亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

山本周五郎没後50年。2月14日は命日。「苦しみつつ、なおはたらけ、安住を求めるな、この世は巡礼である」。

   

歴史小説家・山本周五郎。

今なお多くのファンを持つ、
作家の一人です。

2017年2月14日、没後50年の命日です。

読売新聞朝刊のコラム「編集手帳」が、
山本周五郎の人となり、座右の銘について
書いています。

冒頭から紹介されるのは、代表作「樅ノ木は残った」を
新聞連載中に読者からもらった手紙のエピソード。

差出人は、貧乏な学生。
このため新聞を定期購読できないため、
新聞社の支局前に毎朝張り出される紙面で
立ち読みしているとの内容でした。

周五郎は、
「恵まれた境遇にいる読者も大切だけれど、
僕には彼のような読者のほうが、もっと大事に思えるんだ」。

そう文藝評論家の木村久邇典氏に語ったとのこと。

直木賞をはじめとするあらゆる文学賞を
固持した周五郎の、
「魚が売れたからって魚屋が、ほかの魚屋を
集めてお祝いしますか?」との言葉。

最後は、氏の終生変わらぬ座右の銘でもあった
「青べか物語」の主人公がつぶやく
劇作家ストリンドベリの一節を紹介しています。

「苦しみつつ、なおはたらけ、
安住を求めるな、この世は巡礼である」。

山本周五郎は、スウェーデンの
作家ストリンドベリーの箴言集「青巻」の
中のこの言葉を自分に言い聞かせながら、
「青べか物語」を書き綴っていたのでした。

今ではすっかり物語の時の風景とは
変わってしまった浦安。

訪れて、「青べか物語」を読み返したくなりました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「食材の在庫が多い店の料理はまずい」。考えさせられた言葉。

先日、料理人の方々と食事。 いろいろと興味深い話を伺ったのですが、 その中で、一 …

渡せなかった修学旅行のお土産。高知県の銘菓「松魚(かつを)つぶ」。

日曜日に放映されていた TBSの世界遺産では、日光東照宮を 取り上げていました。 …

修理して使い続ける。プロフェッショナルで時計修理の名人松浦さんが紹介される。

NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」で、 2015年6月7日、 《時計に命 …

蓮舫議員、今も日本と台湾の二重国籍? 台湾籍を抜き忘れ? 満18歳で除籍したと答えていたが、台湾では20歳未満は除籍できず。

現在、行われている民進党の 代表選挙に立候補している蓮舫民進党代表代行。 今日2 …

読書に目ざめた知人からさらなる情報。LED付きリーディンググラスでどこでも快適読書。

先日、LED付きルーペから、読書灯を交換し、 再び、読書にはまったという知人につ …

日本一の鰻屋さんはどこにある? 大昔、自分も行っていたが……。あてにならない記憶。

昨日、鎌倉のお店で友達と食事をしました。 イタリアンを食べながら、 最近食べた美 …

アメリカ東部の長距離自然歩道アパラチアン・トレイルを歩く二人。映画「ロング・トレイル!」、2016年7月30日から公開。

いつかはと描いている夢の一つが、 長距離の自然歩道トレイルを歩き通すこと。 その …

没イチとは? 男一人でも生き生きになるか? 多くの人との付き合いが生きる活力に。

「没イチ」という言葉、お聞きになったことはありますか? 2016年3月22日、日 …

8月3日はハチミツの日。お店でハチミツの効能を教わる。ハチミツは万能薬。

今日8月3日は、 語呂合わせから、ハチミツの日のようです。 今日、ドラッグストア …

長友選手の影響で「アモーレ」が流行語に? イタリア語の愛情表現、愛する人への呼びかけ。

サッカー日本代表チーム、 2016年6月3日のキリン杯の ブルガリア戦は、7-2 …