亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「存亡の機」それとも「存亡の危機」。文化庁の2016年度「国語に関する世論調査」。

   

「存亡の機」「存亡の危機」。
本来の使い方はどちらだと思いますか。

答えは「存亡の機」。
存続するか滅亡するかの
重大な局面という意味です。

そう答えたのは率にして、
わずか100人に6人ほどだそう。

これを意味につられてか、
「存亡の危機」として使う人が
83%に上ったとのこと。

毎年行われている文化庁の
2016年度「国語に関する世論調査」の結果です。

《平成 28 年度「国語に関する世論調査」の結果の概要》
http://www.bunka.go.jp/tokei_hakusho_shuppan/tokeichosa/kokugo_yoronchosa/pdf/h28_chosa_kekka.pdf

他には、
「卑劣なやり方で失敗させられる」という意味の
「足をすくわれる」は26.3%
「足元をすくわれる」が64.4%だったよう、

個人的に一番興味を引かれた
最後のところを抜粋しておきます。

《Ⅵ 新しい表現や,慣用句等の意味・言い方》
《聞いたこと,使ったことがある表現か<問 26>(P.76)
―「目が点になる」は 46.4%,「心が折れる」は 43.3%が
「使うことがある」と回答― 》
(1) 心が折れる
(2) 目が点になる
(3) あさっての方を向く
(4) 背筋が凍る
(5) 毒を吐く

《どちらの意味だと思うか<問 27>(P.80)
―「さわり」,「ぞっとしない」は,
共に5割台半ばが,本来の意味とは違うとされる方を回答―》

この設問は、どのような意味で使うかですが、
実際に上記のリンクの選択肢を読む前に、
ご自身でどう使っているかお考えください。

(1)さわり
(2)ぞっとしない
(3)知恵熱

《どちらの言い方を使うか<問 28>(P.84)
―本来の言い方とされる「足をすくわれる」
「存亡の機」を使う割合は,少ない― 》

(1)口を濁す/言葉を濁す
「はっきりと言わない曖昧な言い方」

(2)足下をすくわれる/足をすくわれる

(3)存亡の機/存亡の危機

平成7年度からの結果がすべて見られます。
《国語に関する世論調査》
http://www.bunka.go.jp/tokei_hakusho_shuppan/tokeichosa/kokugo_yoronchosa/pdf/h28_chosa_kekka.pdf

こうした調査を読んでみると、
言葉は時代により、
大きく変化するものだなと
改めて感じました。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

和の文化を見直している友達、ついに月に一度の写経を始める。その心境はいかに。

若い時はニューヨーク、ロンドンなどに出かけ、 最新の流行、モードなどを取り入れて …

友達2人のお母さんたち。同時期に骨折で入院。退院後は施設に。

高齢者が家の中で脚を骨折し入院。 一人暮らしできなくなり、施設に。 そうした話を …

捨印の意味。ご存じですか? 銀行の申し込み、契約書などに押したことありますよね。

夜に帰宅し、居間に行ったら、 家族から突然の質問を受けました。 「捨印の意味って …

俳優が「当て逃げ」「ひき逃げ」で書類送検。うつ病と自動車運転。

2015年4月7日の新聞各紙に、ある俳優が 自らが運転する車で、歩行者の男性に接 …

ノーベル医学生理学賞受賞の大村智さんの母校・山梨県韮崎高校の校訓「百折不撓(ひゃくせつふとう)」。

今年2015年のノーベル医学生理学賞受賞の大村智さん。 母校は、山梨県立韮崎高校 …

「トイレが詰まりました」を正確な英語で言えるより大事なこと。

海外のホテルでトイレが詰まった経験はありますか? 何度かあります。 困りました。 …

「ノーチラスな人びと」ってどんな人?

「ノーチラスな人びと」。 日本評論社の書籍広告が、 2015年4月14日の毎日新 …

冬、暖かい部屋でアイスクリーム。おいしいけれど。がんの人は要注意。嗜好の変化。

冬、お風呂上がりに、 暖かい部屋でアイスクリーム。 おいしいですよね。 自分も若 …

山本周五郎没後50年。2月14日は命日。「苦しみつつ、なおはたらけ、安住を求めるな、この世は巡礼である」。

歴史小説家・山本周五郎。 今なお多くのファンを持つ、 作家の一人です。 2017 …

101歳の写真家・笹本恒子さん。新刊本「好奇心ガール、いま101歳: しあわせな長生きのヒント」と写真展「笹本恒子100歳展」開催。

日本の女性初の報道写真家・笹本恒子さん。 この9月1日で101歳を迎えられました …