亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

冬でも水分補給を。忘年会、新年会などお酒を飲む場合はなおさら。

   

冬は夏に比べて、水分をとる量が少ないですね。

けれど母や自分の、かかりつけのお医者さんによれば、
冬こそ水分補給をしっかり行って下さい
とのこと。

どういうことなんでしょうか?

冬は確かに汗をかく量が夏に比べ少ないが、
汗はかいている。
また汗をかいても、乾燥した状態では、
すぐに蒸発するため、汗をかいている
ということを感じにくい。

そのため飲む水分も少なくなっているので、
結果として、水分不足になりがち。

また高齢者は若い人に比べ、(夏も同様だが)
渇きを感じにくいため、水分不足になりがち。

運動、入浴、また就寝時には汗をかなりかき、
体内の水分は大きく不足している。
運動の後、入浴の後、起床時など、後から飲む
ことは大事だが、事前にこれからかく分をとることが重要。

いっぺんに水分は吸収できないので、
少量を何度もとるとよい。

緑茶、コーヒーなどは確かに水分が含まれているが、
利尿作用のあるカフェインも含まれており、
飲むことによってかえって脱水になることがある。

冷たい水はのみにくいので、ぬるま湯か、
カフェインが少ないほうじ茶などをとるとよい。

冬というか、年末年始はお酒を飲む機会が増えるが、
お酒を飲むと、アルコール分解のため脱水症状が起こる。
お酒を飲む場合は、事前および事後に、できるだけ、
水分を補給しておく。

OS-1などハイポトニック飲料(経口補水液)と呼ばれる、
浸透性のよい飲料もよい。

忘年会、パーティーなどお酒を飲む場合に、
この経口補水液をとっておくと、悪酔いしにくく、
翌日、起きた時ものどの渇きを余り感じなくなりました。

カロリーはありますが、お勧めします。

《飲んだ後の二日酔いと水分補給の重要性》
http://www.ajinomoto.co.jp/nutricare/public/insyu/

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

最近、来たお嫁さんだけが気づいた家の水の異常。慣れは怖い。

あなたは毎日、どんな水を飲んだり、 料理に使ったりしていますか? 水道水をそのま …

はざ掛け米。じっくり自然乾燥させ、甘みを出す。最期の一手間。

脳を鍛える漢字ドリル。 その見本を眺めていたら、 次のような問題が出てきました。 …

成田空港新ターミナル。格安航空専用の第3ターミナルは遠い! 着いてからの時間に注意。

2015年4月8日、成田空港に格安航空専用の 第3ターミナルがオープンしました。 …

おばあちゃんになった同級生。孫疲れに悩む。ランドセル、お盆玉。

何年か前、小学校の同級生が おばあちゃんになりました。 それを聞いた時、 そんな …

川島なお美さん、黒木奈々さん、そして北斗晶さん。自分の周囲にもがんにかかった人多数。がん検診を予約しました。

川島なお美さんは、胆管がんで、 フリーアナウンサーの黒木奈々さんは 胃がんでお亡 …

97歳の現役医師。身体の整え方。太陽の光を一日15分浴びる。実用的な34の秘密。

高齢の現役の医師として有名なのは、 104歳の日野原重明先生がいらっしゃいます。 …

いくつになっても筋肉は鍛えることが可能。古希を迎えて、スポーツジムに通い始めた知合いは……。

毎日、スクワットをしています。 いつ頃からか忘れてしまったのですけれど、 あると …

「足元を固めろ」。ウォーキングシューズの底が、打ち合わせの前にはがれて思い出した戒め。

2017年8月21日、お昼過ぎ、 渋谷の取引先に向かう途中、 そう半蔵門線渋谷駅 …

最近、知人が熱心に取り組んでいるのはホットサンドイッチ作り。なんでもはさんで栄養不足を補う。

あなたは、朝ご飯、召しあがっていますか? 知人は、以前は朝はコーヒー、紅茶、ミル …

夏休みに断食で体をリフレッシュする知合い。

先日、夏休み中に、パソコン、 スマートフォンから離れる デジタル断食を行なう取引 …