亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

大竹しのぶさんがスリランカで体験したシロダーラ。悲しい思い出が次々と。

   

女優・大竹しのぶさんが、
朝日新聞夕刊に連載しています。

3月10日の話題は、
スリランカで1週間にわたっての
伝承医学アユールヴェーダの体験。

4日目に実施したシロダーラという
トリートメントについて詳しく書かれています。

2017年3月10日朝日新聞
《(大竹しのぶ まあいいか:152)そしてまた、優しくなれる》
http://www.asahi.com/articles/DA3S12835642.html

まずアーユルヴェーダというのは、
インド、スリランカなどに
伝わる伝統的な医学のこと。

西洋的な治療のみならず、日常の過ごし方、
食事、運動といった生活のすべてに
及ぶ考え方のようです。

その中でシロダーラは、
《温めたオイルを額の真ん中に20分ほど、
ゆっくり静かに流し続ける》という療法の一つです。

このトリートメントは、
《自分でも気づいていない「毒素」を引き出す効果がある》そう。

これを体験した大竹さん。
どんな「毒素」が出たのか?

《いきなり、私が子どもの頃の、台所にいる母の背中が
浮かんできた。私たちが食事をしているすぐ横でお茶わんを
洗っている母の後ろ姿。》

小さな大竹さんは、次のように感じていたようです。

《「お母さんは、いつもいつも働いてばかりだ。
どうして今、ここに座ってくれないのだろう」》。

続いては、《私が30代の頃に住んでいたマンションのリビングに。
小学生の息子の明日の時間割をチェックし、必要な物をランドセルに
入れてしまう母に、私は少しきつい調子で「忘れ物をしたらしたで、
自分の責任だから、そろえないでほしいの」と言いながら部屋に入る。
私の背中を、悲しそうに見る母の顔がはっきりと浮かぶ。》

3つめは、《私が小学2年の時に犬に噛(か)まれた太ももの
傷痕が生々しく見えてくる》。

こうした《悲しい記憶が次々と浮かんでは消え》、
さらに《その夜に見た夢も、苦しく悲しいものばかり》
だったとのことです。

「毒素」とは、物質的なものではなく
精神的なものだったようです。

《悲しみや怒り、強いショックなど、
人は忘れているつもりでも脳が覚えている。
それらを外に出して脳をクリアにして
新しい心地よい記憶に変えていく》働きが、
シロダーラにはあるようです。

大竹さんは、
《私たちのために働き続けた母、
子育てを手伝ってくれた母に、
改めて心から感謝し》と、
良い記憶に変えたみたいですね。

この文章を読んで、自分が一度だけ受けた
シロダーラのことを思い出しました。

日本のある場所で施術してもらいました。

ごま油の香りがする油が入った金属の
容器がベッドに寝ている自分の額の上に
置かれています。

そこから一筋の糸のように額の真ん中に
落ちてきます。

体温より少し温かい油です。

受ける前は油だから気持ち悪いと思っていたのですが、
全くそんなことはなく、額に落ちた後、広がり、
頭の後ろに落ちていく時の感触は
やさしくなでられているよう。

とても気持ちが良く、最初はいろいろと雑念がわいて
いたのですが、次第に油が後頭部に落ちるとともに
一緒に頭の中の考えが取り去られ、洗い流される
感じがしました。

あまたの中はすっかりからっぽになり、
真っ白の状態に。
いつの間にか深い眠りに落ちて、
気づくと、体に毛布がかけられ、
シロダーラはおわり、頭の余分な油も
すっかりぬぐわれていました。

大竹さんのように悲しい、つらい体験、
記憶がよみがえったりはしなかったのですが、
頭の中の悪い考え、もやもやした気持ちが、
油とともに出て行って、排泄された気分になり、
爽快感がありました。

大竹さんのエッセイを読んで、
今度はインド、スリランカで、
時間をかけてアーユルヴェーダを
体験したいと感じました。


 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

知らず知らずについたひずみを他人から教えられる。背中のゆがみ、ソファのくぼみ。

知合いが、この頃、ものすごく目がつらく、 肩も凝るというので、眼科、整体などに …

夏木マリさんのご先祖様はフランス人? わが家の言い伝えも……。

家族の歴史を本人に代わって取材し 紹介するNHKの「ファミリーヒストリー」。 2 …

60代の知合いが、テレビを生で見るのをやめてみたら……。生活の中の時間泥棒を発見して、見直す。

何年か前に定年を迎えた知合いの女性。 定年になったら、あれもやりたい、これもやり …

新型栄養失調、食欲不振、フレイル(衰弱)防止のために、栄養士から勧められた意外な食品とは?

3食食べているのに栄養不足。 高齢者の7人に1人が新型栄養失調なんだそう。 高齢 …

地震、火災など非常時に備えて持つべき意外なグッズとは。

箱根の大涌谷、 2015年5月25日、月曜日。 5月29日、口永良部島の噴火、 …

写真俳句に凝っている高齢の知合いが、最近、毎日作っているものとは?

以前、このブログで、携帯電話で写真をとり、 それに俳句を添える、いわゆる写真俳句 …

お正月だからこそ、ふだん手を抜いていることに手を掛け、時間をかけてみる。

2016年を迎えました。 年々薄れてきているように思えますが、 3が日は、1年の …

最近、知人が熱心に取り組んでいるのはホットサンドイッチ作り。なんでもはさんで栄養不足を補う。

あなたは、朝ご飯、召しあがっていますか? 知人は、以前は朝はコーヒー、紅茶、ミル …

平城京に「破斯清通」とのペルシャ人の役人がいた。「波斯」(ペルシャ)の末裔(すえ)」。友達の家の言い伝え。

奈良市の平城宮跡から出土した8世紀中頃の木簡に、 「破斯(はし)」という名字を持 …

高齢の知人がベッドから転落して、骨折。転落防止。

あなたが寝ているのはベッドですか、 それとも布団ですか? 高齢者の方も、布団の上 …