亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

週刊SPA!の特集記事、《「40男が[秘めた夢]に挑戦》。バク宙、わずか40分で出来た……。

   

小学生の頃、運動神経が抜群に良くて、
宙返り、バク転(バク宙)、さらには鉄棒の大車輪を
自由自在にできる同級生がいました。

できるのはせいぜい側転とけあがりくらいの
自分は、うらやましかったですねー。

中学生になった頃、ジャニーズなどが、
バク転をするダンス、振り付けがはやり、
また学校でブームになり、誰もが挑戦したのですが……。

バク転が出来ないまま、おじさんになってしまいました。

《週刊SPA!1/12・19合併号》
《特集記事「40男が[秘めた夢]に挑戦してみた」》
《おっさんでも一時間あればバク転ができる!》
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/spa-20160105-1022349/1.htm

この記事には食いつきました。

いや-、バク転教室「日本クリード体操部」
なんてところがあったんですね。

http://www.itabashi-taiso.com/%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89/

記事によれば、
70歳の方も1時間でバク転に成功した
とあります。

そして運動神経なさそうな40代の記者も
なんと驚いたことにわずか40分でバク転に成功しています。

すごいなー。

《これまで70歳の老人や、120kgを越える関取まで
約7000人以上の会員をバク転成功に導いている。
しかも運動神経、身体の柔らかさなどは関係なく、
むしろ固い人のほうが成功しやすいぐらいなんだとか。》

体の使い方のほんのちょっとしたコツや
精神的な面が重要なんでしょうね。

もう年だからと制約を自らがかしてしまうと、
出来るものも出来なくなってしまう。
これはバク転に限らず、他のことでもそうなんでしょうね。

あきらめない、チャレンジする前向きな
精神が大切だと知らされた記事でした。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ファンケルの機能性表示食品、手元のピント調節力に違いがあるとの「えんきん」を試しています。

最近、機能性表示食品という製品を数多く見かけます。 平成27年4月からこの新しい …

同級生との写真を見た娘が父親に向かって放った言葉は。見た目は大切。

月刊文藝春秋の連載の一つに 「同級生交歓」があります。 有名人の(中学)高校の同 …

あの吉野家が野菜だらけの「ベジ丼」を発売。野菜11種類170グラム。

毎年、春から3ヶ月ほど通っている取引先。 若い人が多いので、お昼に吉野家などの …

母の実家・岐阜から届いた鮎の甘露煮。従兄弟が捕り、義理の叔母さんが作る。秋を感じる。

何年か前も届いた鮎の甘露煮。 今日、母のふるさと、岐阜から送られてきました。 鮎 …

知合いが実践する旅行した気分になる安上がりな方法。

ゴールデンウィーク。 国内、海外に出かけられている方、 多いことでしょう。 しか …

「ポケモン探しもいいけれど 自分がナニモンか探しませんか」、錦糸町にある本明寺の掲示板。

押上の大黒湯という銭湯からの帰り。 タワービュー通りを錦糸町方向に向かって、 自 …

「心臓がドキドキ」「微熱が出る」「 体がだるい」。知人男性の不調の原因は? 意外にも……。 

知合いの男性。 あるとき気づいたのは、 立ちくらみ。 それまでそんなことなかった …

中原誠将棋名誉王座が脳出血、大腸がんで引退した後、励みにした画家・中川一政の生き方。真鶴の港を20年間描き続ける。

日本経済新聞の「私の履歴書」。 著名人が自分の人生を振り返る 人気の連載です。 …

触覚・触感を刺激する。裸足になる、素手で触れる。

認知症の患者さんの症状、 例えば、徘徊、叫ぶといった行動を 抑えるのに、タッチン …

「出会い水」とは? ご飯炊きも教育も最初が肝心。

新米の美味しい季節となりました。 美味しいお米を炊くのに、 非常に大切なのが、「 …