亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「存亡の機」それとも「存亡の危機」。文化庁の2016年度「国語に関する世論調査」。

   

「存亡の機」「存亡の危機」。
本来の使い方はどちらだと思いますか。

答えは「存亡の機」。
存続するか滅亡するかの
重大な局面という意味です。

そう答えたのは率にして、
わずか100人に6人ほどだそう。

これを意味につられてか、
「存亡の危機」として使う人が
83%に上ったとのこと。

毎年行われている文化庁の
2016年度「国語に関する世論調査」の結果です。

《平成 28 年度「国語に関する世論調査」の結果の概要》
http://www.bunka.go.jp/tokei_hakusho_shuppan/tokeichosa/kokugo_yoronchosa/pdf/h28_chosa_kekka.pdf

他には、
「卑劣なやり方で失敗させられる」という意味の
「足をすくわれる」は26.3%
「足元をすくわれる」が64.4%だったよう、

個人的に一番興味を引かれた
最後のところを抜粋しておきます。

《Ⅵ 新しい表現や,慣用句等の意味・言い方》
《聞いたこと,使ったことがある表現か<問 26>(P.76)
―「目が点になる」は 46.4%,「心が折れる」は 43.3%が
「使うことがある」と回答― 》
(1) 心が折れる
(2) 目が点になる
(3) あさっての方を向く
(4) 背筋が凍る
(5) 毒を吐く

《どちらの意味だと思うか<問 27>(P.80)
―「さわり」,「ぞっとしない」は,
共に5割台半ばが,本来の意味とは違うとされる方を回答―》

この設問は、どのような意味で使うかですが、
実際に上記のリンクの選択肢を読む前に、
ご自身でどう使っているかお考えください。

(1)さわり
(2)ぞっとしない
(3)知恵熱

《どちらの言い方を使うか<問 28>(P.84)
―本来の言い方とされる「足をすくわれる」
「存亡の機」を使う割合は,少ない― 》

(1)口を濁す/言葉を濁す
「はっきりと言わない曖昧な言い方」

(2)足下をすくわれる/足をすくわれる

(3)存亡の機/存亡の危機

平成7年度からの結果がすべて見られます。
《国語に関する世論調査》
http://www.bunka.go.jp/tokei_hakusho_shuppan/tokeichosa/kokugo_yoronchosa/pdf/h28_chosa_kekka.pdf

こうした調査を読んでみると、
言葉は時代により、
大きく変化するものだなと
改めて感じました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「花よりも 花を咲かせる土になれ」「駕籠(かご)に乗る人担(かつ)ぐ人 そのまた草鞋(わらじ)を作る人」。

昨日、たまたまつけたテレビで、 手帳の中身を見せて下さい との企画を放送していま …

懐かしや、乾布摩擦。知合いは日本手ぬぐい、シルクで実施。ストレッチも加える。凝り知らず。

大昔、幼稚園に通っていた頃、 冬の季節、登園して、みんなが集まると、 部屋に広が …

県庁所在地、言えますか? 森高千里の「ロックンロール県庁所在地」、埼玉県は? 大阪府都構想の住民投票、反対多数。

2015年5月17日、大阪府都構想の住民投票は、 反対が多数となり、否決されまし …

アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。green card~。

アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。 green card グリーンカー …

伊集院静氏の新刊「琥珀の夢――小説、鳥井信治郎と末裔」。陰徳。

作家・伊集院静さんが、日本経済新聞に連載していた 「琥珀の夢」が発刊されました。 …

靴下、インソール、靴で延びる健康寿命。靴外来。シューマスター。

健康で長生きするためには、 動くこと、歩くことだと言われます。 けれど足の筋肉の …

「お墓と仏壇は、もう無しでいいから……」。この夏、帰省した知人は母からそう告げられた。

少し前に、「仏壇じまい」についての エントリーを書きました。 最近は、そうした仏 …

現役時代、精算大嫌いだった知人が定年退職後、つけはじめたスマホの家計簿ソフトで節約。

新年になったら、 新たに家計簿をつけて、 節約しようなんて考えている方、 いらっ …

やっぱりすごい効果ありかも。足裏とふくらはぎマッサージ。

もうずいぶん昔になりますが、 近所のおじさん、おばさんから、 健康の秘訣として「 …

認知症になったら一時金が出る保険、太陽生命保険が3月にも発売。

産経新聞、日刊スポーツなど 2016年1月22日朝刊で伝える所に寄れば、 (共同 …