亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

体が香りに染まるほど、食べていた松茸の思い出を語ってくれた祖母。

   

先日、百貨店の食品売り場に行ったら、
国産松茸が木箱の中に納められ
売られていました。

一番高かったのは、
見間違いでなければ、8万円でした。

国産松茸をおなかいっぱいになるほど
食べたのは、数年前、長野の産地
でだったかもしれません。

自分が小学生の時だったか、
秋のこの時期、祖母のところを訪れました。

料理の一つが松茸のお吸い物。
薄く切った松茸が2つと、
魚のすり身が入った汁物です。

それを食べ終えた後、松茸の話に。

祖母は小さい時、体から
松茸のにおいが発するほど、
食べていたそう。

それはなぜか?

そもそも松茸は今のようにそんなに
高くなかった。
なので、安くてふんだんに食べられた。

そして、秋の季節に、何度か、
持ち山の松茸狩りに行って、
松茸を手に入れていたから。

祖母の実家、故郷は四国の海沿いの街。
海から10キロ弱、内陸に行ったところに、
薪、炭をとる松や木などが生えている
山を持っていたのだそう。

そこに秋になると、松茸やキノコを採りに
行っていたと言います。

家族や親戚、また近所の人たちと
連れだって、天気のよい秋の日に、
松茸、キノコを採りに行く。

子供でも簡単に見つかるくらい、
あちこちで松茸が生えていたそう。
というか、松茸が生えている場所は、
決まっていて、そこにいけば、苦労せずに
松茸を収穫することができたといいます。

とった後、山で枯葉、
枝を使ってたき火をして、
マツタケを焼く。

焼けたら、皿にとり、縦に裂いて、
少し醤油をかけてかぶりつく。

それが祖母にとって、
一番美味しい松茸の
食べ方だそう。

家に持ち帰り、数日は、焼いたり、
土瓶蒸しにしたり、炊き込みご飯にしたり。

それでも余るので、松茸の佃煮を
作ったりもしたそう。

今から考えるとすごい贅沢ですが、
それが当たり前だったんですね。

それから時代は下り、燃料事情が変わり、
薪炭を取らなくなってから、次第に山から
足が遠のき、手入れもしなくなったため、
春の筍、野草、秋の松茸などのキノコ類が
めっきりとれなくなってしまいました。

そうしたものは、人の手が入らないと、
出来なくなってしまうものなんだそう。

聞いた当時に、その山はどうなったのか、
気になって聞いたのですが、その時点より
ずいぶん前に、手放したそう。

それを知って心底、残念に思ったことでした。

上に書いた通り、松茸に食卓で出合うことは
少なくなりましたが、八百屋やスーパーなどで
目にすると、少女時代、松茸狩りに出かけた
思い出を嬉しそうに話してくれた祖母の笑顔を
思い出します。

本当なら、待つ阿竹の香りとともに
思い出したいのですけれどね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「一日一笑」を実践するために。4コママンガ、落語、漫才のCD、テレビ番組。YouTube……。知合いの努力に脱帽。

知合いの人が毎日行っている 面白い取り組みを知りました。 それは「一日一笑」の実 …

漢字検定に挑戦を決めた知合い。毎日、書き取り問題を出してくれるサイト。

新年に今年の誓い・目標を立てた方、 多いと思います。 続いていらっしゃいますか? …

長江と揚子江。大型客船「東方之星」の転覆事故で違いを思い出す。

中国湖北省荊州市の長江で、 乗員乗客456人を乗せた大型客船「東方之星」が転覆し …

かかりつけの医師が母に食べることを勧めた食品。それは鮭フレーク。

長年、病気とは無縁だった母。 すこし体調を崩し、食欲が落ち、 やせてしまいました …

家にカニ詐欺の電話がかかってきた。対応した母は……。

2015年7月23日、朝刊に、 カニ詐欺(カニの送りつけ商法)の記事が出ていまし …

民進党の英語表記の頭文字DIPはアメリカの俗語で「間抜け」。ポカリスエット、ウォークマン。結局、DPに。

民主党と維新の党が結成する合流新党「民進党」。 台湾にもまさに同じ名前の政党があ …

毎年、新しいことに挑戦する知人。2017年はビデオ年賀状。

知人は、毎年、クリスマスカード、年賀状で 新しい工夫をしたものを作成し、送ってい …

芦田愛菜さんの座右の銘は山中伸弥さんと同じ「人間万事塞翁が馬(じんかんばんじさいおうがうま)」。思い出したのは「人間到る処青山あり」。

先日、TBSで放送された 「1番だけが知っている」というテレビ番組。 http: …

最良のアンチエイジング、美容の薬は、「恋愛」。ときめく心を持つ。

知合いが名医と評判の皮膚科に行ったところ、 保険がきいて200円くらいの薬(化粧 …

「大人に刺さる園児の名言」「見てる、知ってる、考えてる」。その年でないと出来ない表現。

先日、新聞の書籍広告に が出ていました。 タイトル通り、子どもが語った 大人が感 …