インドネシア、日中どちらの高速鉄道案も採用せず。「中速鉄道」を建設したい。

スポンサーリンク
未分類

インドネシアが日本、中国、
どちらの高速鉄道案を採用するか
注目されていました。

インドネシアのナスティオン調整相(経済)と
会談した谷崎泰明駐インドネシア大使が明らかにした
ところによれば、インドネシア政府は、日中どちらの
高速鉄道案も採用せず、時速200キロから250キロの
「中速鉄道」を建設することにしたとのことです。

いやー肩すかしというか……。

ただ鉄道に詳しい知合いによれば、
インドネシアは、在来線の低速な鉄道しか
運行経験がなく、新幹線のような時速300キロを超える
高速鉄道を一気に運行するのは、非常に危険と話していました。

時速200キロ程度の鉄道の運行経験を重ね、
次の段階で高速鉄道を導入する。

そうしないと重大な事故を起こしうると。

鉄道の運行は、膨大なノウハウの固まり。
それを現地のインドネシアの人が、習得するのは、
時間がかかると。

その意味では順当な判断だったのかもしれません。

なお予定している中速鉄道の建設にも、
これまでの高速鉄道計画と同じく、
国家予算を投入せず、さらに融資に対する
政府保証もしないと表明しているよう。

となると高速鉄道よりは安くなるとはいえ、
巨額の資金を調達できるかは疑問ですね。

〇インドネシアへの日本の鉄道関係の輸出
「ジャカルタMRT事業」:地下鉄事業
他にも、
日本の鉄道関係の会社は、郊外鉄道などのプロジェクトなどを受注している。
《インドネシア ジャワ幹線鉄道電化・複々線化工事を受注
~ジャカルタ周辺の輸送力を増強~》
http://www.sumitomocorp.co.jp/news/detail/id=25545

《各分野での日本のインドネシアに対する経済協力の紹介》
http://www.id.emb-japan.go.jp/oda/jp/whatisoda_04b.htm

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント

  1. nikitoki より:

    インドネシア政府は、最高時速を250キロ以下に落とし、建設費を削減した計画案を提出するよう、日本、中国双方に求める意向のようです。政府予算を使わず、債務保証もしないとの条件は変わらず。ともかく建設費の削減が狙いのようです。

  2. nikitoki より:

    国庫支出や政府保証はしないと表明していたインドネシア政府。
    どうやらインドネシアの国営銀行が中国開発銀行から
    30億ドル(3600億円)のインフラ融資を受けることで
    合意した模様です。この融資の一部を民間資金として
    高速鉄道計画に充てることで条件を満たすことができます。

  3. nikitoki より:

    インドネシアの大統領特使は、2015年9月29日、菅義偉官房長官と会談し、インドネシアのの高速鉄道計画では、中国案を採用することを伝えたとのことです。やっぱりという気がします。