亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「菜花の苦みが少ない」と訴える母。食べてみたら……。幼稚化する舌?

   

2017年2月16日の夕食に、
母が作った菜花のおひたしが
テーブルに載っていました。

一足早く、食事を済ませた母が、
私がそれに箸をのばす前に、
「なんだか菜花の苦みが少なくて、
菜花という感じがしない」とぼやきます。

母も年をとったので、
味覚が以前に比べて衰えているからなー
と思いつつ、口に入れました。

減塩生活を送っているため塩味は控えめ。

ゆでて甘みが出ているのはこれまで通り。
けれど苦みがほとんどありません。
母の言う通りです。

どうしたんでしょうか。

そういえば以前、農家の人何人かに、
いまどきは消費者の人が、
酸味と苦みがある品種は、
受け入れてくれないと嘆いていたのを
思い出しました。

野菜でも果物でも同じ、
出来るだけ酸味と苦みを減らし、
かわりに甘みを増やす。

なので甘みだけが強調された味になっています。

ほうれん草好きの年配の知合いは、
あくが少なくなったのはいいけれど、
それに伴って、味自体も薄くなっている、
どれもこれも均一な味になって
と少し怒っていました。

知合いの料理人や栄養士さんに言わせると、
春先の葉物などに含まれる苦みが、
体を刺激し、冬の間、体にたまった毒素の
排出を促してくれるのだそう。

なので苦いということは、とても重要なのだとか。

また味覚というのは、甘みからスタート。
そこから旨み、酸味、苦みを覚えていくとのこと。

甘みばかりに頼ると、いつまでも幼児の
味覚止まりになり、微妙な味を、
味わい分けられないとも。

われわれの舌は幼稚に
なっているのかもしれませんね。

「昔の品種の菜花が食べたい。
どこか売っているところはないかねー」

そうつぶやく母。

房総のどこかに残ってないかなー。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

50の坂。60,70、80と坂はどんどん急になる。坂を越えると2から3年はすっといく。

人生を坂に例えることがよくあります。 有名なのは徳川家康が言ったとされる 「人生 …

握力が強い人は、長生き。脳卒中、認知症のリスクが少ない。

少し前から母が、 親指の力が入りにくい と訴えていました。 かかりつけのお医者さ …

「マシュマロ・テスト」。あなたは誘惑に負けず成功する子どもだったのか?

小さい頃、飼っていた犬。 雑種が多かったのですが、どれも賢い犬ばかりでした。 そ …

ワニ革の「バーキン」に自分の名前を使わないで。ジェーン・バーキンさん、求める。

エルメスのバーキン・バッグ。 セレブの方御用達ですね。 わが家には、韓国(?)で …

ウタマロせっけんをご存じ? 野球少年の家庭の必需品。口コミで広がる人気。

自分が小学生の頃ですから、 今からもうずいぶん前になります。 当時、野球は小学生 …

皇后陛下、81歳、半寿。天皇陛下と毎朝、スロージョギング。

2015年10月20日、 皇后陛下が81歳の誕生日を迎えられました。 今日の新聞 …

新茶の季節。緑茶はミルで粉にして飲むという知合い。

2015年5月2日は八十八夜。 お茶の産地では、茶摘みが行われたところが 多かっ …

毎日ダラダラ過ごさず、新しいことを習慣にするための工夫。タイマー、予約機能、苦手なことに好きなテーマ曲を設定。

先日、知合いの方と会って、雑談。 話題の一つが、時間の上手な使い方。 ダラダラ過 …

「ささくれ(さかむけ)は親不孝のあかし?」。コボちゃんを見て、昔、言われていたことを思い出す。

読売新聞の連載4コママンガ「コボちゃん」。 2017年3月17日は「ささくれ」が …

「一人の愚か者が池に投げ入れた石は十人(百人?)の賢者が集まっても取り返せない」。人として大切なこととは。

2015年10月22日、読売新聞の編集手帳で、 杭の強度を偽装していたマンション …