亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

週刊SPA!の特集記事、《「40男が[秘めた夢]に挑戦》。バク宙、わずか40分で出来た……。

   

小学生の頃、運動神経が抜群に良くて、
宙返り、バク転(バク宙)、さらには鉄棒の大車輪を
自由自在にできる同級生がいました。

できるのはせいぜい側転とけあがりくらいの
自分は、うらやましかったですねー。

中学生になった頃、ジャニーズなどが、
バク転をするダンス、振り付けがはやり、
また学校でブームになり、誰もが挑戦したのですが……。

バク転が出来ないまま、おじさんになってしまいました。

《週刊SPA!1/12・19合併号》
《特集記事「40男が[秘めた夢]に挑戦してみた」》
《おっさんでも一時間あればバク転ができる!》
http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/spa-20160105-1022349/1.htm

この記事には食いつきました。

いや-、バク転教室「日本クリード体操部」
なんてところがあったんですね。

http://www.itabashi-taiso.com/%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%89/

記事によれば、
70歳の方も1時間でバク転に成功した
とあります。

そして運動神経なさそうな40代の記者も
なんと驚いたことにわずか40分でバク転に成功しています。

すごいなー。

《これまで70歳の老人や、120kgを越える関取まで
約7000人以上の会員をバク転成功に導いている。
しかも運動神経、身体の柔らかさなどは関係なく、
むしろ固い人のほうが成功しやすいぐらいなんだとか。》

体の使い方のほんのちょっとしたコツや
精神的な面が重要なんでしょうね。

もう年だからと制約を自らがかしてしまうと、
出来るものも出来なくなってしまう。
これはバク転に限らず、他のことでもそうなんでしょうね。

あきらめない、チャレンジする前向きな
精神が大切だと知らされた記事でした。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「花よりも 花を咲かせる土になれ」「駕籠(かご)に乗る人担(かつ)ぐ人 そのまた草鞋(わらじ)を作る人」。

昨日、たまたまつけたテレビで、 手帳の中身を見せて下さい との企画を放送していま …

「荷物は小さく軽く」。身軽にして、動きやすく。元祖ミニマリストの祖母の教え「人生の荷物も小さく軽くが良し」。

東京のお盆は過ぎてしまいました。 母が亡くなった祖母のことについて、 語るとはな …

年をとればとるほど歴史を知りたくなる。世界史の勉強を始めた友達。「世界史20話プロジェクト」。

絶え間なく揺れ動く世界情勢。 今の世界の動きを深く知るには、 世界史の知識が欠か …

50の坂。60,70、80と坂はどんどん急になる。坂を越えると2から3年はすっといく。

人生を坂に例えることがよくあります。 有名なのは徳川家康が言ったとされる 「人生 …

あの吉野家が野菜だらけの「ベジ丼」を発売。野菜11種類170グラム。

毎年、春から3ヶ月ほど通っている取引先。 若い人が多いので、お昼に吉野家などの …

新型栄養失調、食欲不振、フレイル(衰弱)防止のために、栄養士から勧められた意外な食品とは?

3食食べているのに栄養不足。 高齢者の7人に1人が新型栄養失調なんだそう。 高齢 …

アルツハイマー病の予防効果があるMIND食って何? アメリカの研究チームが発表。

認知症予防にカレーが良い、 ココナッツオイルがよい などと言われています。 認知 …

高齢の独り身男性が毎日愛用し、栄養不良を解消した魔法の道具は、ホットプレート。

母の知人の高齢の女性。 一人暮らしです。 去年、体調が悪く病院に行ったところ、 …

体重別運賃導入? ウズベキスタン航空が、乗客の体重測定を開始。

航空会社。 夏休みに利用し、海外から帰国する時、 お土産を買いすぎて、荷物が重量 …

高齢の知合いが定期的に利用している意外な場所とその利用法とは。

先日、高齢の知合いの方と話す機会がありました。 その方がふだん定期的に利用してい …