アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。free kick~。

スポンサーリンク
アルファフェイバリット英和辞典第2版

アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。

free kick フリーキック
自分が小さい時にはサッカーは
余り盛んでなかったのだが、小学校の
校庭を使って町のサッカークラブが
練習をしていた。自分ははいっていなかった
のだが、練習に参加させてもらったことがある。
その練習の中にフリーキックがあった。
自分は気軽な立場なので、気ままにけり、
面白いように決まった。才能があるのかと
勘違いするほど。一方でそのチームでエース、
得点王とされる選手がフリーキックを外したりする。
今から考えると、テクニック、経験があるだけに
いろいろと考えすぎ、また自分はエースなので
決めなくてはいけないというプレッシャーがかかり、
たかが練習でも失敗してしまったのだろうと思う。
だが当時、そんなことは思わず、「エースって言っても
たいしたことないな」と思ってしまった。後年、
ワールドカップやセリエAの試合でフリーキックを見る
機会も多いが、その時、選手以上に緊張してしまって、
まともに見られなくなった。

freelance フリーランサー
自由契約で仕事をする記者・作家・俳優など。
《日英比較ーフリーの仕事ー》。
日本語で「フリーアナウンサー」「フリーで仕事をする」
などというときの「フリー」はfreeではなくfreelanceを
使う。freelanceはもともと「中世の傭兵」「自由騎士」
の意味。lanceは 中世の槍騎兵が使っていた長槍(ながやり)
を指す。

Amazonサーチ
アルファフェイバリット英和辞典第2版
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント