亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「幸運な大発見は『準備された心』にやってくる」(パスツール)。神様にお願いをしてはいけない。報告せよ。

   

先日、仕事上の先輩に会いました。
聞かれたのは、
「新しいことをやっているか?」

仕事でも個人的なことでもいいのですが、
これまでにやったことがない新しいことを
始めているかという質問です。

口ごもっていると、
「自分は先日、神社に行って報告してきた」と。

そうその先輩は、自分が何かやりたいこと、
やるべきことがあると、神社にお参りするのです。

これは神頼みということですが、
自分が考えているようなものではありませんでした。

その先輩にずいぶん前に聞かれたのは、
「神社に行ってどうお参りしているか?」

自分は、「新しいプロジェクトを
成功させてください」。

そのように答えたのです。
そうしたら、先輩はその答えを否定。

「神様にはお願いするのではなく、
報告、プレゼンしにいくのだ」と。

上の例で言えば、
「私は、これから、〇〇〇〇という
新しいプロジェクトを行ないます。
それはこれこれこういう内容で、これが
実現すれば、このような良いことが世の中に
起こります。ですので、是非お力添えください」と。

先輩は、この教えを上の方から教えてもらい、
以来、それを実行しているのだそう。

神様に報告するということは、
具体的なイメージを頭の中に描くこと。
神様に説明することは、自分の中に
確固としたプラン、アイデア、具体策が
ないとできない。
神社に行ってお参りすることは、
自分の願望、思いを事前に具体化することであると。

いやー、目からうろこが落ちたものです。

そして先輩曰く、神様はそうして良きことを
なそうという人をまず手助けするのだと。

これこそまさに「天佑神助」。
「天の助けと神の助け」。
この言葉は、偶然によって助かることの
たとえとしても使われる。
が、偶然、しかも良い結果・幸運をもたらす偶然は、
たまたま訪れるものではない。

事前に準備した、心構えのある人にだけ、
訪れるのだと。

先輩によれば、乳酸菌、酵母菌を発見したり、
ワクチンによる狂犬病の予防など数々の成果を
あげたフランスの偉大な細菌学者パスツールは、
「幸運な大発見は『準備された心』にやってくる」
と述べているんだとか。

(「偶然は心構えのあるものにしか微笑まない」)

ずいぶん前に教わったものですが、
その先輩に久しぶりにあったせいか、
それが不意に蘇ってきました。

常に新しきことを始める。
偶然を受け入れるための準備を怠らない。

改めて心に刻みます。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

3月7日はサウナの日。サウナおじさん。人生で大事なことはサウナで教わった?

3月7日はサウナの日だそう。 日本サウナ・スパ協会 http://www.sau …

「ポーチおじさんになりなさい」と管理職向けの講座で言われた知り合い。

男性のあなた。 外出するときにバッグの中に ポーチは持っていますか? 中に、汗ふ …

97歳の現役医師。身体の整え方。太陽の光を一日15分浴びる。実用的な34の秘密。

高齢の現役の医師として有名なのは、 104歳の日野原重明先生がいらっしゃいます。 …

若い頃、1日テレビ3時間以上見ていた人は、40~50代になって記憶力が低下。アメリカの医学誌に論文。

一日にテレビを何時間、ご覧になっていますか? 高齢で一人暮らしの場合、かなり多い …

花、穀物、樹木の肥料の話。いつどこでどのくらい。やり過ぎは枯らすもと。人の成長と共通の教訓。

亡くなった大阪の祖母は、 花を育てるのが好きでした。 実家は農家ではなかったので …

食べ物をテーマにした旅をする知合い。わさび田巡り。

大学生の頃、ゼミの仲間が多摩地方の出身。 学生にもかかわらず、珍しく自分の車を …

「今日はこれが思い出せなかった」ノートをつける知合い。何かを思い出せない時、どうしてますか?

若い方には無縁な話かもしれません。 年を取ると、「こんなことがなぜ?」 と思うよ …

新札の効用。商売をやめた今も銀行に通い新札に両替する知り合い。

年末年始、新札を手にする機会が 多かったのではないでしょうか。 お年玉、お祝いな …

認知症を防ぐには新しい人にあい、話を聞くこと。講演会・無料セミナーに参加しつづける知人。

定年を数年前に迎えた知合い。 仕事は週に3日ほど。 かなり時間がとれます。 その …

熊本在住の106歳の元教師、台湾の教え子たちとインターネットで、およそ80年ぶりの再会が実現。

現在、熊本に在住の106歳の女性が、 台湾の教え子に送った一通の手紙。 そこから …