亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

年を聞いて驚いたイタリア人の知人。今日で78歳。見た目は60代前半。その秘密は?

   

久しぶりにイタリア人の友人家族と食事。

夕方にそのイタリア人家族のお宅に伺い、
アペリティーボ(食前酒と軽い食事)。

その後、近所のレストランへ。

イタリアから来日したお母さんと
娘さん夫妻と孫たち一家です。

そのお母さんがまもなく誕生日で、
78歳になると聞いて驚きました。

確かにもうずいぶん前に、イタリアのお役所を
定年となり、悠々自適の年金生活をしていたのは、
当然ながら知ってはいたのですが、その頃と、
見た目また話す内容、スピードが全然変わらないのです。

そう60代前半と言っても納得の若さです。

以前、会った時にもその秘密を聞いたことがあります。

いくつか紹介するとその一つが運動。
ほぼ毎日、故郷を「歩く」のだそう。
その町の中心部の多くは、道の上にひさし・軒が
ついていて、雨でも濡れずに歩けるんですね。

それはともかく、歩いて、体を動かすこと。

一番、気をつけているのは食事、口に入れるもの。

何でも偏りなく食べること。

特に気にしてとっているのは、
野菜類(生、ゆで野菜)、タンパク質(肉・魚)、
ナッツ・種子類、オリーブオイル(毎朝、
エクストラバージンのフレッシュなものを小さな
スプーン1杯飲む)。

気になるのが、炭水化物、アルコール
そしてカフェイン。

炭水化物=パスタは、脳に良いとのことで、
極端に取らない糖質制限は行っていないそう。

お酒は赤ワイン。
白ワインより赤ワインのほうが
プリフェノールが豊富で体も温まるので、
ほとんど飲むのは赤ワイン。
(1日に1杯以上)

イタリア人の知合いの中にはカフェインを
とらない人もいるのですが、彼女は、
1日に3杯(エスプレッソ)を毎日とっていると
言っていました。

話を聞くと、新しい食や栄養のトレンドというか、
情報をこまめに仕入れていて、それを柔軟に
取り入れていると感じました。

そうした姿勢も大事な要素ですね。

こうした、年齢を感じさせない
年上の人が身近にいると、自分も
真似をして頑張ろうという気持ちになりますね。
〇ずっと煙草は吸わず

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

母が捨てずに残しておいたチラシは、血赤珊瑚買い取りのものだった。帯留め、ネックレス。

ここ何年か、家にチラシや電話で、 金を初めとする貴金属買い取りの 依頼がたくさん …

花、穀物、樹木の肥料の話。いつどこでどのくらい。やり過ぎは枯らすもと。人の成長と共通の教訓。

亡くなった大阪の祖母は、 花を育てるのが好きでした。 実家は農家ではなかったので …

某女優さんが、生産している超高級イチゴ。生産拡大のために投資を募っていますとの勧誘電話。

2015年は下二桁が「15」で「イチゴ」と読めるとして、 なんだか「イチゴ」に関 …

年を取ってあきらめることもある。しかし今、楽しめることを見つければよい。高齢の二人に教わったこと。

この数日、年配の方に続けてお会いしました。 色々話したなかで、一つ共通していたこ …

「勝って騒がれる力士より、負けて騒がれる力士になれよ」。横綱双葉山の70連勝を阻んだ安藝ノ海に師匠がかけた言葉。

リオデジャネイロ五輪では、 熱戦が続いています。 日本人選手。 実力を発揮した人 …

春告魚(はるつげうお)。東京湾のエビメバル。相模湾のイワシメバル。ニシン、サワラ、イカナゴ。クギ煮の思い出。

2016年2月9日、日刊スポーツに、 春告魚=メバルの釣りの記事が出ていました。 …

読売新聞の連載「名言巡礼」。小説、映画などの名言の舞台となった土地を訪ね、言葉が生まれた物語・背景を伝える。

「旅には本を」。 この言葉を教えてくれたのは、 大学の同級生だったと思います。 …

1年カレンダー2種類と10年カレンダーの3つを使い分ける知合い。年初にまずすることは?

2017年1月8日、親戚で新年会。 その席で、毎年、頂いている カレンダーを受け …

声がかすれる。声が小さくなった。声の老化を防ぐレッスン。

体の中で声は一番、年をとりにくい と言われているそう。 電話に出て、娘や息子に間 …

アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。skate~。

アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。 skate (複数形で)スケート靴 …