亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

知合いが始めた定期契約・支出の見直し、カット。リスト化しておくと、万が一の際、遺族が助かる。

   

あなたは定期的
(毎日、週間、月間、季間、年間など)な契約を
どのくらいされていますか?

電気、水道、ガスなどはもちろん、最近では、
携帯電話、デジタル関係の契約が加わっている方が
ほとんどだと思います。

その他には?

新聞・雑誌、お米、野菜、食品類、
健康食品・サプリメントなどの
定期購読をされている方もいらしゃるかも。

意外に定期的に支払って
いるものって多いですね。

知合いは、最近、この定期的な支出の
洗い出し、見直しを始めたそう。

以前から携帯電話などの契約に関しては、
定期的に見直していたものの、
他の分野の定期契約については無頓着だったそう。

けれど、その方の知合いが亡くなり、
遺族が様々な定期契約を止めるのに苦労した
と聞いて、まずそうした契約をすべて
ピックアップしリストにしておこうと決めたといいます。

その上で、見直しを行い、不要なものは止める。
またプランを変更するなどすると。

実際、そうして見直して見ると、
知らなかったというか、忘れてしまった契約が
いくつかあり、また今では不要だったり、
もっと安くて良い契約・サービスが
あるものもいくつも見つかったそう。

そうした中で多かったのは、携帯電話(スマートフォン)、
インターネット関係(プロバイダー、パソコン類の保守契約)
などのデジタル系の定期的な支出。

デジタル系ではありませんが、
ご本人ではなく、すでに亡くなったその方の父親が
入っていた会の年会費なんていうのもあったそう。

年に一度、小額で、銀行引き落とし
という形だったので、見過ごしていたのでした。

その方が行った見直す方法、コツは以下の通り。

まず銀行や郵便局の口座などの
通帳の明細をすべて印字。
定期的に支出されているものを見つける。

銀行引き落としではなく、クレジット払いに
なっているものもあるので、
クレジットカードの明細も調べる。

なお会費がかかるクレジットカードを
持っている場合は、クレジットカード自体を
見直すことも必要とのこと。

さらに請求書払いのものは、
請求書が来た都度、見直す。

そうした請求書で現金で支払いうものに
関しては、特に自分以外の家族が
わかるように、記録しておく。

また基本的に新たな定期契約はしない。
これまでの定期契約は、安くなる場合に限って、
変更を行い、高くなる変更は行わない
といった基本方針を決めで臨んだとも。

この知人のアドバイスに従って、
全部ではありませんが、いくつかの分野で
定期支出を見直しました。

2つほど不要な契約を終わらせました。
そのおかげで月に2000円余りが浮きました。

これからも、定期支出のリストアップと、
見直しを続けたいと思います。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

家族につきあって1日6グラムの減塩生活をやってみた。

家族が腎臓の調子が悪くなったので、 医者に減塩を勧められました。 目標は1日6グ …

自動車免許を返納した叔母。脚代わりのシニアカーの最新軽量モデルを知る。

東京の中心に住んでいる叔母。 買物できる場所は徒歩圏内。 また電車、バスの便が良 …

50年以上取り続けた宅配牛乳をやめるにあたって、母が配達店に書いた手紙。

50年以上、ずっと取り続けていた 宅配牛乳を今日で終わりにしました。 とることを …

「もしもピアノが弾けたなら」。ある曲を死ぬまでに弾けるようになりたいという知合い。最新の電子ピアノで実現。

昔、西田敏行さんが歌ってヒットした 「もしもピアノが弾けたなら」 という曲があり …

知合いから電話がかかってきた。用件は「日銀、マイナス金利導入を決定」。

知合いから、仕事場に2016年1月29日午前中、 電話がかかってきました。 「大 …

「つま恋」、2016年12月25日で営業終了。先輩が何度も語ってくれた生涯の宝となる一夜の出来事。

あの伝説的な吉田拓郎さんとかぐや姫の 野外コンサートが開かれた「つま恋」が、 今 …

40代以上の20人に1人当たる宝くじ。アナタは買いますか? 9割が気付かないうちに……。 

今から数年前のこと。 確か自分が収入に不相応な高価な眼鏡を 買ったばかりのころで …

週刊SPA!の特集記事、《「40男が[秘めた夢]に挑戦》。バク宙、わずか40分で出来た……。

小学生の頃、運動神経が抜群に良くて、 宙返り、バク転(バク宙)、さらには鉄棒の大 …

5年ぶり公開のトリノの「聖骸布」、予約すでに100万人を超える。

トリノの聖ヨハネ大聖堂の「聖骸布」。 5年ぶりの公開が、 2015年4月19日か …

美術家・篠田桃紅さん。「103歳になってわかったこと」。

篠田桃紅さん。 ご存じでしょうか? 墨書のほか、金箔、朱泥を使った書や、 壁画・ …