91歳のアメリカ人男性、死ぬまでにやっておきたかったことを実行。それは……。「バケット・リスト」。

スポンサーリンク
未分類

「人生やり残しリスト」というブログを書いています。
始めるきっかけは、映画「最高の人生の見つけ方」で
「バケット・リスト」を知ったこと。
そしてロバート・ハリスさんの「人生の100」です。

2015年6月19日、昼ご飯の時にテレビを見ていたら、
この「最高の人生の見つけ方」
そして「バケット・リスト」が紹介されていました。

テレビ朝日のお昼の「ワイドスクランブル」。
その中で、デーブ・スペクターさんが、
海外の情報を紹介するコーナー「週刊ニュースペクター」。

アメリカでは、いま、死ぬまでにやりたいことをやり遂げたい
「バケツ・リスト」を行う動きが広がっているとのこと。
そのきっかけとなったのは、余命短い主人公2人が、
(ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンが共演)
残った人生の中で、やりたいことをリスト(バケツ・リスト)にし、
それをやり遂げていくという映画「最高の人生の見つけ方」が話題となったから。
(映画自体は、もうかなり前に公開されていますが……)

その例の1つとして紹介されていたのが、ウォルター・トーマスさん。
イリノイ州ウッドストックで、ガソリンスタンドを経営する
91歳の男性です。

この方は、仕事柄もあるのでしょうが、大変な車好き。
その彼の、バケツ・リストの1つが、
「車庫の扉を車で突き破る」。

その実現映像を流していました。
事故防止のためヘルメットをかぶったトーマスさん。
助手席には
終えた後、嬉しそうでした。

建て替えるというガレージの持ち主から、
許可をもらい実行したとのこと。
使った車も寄付されたものだそう。

他人から見れば、そんなくだらない
と思われそうなことですけれど、
トーマスさんにとっては、死ぬまでに
どうしてもやっておきたいことだったんですね。

トーマスさんの実行力、見習いたいなー。

《Man Finally Lives His Dream of Smashing SUV Through Garage Door》
http://www.huffingtonpost.com/2015/06/04/suv-through-garage-door_n_7510242.html?utm_hp_ref=weird-news

関連エントリー
《人生やり残しリスト》
映画「最高の人生の見つけ方」、「棺おけリスト」(バケットリスト bucket list)とは。
「人生やり残しリスト」をしるす訳。

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント