亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「咢堂が雄弁は真珠玉を盤上に転じ、木堂が演説は霜夜に松籟を聞く」とは?

   

2015年4月28日、読売新聞の編集手帳。

同紙に掲載された小学4年生の
「右側が見えづらい私の弟」との詩を紹介し、
東京都北区区議選で当選した「筆談ホステス」
斉藤里恵さんが現在の公選法では、区議選で
選挙用ビラを配れず思いを伝えることに苦労した
として、今の選挙制度は障害を持つ人の不自由に
応える制度になっていない旨、述べています。

その後に、次の評言を掲げています。

《咢堂が雄弁は真珠玉を盤上に転じ、
木堂が演説は霜夜に松籟を聴く》。

咢堂(がくどう)とは、憲政の神様と言われた
尾崎行雄の号。
また木堂(もくどう)は、後に総理大臣となり、
五・一五事件で暗殺された犬養毅の号です。

ともに議会の子として活躍、その演説の巧みさに
定評がありました。

上は、両者の演説の違いを、東京朝日新聞の記者
中野正剛が評したものです。

真珠玉は、文字通り、真珠の珠のこと。
盤上(ばんじょう)で碁盤や将棋盤などの上のこと。
霜夜(そうや)は、空が晴れて霜の降りる寒い夜のこと。
松籟(しょうらい)は、松の梢(こずえ)に吹く風やその音のことです。

なお松籟は、松韻、松濤、松風とも。
さらに、茶の湯の世界では、茶釜の湯が煮えたぎる音を
指してこのように言います。
(湯の相について千利休は、「蚯音(きゅうおん)」「蟹眼(かいがん)」
「連珠(れんじゅ)」「魚目(ぎょもく)」「松風(しょうふう)」
と五つを示し、「松風」をよしとしたとされています。
また茶道の世界では、三音という言葉があります。
これは釜の蓋をずらす音、茶筅通しの音、茶碗に茶杓をあてる音以外に
音を立てないのを理想とするというもの。なお音については異説もあります)。

すなわち、尾崎咢堂の演説は、真珠のころがる涼やかな音色のよう。
犬養毅のそれは、松の梢に吹く風の音のようということになります。

編集手帳は最後に、《前進から絞り出したその人の声よりも
胸に迫る真珠玉や松籟があるとは思わない》と締めています。

たまに見る国会中継。
人を動かし、説得しようとする言論、演説が
今の国会にあるのか、本当に寂しくなります。

国会議員は国民=有権者の鏡。
国会に見事な演説はないということは、
有権者、メディアにも、言葉・言論で
人を動かすことはない
ということなのかもしれません。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「大人に刺さる園児の名言」「見てる、知ってる、考えてる」。その年でないと出来ない表現。

先日、新聞の書籍広告に が出ていました。 タイトル通り、子どもが語った 大人が感 …

昔の映画パンフレットが大量に。内容はともかく、見たことすら記憶にない映画がいくつも。自分の記憶に危機感。

部屋の掃除・片づけをしていたら、 大量の映画パンフレット、 プログラムが出てきま …

退職金を使ってリフォーム。掃除不要のバスタブ、換気扇に奥さん大満足。

定年退職して退職金をもらった知合い(男性)。 子供部屋をリフォームして、 趣味の …

「温活」継続中。1年前に較べ体温が上がり調子よし。白湯、スクワット、ルームシューズ。末端温め。

丁度1年前、体温を久しぶりに測ったところ、 若い時に較べ、かなり低くなっており、 …

小説は短編に限るという年配の知合い。毎夜、1話ずつ短編を読む。掌編小説、ショートショート。

自分もそうなのですが、 年齢を重ねると、 集中力が持続しづらくなります。 このた …

自民党税調。国税をクレジットカードで支払えるようにする方針。税金のクレジットカード払い。

自民党の税制調査会は、来年度(2016年度)の税制改正に、 国税のクレジット決済 …

高齢の知人がベッドから転落して、骨折。転落防止。

あなたが寝ているのはベッドですか、 それとも布団ですか? 高齢者の方も、布団の上 …

2015年ノーベル医学生理学賞受賞、大村智さんのお母さんの日記に記していた言葉。

2015年ノーベル医学生理学賞を 受賞された大村智さん。 受賞された時に、その語 …

お母さんが亡くなった知合いがお寺から渡された紙を見て、考えたこととは?

親しい取引先の方が、 新年早々、お母様を亡くされました。 取引先は東京住まい。 …

ユナイテッド航空の日本国内の特典航空券が2015年6月2日から片道5000マイルから利用できるように。これまでの半分。

マイレージ制度。 このところずっとせちがらくなって、 利用者にとっては、「改悪」 …