亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

占いとの付き合い方。ずっと自分の九星を勘違いしていた知合い。

      2016/03/11

あなたの九星は何ですか?

と聞かれてもと戸惑う方も多いことでしょう。
自分もそうです。

一白水星(いっぱくすいせい)、四緑木星(しろくもくせい)という、
人の生年をもとに、9つに分類し、運勢を占うというものです。

高齢の知合いがいるのですが、
つい最近、大変なことに気付いたのだそう。

若い頃に、知合いから紹介された占いの先生に、
運勢についてみてもらった時、
「八白土星(はっぱくどせい)」で、あなたの
方角は……、色は……、そしてこれからの運勢は……
と言葉をいただいたそう。

以後、その人でなく、他の人や本、雑誌で運勢を見るときも、
この「八白土星(はっぱくどせい)」の項目を見て、
生きる指針にしていたのです。

ところが、最近、家のリフォームを行うにあたり、
昔とは別の方位、九星、風水に詳しいという人に、
リフォームの時期、基準となる色などを相談したそう。

そこで改めて、ご自身とご家族の生年月日、
家の間取りなどを示したところ、
その方は、「五黄土星(ごおうどせい)」であった
ことが判明したとのこと。

自分の色、ものを置く場所やら、
奥さんや子どもさんなどとの相性なども、
以前の「八白土星(はっぱくどせい)」で
考えていたのに、全く違っていたと。

そこではたと目覚めたんだそう。

今度の先生のことも、頼んだ手前、
聞いて受け入れるけれど、それはあくまでも
単なるアドバイス。

それによって人生がうんぬんと考えるのはよそうと。

これまで基準が違っていても、
大きな問題なく過ごせたではないかと。

自分も星占い、九星気学、手相などは、
余り関心がなく、友達や知合いから
いろいろと教えてもらい、アドバイスを
いただくことがあります。

軽い気持ちで聞きはしますが、
真剣にその言葉で何かを決めたり、
任せたりすることはありません。

おそらく多くの方も、占いとは、
その程度の付き合い方だと思うのですけれど、
今回の知合いの話を聞き、その思いを強くした次第です。

そうそう今年は、血液型Bで、牡牛座、
さらに「三碧木星(さんぺきもくせい)」の方は、
4月から運勢、特に恋愛運、金運がずーっと良くなるそうですよ。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

朗読した後は声と言葉が出やすくなる。魚住式スピーチメソッド。知合いの通訳が仕事前に実行する、あることとは?

日本テレビの元アナウンサーの魚住りえさん。 声、話し方の本を出されており、話題に …

自分の記憶を信じない。仕組みでカバーする。

先日、新聞に全面広告で掲載された 2017年9月5日発売のロッテの 「記憶力を維 …

炊飯器のご飯。どこが一番美味しい? 羽釜を使いおくどさんで炊いた銀シャリの美味さ。ご先祖様への感謝の心。

この6月末から7月ころは、 電気炊飯器の新製品が発売される時期なんだそう。 梅雨 …

ゴミ屋敷寸前の知人の窮状を救った、友達のアドバイスとは?

知合いの年配の女性。 一人暮らしをしています。 悩みは部屋がモノで一杯なこと。 …

「花は咲いているけれど、見る人の心のありようで、見えたり見えなかったりする」。いつも通る店の藤の花に気付かなかった自分。

先日、母と近所を歩いていたら、 母が「もう藤が咲いている」と言いました。 藤には …

「子宝婚」って? 授かり婚。でき婚。出来ちゃった結婚。ダブルハッピー。

女優・武井咲さんとEXILEのTAKAHIROさんが結婚。 武井さんは妊娠3カ月 …

「体は柔らかい? 体が硬いと心も硬くなるよ」とストレッチを勧めてくれた70前の知合い。脚は180度開いて、おでこが床にぺたり。

70歳前の知合いに会いました。 元気で話すスピードも速くて圧倒されました。 握手 …

使い尽くして、ボールパンの替え芯を買う喜び。携帯電話の故障受付終了に感じる悲しみ。

5年以上使い続けた携帯電話の調子が悪くなりました。 慣れ親しんでいるので、修理し …

「使えるときに使っておかないと、年を取ると使えなくなるよ」。高齢の知合いがお金を使い始めた訳。

80歳過ぎの知合いが、 最近、急にお金を使い始めたそうです。 例えば、これまでど …

知人が実家を整理して見つけた小中高時代の作文、卒業文集。そこに書かれていた将来の夢は?  

スポーツ選手、芸能人、文化人など、 何かをなしとげ、知られるようになると、 きま …