亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

山本周五郎没後50年。2月14日は命日。「苦しみつつ、なおはたらけ、安住を求めるな、この世は巡礼である」。

   

歴史小説家・山本周五郎。

今なお多くのファンを持つ、
作家の一人です。

2017年2月14日、没後50年の命日です。

読売新聞朝刊のコラム「編集手帳」が、
山本周五郎の人となり、座右の銘について
書いています。

冒頭から紹介されるのは、代表作「樅ノ木は残った」を
新聞連載中に読者からもらった手紙のエピソード。

差出人は、貧乏な学生。
このため新聞を定期購読できないため、
新聞社の支局前に毎朝張り出される紙面で
立ち読みしているとの内容でした。

周五郎は、
「恵まれた境遇にいる読者も大切だけれど、
僕には彼のような読者のほうが、もっと大事に思えるんだ」。

そう文藝評論家の木村久邇典氏に語ったとのこと。

直木賞をはじめとするあらゆる文学賞を
固持した周五郎の、
「魚が売れたからって魚屋が、ほかの魚屋を
集めてお祝いしますか?」との言葉。

最後は、氏の終生変わらぬ座右の銘でもあった
「青べか物語」の主人公がつぶやく
劇作家ストリンドベリの一節を紹介しています。

「苦しみつつ、なおはたらけ、
安住を求めるな、この世は巡礼である」。

山本周五郎は、スウェーデンの
作家ストリンドベリーの箴言集「青巻」の
中のこの言葉を自分に言い聞かせながら、
「青べか物語」を書き綴っていたのでした。

今ではすっかり物語の時の風景とは
変わってしまった浦安。

訪れて、「青べか物語」を読み返したくなりました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

初詣のおみくじで「いろいろな所に出かけよ」との内容のお告げを信じ、歩き回った知人は……。

初詣でおみくじをひいたら、 「いろいろな所に出かけよ」といった趣旨の お告げが書 …

体育の日を前に。知合いの高齢者は日常の中で運動。自分よりよほど……。

明日は体育の日。 ニュースで、文部科学省、スポーツ庁が 発表した調査について放送 …

3月3日は草餅の節句。

3月3日は、ひな祭り。 桃の節供ですね。 そして草餅の節句でもあるのを ご存じで …

FNS27時間テレビのテーマ「NO FUN NO TV DO HONKY」。これはまずい。差別用語を堂々と……。

FNS27時間テレビ、終了したようです。 http://www.fujitv.c …

あなたはまだ捨てています? リンゴの皮、野菜の皮、へた。上手な活用方法。

先日、知合いの男性と雑談。 その時に、毎朝、健康のために、 リンゴを食べ、お昼に …

浅丘ルリ子さんの「私の履歴書」。2回目。バンコクから終戦後、引き揚げ船。一家全員、降ろされ…。運命。

女優の浅丘ルリ子さんが、 日本経済新聞に「私の履歴書」を、 2015年7月連載中 …

没イチとは? 男一人でも生き生きになるか? 多くの人との付き合いが生きる活力に。

「没イチ」という言葉、お聞きになったことはありますか? 2016年3月22日、日 …

ホームステージングで自宅を高く売却。見た目が大事。「地では家(屋敷)。旅では衣装」。

2015年8月29日の読売新聞朝刊に、 「ホームステージング」についての 記事が …

問題「仏教を広めるにはどうすればいいか?」。「歩荷(ぼっか)」について書いたのは、欽ちゃん。

萩本欽一さんが、今年の春、 駒澤大学仏教学部に入学したのは、 みなさん、ご存じだ …

「目習い」「目養い」。ものを習得し、極めるには、「手習い、目習い、耳習い」。

2015年11月16日の朝日新聞朝刊。 《Re ライフ》で、書道が特集されていま …