亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

106歳の先生に台湾の教え子から便りが続々。電話で教え子と会話も。

   

熊本県玉名市に住む106歳の高木波恵さが、
台湾の学校が甲子園に出場し準優勝したとの映画「KANO」を、
見たことをきっかけに、かつての台湾の小学校での教え子に消息を
尋ねる手紙を書いたとの話題をお伝えしました。

住所が変わっていたので、宛先不明で局に留まっていたのですけれど、
郵便局員の人が、懸命に探して、ついに届けたという内容でした。

その続報が、東京新聞の2015年5月19日朝刊に出ています。

現地の新聞などで恩師が健在なことを知った
90歳前後になった教え子たちから、
高木さんのもとに、続々と手紙が30通ほど届きました。

さらにその手紙がきっかけで、何人かの教え子とは、
台湾語、日本語を交え、電話で話したそう。

郵便局員の努力のおかげで、こうした交流が復活したのですね。

この高木さんと台湾の教え子の方々との深い関係は、
何も特別なものではなく、年配の方に伺うと、一般的だったようです。

戦前は、先生は生徒から尊敬されていて、先生と生徒の関係は強く、
卒業してからも、おつきあいが続いていることが多いんだそう。

戦争、大地震など、長い人生の間には、
そうした交流を途絶えさせるような出来事が
数多く起こっていますが、思いがあれば、
復活されることもあるんですね。

それとこの場合は、音声である高木さんが、106歳と
長寿でお元気でいらしたことも大きいのでしょうね。

今や途絶えてしまっている、特にお世話になった
小学校の恩師の顔が頭に浮かびました。

お元気かなー。

関連エントリー
106歳の先生がおよそ80年前の教え子に手紙。宛先不明。郵便局員が懸命の努力で配達。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

牡蠣、柿、牡蠣フライ。それぞれの「カキ」のアクセント。

牡蠣、柿。 どちらも美味しい秋ですね。 2017年11月7日、読売新聞の 4コマ …

知人が実家を整理して見つけた小中高時代の作文、卒業文集。そこに書かれていた将来の夢は?  

スポーツ選手、芸能人、文化人など、 何かをなしとげ、知られるようになると、 きま …

死んだら、先に亡くなった人にまた会えるのか? ひろさちやさん新刊「人は死んでもまた会える」。

小さい時から疑問に思っていたことの一つ。 それは、人は死んだら、自分より先になく …

近所の柳橋がテレビドラマの舞台に。いつもの風景を初めて訪れた場所のように見られる感性。

家のすぐ近所に、柳橋があります。 神田川の一番下流の河口にあり、 その先はは隅田 …

高齢の知り合いが買ってよかったと絶賛する電気調理器具とは。

年配の知り合いが「買ってよかった」 という電気調理器具を教えてくれました。 この …

ゴムチューブを使って、高齢者の筋肉維持、転倒予防を。若い人も体幹鍛錬、ダイエットに。

年を取ると鍛えなければ、 筋肉はどんどん減っていきます。 減れば生活に支障が出る …

温活に効果ありと知合いが勧めるのは、マカカレー。

何年か前から、温活をやっています。 師匠というか、情報源の知合いがいます。 その …

寝室から電気製品を排除し、健康になったという知合い。

知合いの方から、自宅の寝室から、 ありとあらゆる電気製品を取り除いたところ、 非 …

勉学の秋。高校講座、放送大学の講義をテレビ・ラジオで見たり、聞いたりする人が多い。受験サプリを大人が?

少し前の「放送塔」という読売新聞朝刊の 投稿欄に、65歳の男性の投稿が掲載されて …

アメ好きの知り合いの女性。アメを減らして、乳酸菌タブレットをなめ始めて……。

関西の女性、特に熟年から上の 世代の方は、アメを必ず持っているといいます。 自分 …