亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

温活に効果ありと知合いが勧めるのは、マカカレー。

   

何年か前から、温活をやっています。

師匠というか、情報源の知合いがいます。

その彼が最近、毎日のように食べている
というのがマカカレーです。

もともとその方は、スパイスキットを
買ってきて、自家製のカレーを作り、
年中食べていました。

以前の職場で、部下の一人が、
妊活のため、あるものを食生活に取り入れた所、
体温があがり、見事、子どもを授かったそう。

そのあるものとは、マカです。

南米アンデスで育つ植物で、
豊富なビタミン、ミネラル、アミノ酸が含まれ、
疲労回復、若返りなどに効果があるとして、
現地で長らく食されてきたもの。

今では世界的に取り入られるように。

知合いは、スーパーでカレーのコーナーを
見たいた時に、マカ入りのカレーが
レトルトで発売されていることに気づきました。

明治、男のカレー
http://www.meiji.co.jp/foods/curry/otokono/index.html

それで、以前の部下の話を思い出し、
自家製のスパイスカレーに加えてみては
と思いついたと言います。

作り方は簡単。
出来るだけ高品質なマカパウダーを手に入れる。
自家製カレーが出来上がる寸前に、
そのパウダーを適量加える。
出来上がり。

そうマカパウダーを入れるというだけです。

なお、各種スパイスや
スパイスミックス(スパイスキット)などを
使って作るカレーは、短時間で作るのが基本。

一晩煮込んでなんてしてしまうと、
スパイスの命である香りが飛んでしまうので、
ともかく短時間で仕上げるとのこと。

また唐辛子類は、一時的にホット、
つまり体温があがるものの、その後、
体温は低下しがちになるので、
余り唐辛子類は入れない方がよいとのこと。

マカパウダーを少しだけわけてもらって、
試してみました。
気のせいか、いつものカレーより、
食べた後の体温が高く、それが
ずっと続く気がしました。

お腹がずーっと温かい!

あともう一つ、知合いは様々なマカパウダーを
日本で探したそうですが、
同じ品質(例えば有機、高地栽培)のものなら、
海外(アメリカ)で販売しているものの方が、
半分の値段で手に入れられるとか。

昔、自分もサプリメントを友人に頼まれ、
海外旅行のお土産に頼まれ、アメリカで
買ったりしたことがありますが、
おおざっぱに言って、日本とアメリカでは、
倍半分のちがいがあるという感覚でした。

現在は、個人輸入でアメリカから、
日本の通販のように様々なものを
買うことができますが、
サプリメント、健康食品類は、
日本がまだまだ高いというのが、
実感ですね。

それはともあれ、
マカパウダー入りのカレーを、
続けて試してみます。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

三笠宮さま。100歳で薨去。昭和天皇の弟君。逝去と薨去(こうきょ)。崩御、薨御。

三笠宮崇仁親王殿下が、2016年10月27日、 薨去(こうきょ)されました。 1 …

素人こそ道具にお金を。スライサー導入でキャベツの消費量増加。足にあったオーダー中敷きで毎日1万歩の知人。

仕事で道具を使うプロフェッショナルは、 お金を生む元である道具にお金をかける と …

知らない男性名義の怪しい封書が届いたので、開けてみたら……。同窓会、同窓生を装った勧誘に注意。

お昼を自宅でとろうと、仕事場から戻ってきたら、 お茶の間のテーブルの上に、自分あ …

9月6日は「黒の日」。黒澤明監督の白黒映画の黒。祖母の2つの黒の教え。

9月6日。 語呂合わせで「黒の日」。 もともとは京都黒染工業協同組合が、 「黒染 …

最後に部屋の模様替えをしたのはいつですか? 当たり前のものを見直してみる。脳を活性化、認知症予防。

部屋の模様替えをしました。 ソファの位置を変えただけなのですが、 気分が変わり、 …

知り合いが自宅でラーメン作りに挑んだ結果は……。素人が手を出せることとそうでないこと。

ラーメン好きの知り合い。 学生の頃からもう30年以上も ラーメンを食べ歩いている …

魚肉ソーセージ。復活、人気? メタボ予防、サルコペニア予防に。

魚肉ソーセージ。 召しあがったことがありますか。 昔は、お腹をすかせた若者、貧乏 …

良い習慣をつけるためには? アプリの力を借りる。年頭の誓い、守れていますか?

明日は1月10日。 2016年になってもう10日ですね。 年の初めに、今年の誓い …

読売新聞の連載「名言巡礼」。小説、映画などの名言の舞台となった土地を訪ね、言葉が生まれた物語・背景を伝える。

「旅には本を」。 この言葉を教えてくれたのは、 大学の同級生だったと思います。 …

防災食品をチェック。5年保存のミルクビスケット、飲料水を見て年月の経つ早さを知る。

まもなく9月1日、防災の日ですね。 この日、前後に、テレビ、新聞・雑誌などで、 …