取引先の人から打ち合わせの後、驚くべき告白。定年前の海外移住。

スポンサーリンク
未分類

取引先で打ち合わせ。
1時間くらいで終わり雑談。

取引先の人は、9月に入ってから、
2週間ほど夏休みをとるそう。

ある国の一般家庭へホームステイ。
午前中は語学学校。
午後は観光や町巡りをする予定とのこと。

一カ所に滞在して過ごすのは、
最近の海外旅行のブームの1つ。

そんなことを相手に告げたら、
今回の旅行は将来の下見を兼ねているんだそう。

そう近い将来、そこの国に夫婦して移住を
考えていて、今回は実際すんでみたらどうなのか、
それを確かめにいくとのこと。

思っても見なかったのでとても驚きました。

ただ現在、取引先の人は、子育ての最中。
そのお子さんが社会人になったら、
移住を実行に移すと。

その時期は意外に早く、定年前になるだろうとも。

数年前から、日本の語学学校に通い、語学を準備。
夏休みなどに、これまでも奥さんと一緒にその国を訪れ、
各地を回って、いたんだそう。

いやー、その国が好きだとか、そこに旅行に行ったとか、
その国の言葉を勉強しているのは知っていましたが、
それが移住のための準備だったとは。

兄夫婦も以前、海外赴任したマレーシアに
定年後、移住して暮らしたいと言っていました。
実は定年を迎えたのですが、まだ実行していません。

先に移住した先輩方の話によれば、
短い旅行ではなく、最低1週間は
移住したい場所で暮らすこと。

また健康、医療事情に関しては、
しっかり情報収集し、準備しておくこと
とアドバイスを受けたそう。

また経済的な面も予備、臨時の出費なども含め、
厳しく見積もっておくことも大事とのこと。

若い時とは違って、年をとってからの
海外移住は、国内の親、実家、墓の問題なども含め、
整理し、事前にしっかり準備しないといけないことが
多いようです。

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント