亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

阪神大震災で被災して落語家・桂文珍さんが目覚めたこと。

   

落語家の桂文珍さん。

朝日新聞夕刊に現在、インタビューが掲載されています。

2015年10月14日は7回目。
《(人生の贈りもの)わたしの半生 落語家・桂文珍:7 66歳》
《自宅で阪神大震災 落語が救い》
http://digital.asahi.com/articles/DA3S12015466.html

飛行機の操縦免許、
報道番組のキャスターの後、
阪神大震災の話をされています。

1995年1月7日、文珍さんは、
神戸のご自宅の1楷に寝ていました。
ケガはしなかったものの、
家はゆがんでしまったそうです。

2、3日後から、原付バイクにのり、
神戸のご自宅から、大阪のなんばグランド花月に通い、
出演をされました。

なぜか?

《お客さんに笑(わろ)ていただいて、
自分が癒やされたかったんです。
そうでなければ耐えられなかった》。

見出しにもありますが、文珍さんにとって、
《唯一の救いが落語》だったのですね。

この回の最期の質問は《震災で変わった?》。

文珍さんは以下のように答えられています。

《家のような形のあるものは壊れると思い知らされた。
改めて形のないものを身につけたくなりました。
健康、知識、なによりも芸。一番大事なものに覚醒したんです》。

阪神大震災、東日本大震災などで被災された方が、
文珍さんと同様なことを話されているのを
聞いたことがあります。

祖母は戦前、戦後、神戸に住み、
阪神大震災の時は大阪に住んでいました。

幸いなことに大きな被害はうけなかったものの、
南海地震、太平洋戦争などでは被災。

そうした体験をした祖母は孫たちにいつも
次のようなことを語っていました。

「大金を持っていても盗られたり、
落としたらソレでしまい。
目の前の食べ物は腹の中に入れたら盗られない。
しかし時が経てば腹が空いてソレでしまい。
(しかし美味しかったという体験は残る。
その体験は誰にも奪われない)
食べ物を得るすべを知っていれば、
何度でも腹を満たせる。頭の中に入っている
すべ・知恵は誰にも奪われない」

祖母からは多くのことを教えてもらいました。
この教えもその1つ。

知識、知恵を頭の中に入れてしまえば、
持ち運びは自由で、費用も税金もかかりません。
世界のどこでも生きていける。

祖母の教えを実行できているかは、
はなはだこころもとないですけれど、
これからも頭の中に「財産」を1つずつ
積んでいきたいですね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

深交と親交。声帯を失うも奇跡的に復活した韓国テノール歌手のベー・チェチョルさんと日野原重明さんの関係。

韓国のテノール歌手ベー・チェチョルさん。 ご存じでしょうか? ヨーロッパでデビュ …

2015年9月21日、地下鉄半蔵門線車内の広告で思い出せなかった女優さんの名前。

祝日ですが、仕事があり、渋谷の取引先へ。 途中、半蔵門線を使いました。 座って、 …

80歳過ぎの女性。半蔵門線の電車内でスマートフォンを駆使して、乗り換え、行き先を検索。「やってみれば、なんとかなる」。

タブレットは持っているのですが、 スマートフォンは持っていません。 未だに昔なが …

畳の目1つ、薄紙1枚の積み重ね。日課をやめてわかった日々の努力の大切さ。

先日、知合いに、体が硬くなって しまったという話をしました。 以前はストレッチを …

80歳近くて現役。初対面の人の名前を完璧に覚える。「覚えられないではなくて、覚えられるんです」。

先日、久しぶりにある取引先へ。 そこのトップは80歳前の女性ですが、 今でも現役 …

お宅に百科事典、世界文学全集はありますか? 実家の片付けで、この二つを手放した知人宅。寂寥感に襲われる。

お宅には、百科事典、世界文学全集は ありましたか? もちろん紙のものです。 わが …

夜中のセミの声。けれど日中、セミ捕りの少年は見かけない。

毎日、1時間ウォーキングをしています。 夏の間は日中、暑いので、日が暮れてから …

柳家小三治師匠がアルツハイマー病の疑いと高座で告白。

今朝2017年8月8日の東京新聞に、 《柳家小三治が療養へ》との記事が出ていまし …

「一無、二少、三多」。お聞きになったこと、ありますか?

「一無、二少、三多」 どこかで目にしたり、 耳にされたりしたことありますか? こ …

杉良太郎さん、「俺はぼうふら役者」。その意味は? 「ぼうふら野郎」。悪口の裏の優しさ。

少し前のことになりますが、 2015年5月26日付けの日本経済新聞の 「心の玉手 …