は必ず死ぬというのに。
長生きを叶える技術ばかりが進歩して
なんとまあ死ににくい時代になったことでしょう。
死を疎むことなく、死を焦ることもなく。
ひとつひとつの欲を手放して、
身じまいをしていきたいと思うのです。
人は死ねば宇宙の塵芥。せめて美しく輝く塵になりたい。
それが、私の最後の欲なのです。》

過激な、物議を醸す広告を定期的に
出している出版社の宝島社のそれです。
《2016》
http://tkj.jp/company/ad/2016/

樹木希林さんは、全身をがんに冒されていると
公表されており、「いつ死んでも悔いはない」
「死は特別なものではない」など
と独自の死生観をインタビューなどで
お答えになっています。

今回の広告は、まさにそうした樹木さんの死生観に
沿ったものになっているようです。

宝島社のサイトには、
《広告意図》が記されています。

《日本の平均寿命は年々更新され、今や世界一。
いかに長く生きるかばかりに注目し、
いかに死ぬかという視点が抜け落ちているように思います。
いかに死ぬかは、いかに生きるかと同じであり、
それゆえ、個人の考え方、死生観がもっと尊重されてもいいのではないか、
という視点から、問いかけています。》

続いて、樹木さんの言葉が記されています。

《「死というのは悪いことではない。それは当たり前にやってくるもので、
自分が生きたいように死んでいきたい。最後は、もろとも宇宙の塵になりて。
そんな気持ちでいるんです。」》

死を考えることは、どう生きるかを考えることでもある、
多くの人がそうしたことを考えるきっかけにというのが、
この広告の意図なんですね。

この広告を読んだ時、
「メメント・モリ」(memento mori)」
という言葉を思い出しました。

これは、「死を忘れるな」。
すなわち、今、生きているが、
人はいつかは必ず死ぬ存在である。
そのことを忘れるなという警句です。

「よく死ぬことはよく生きること」
そんなフレーズも思い出しました。

この広告がビジュアル面でモチーフにした
絵画「オフィーリア」は、有名な
シェークスピアの悲劇「ハムレット」の
登場人物の一人であるオフィーリアが
精神的に追い詰められ溺死する場面を描いたものです。
(第4幕7章の一場面)

死を描いた場面なので当たり前かもしれませんが、
この絵画は、まさに「メメントモリ」を
具象化しているといえそうです。

「メメントモリ」を表現する絵画では、
そのものずばり、骸骨が描かれるものがありますが、
草花もよく使われました。

この絵画の中に登場している草花にも、
死を含む象徴的な意味が含まれています。

《ヤナギは見捨てられた愛、イラクサは苦悩、ヒナギクは無垢、
パンジーは愛の虚しさ、首飾りのスミレは誠実・純潔・夭折、
ケシの花は死を意味している》

《 オフィーリア (Ophelia) 1851-52年》
http://www.salvastyle.com/menu_pre_raphael/millais_ophelia.html

Sir_John_Everett_Millais_003-150x150

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A8%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%AC%E3%83%BC

1月5日、まだ松の内に出された
死を考えて欲しいとの宝島社の広告。

一休宗純師の作とされる、
「正月は(元日や)冥途の旅の一里塚
めでたくもありめでたくもなし」。

正月から死を考えることは、
充実したよい1年を送るために
必要なことと言えそうです。

 - 未分類

Comment

  1. nikitoki より:

    この広告を契機にした樹木希林さんへのインタビューが掲載されています。《死にゆく姿、みっともなくても見せる 宝島社の広告で話題、樹木希林さんの死生観 毎日新聞2016年2月3日 東京夕刊》
    http://mainichi.jp/articles/20160203/dde/012/040/011000c

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「干」と「千」。間違いやすいですね。東京メトロ、「北干住駅」と1ヶ月近く間違ったパネルを表示。

海外に行って、ホテル、日本料理のお店などにいくと、 その説明書き、メニューなどに …

がんがくれた贈り物=キャンサーギフト。柔らかな日の差す両国橋を渡った先で、自転車に遭遇。亡くなった友を思い出す。

自分の身の回りに、がんになった人、 たくさんいます。 自分より年下なのに、亡くな …

2020東京五輪エンブレム。著作権侵害問題。新国立競技場にならい白紙撤回? ベルギーの劇場は使用差し止めを求める。

2020年の東京五輪のエンブレムと、 2013年に公表されたベルギーの リエージ …

明治天皇の玄孫(やしゃご)竹田恒泰さん、結婚。来孫(らいそん)、昆孫、仍孫、雲孫。

明治天皇の玄孫(やしゃご)の 竹田恒泰さんが、2015年4月19日、 一般女性と …

地蔵盆の思い出。大阪の祖母宅で過ごした夏休み。

「地蔵盆」。 ご存じでしょうか? 関西方面、北陸、長野の方は当たり前。 他の地方 …

12月1日「乙子の朔日」。月に一度、朔日(ついたち)を「自分のための日」に。1日、15日に赤ご飯(小豆ご飯、小豆がゆ)の風習。

12月1日。 月の第一日は朔日(さくじつ、ついたち)。 以前、別のところに書いた …

週刊新潮が、週刊文春は不正に入手した中吊り広告で「スクープ潰し」との記事。スクープとは? 独占スクープ、単独スクープ。

週刊新潮が、2017年5月18日発売の号で、 ライバル誌である週刊文春が、新潮の …

肝腎=最も大事なところ。腎臓を温めると病知らず。カイロを貼ると目が楽。眼精疲労に効果あり。

温活をしています。 食べ物、サプリメント、運動、 様々なグッズを使って、 体が冷 …

「借金ができる甲斐性」。亡くなった祖母が語っていた言葉。

昨日、このブログで女優の藤山直美さんの お父さんである、 藤山寛美さんのことを書 …

夏バテとは無縁? 飲む点滴甘酒を使ったアイスを手作りする知人。

ヨーグルト製造機を使って ヨーグルトのみならず、甘酒など 発酵食品を自宅で手作り …