亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「咢堂が雄弁は真珠玉を盤上に転じ、木堂が演説は霜夜に松籟を聞く」とは?

   

2015年4月28日、読売新聞の編集手帳。

同紙に掲載された小学4年生の
「右側が見えづらい私の弟」との詩を紹介し、
東京都北区区議選で当選した「筆談ホステス」
斉藤里恵さんが現在の公選法では、区議選で
選挙用ビラを配れず思いを伝えることに苦労した
として、今の選挙制度は障害を持つ人の不自由に
応える制度になっていない旨、述べています。

その後に、次の評言を掲げています。

《咢堂が雄弁は真珠玉を盤上に転じ、
木堂が演説は霜夜に松籟を聴く》。

咢堂(がくどう)とは、憲政の神様と言われた
尾崎行雄の号。
また木堂(もくどう)は、後に総理大臣となり、
五・一五事件で暗殺された犬養毅の号です。

ともに議会の子として活躍、その演説の巧みさに
定評がありました。

上は、両者の演説の違いを、東京朝日新聞の記者
中野正剛が評したものです。

真珠玉は、文字通り、真珠の珠のこと。
盤上(ばんじょう)で碁盤や将棋盤などの上のこと。
霜夜(そうや)は、空が晴れて霜の降りる寒い夜のこと。
松籟(しょうらい)は、松の梢(こずえ)に吹く風やその音のことです。

なお松籟は、松韻、松濤、松風とも。
さらに、茶の湯の世界では、茶釜の湯が煮えたぎる音を
指してこのように言います。
(湯の相について千利休は、「蚯音(きゅうおん)」「蟹眼(かいがん)」
「連珠(れんじゅ)」「魚目(ぎょもく)」「松風(しょうふう)」
と五つを示し、「松風」をよしとしたとされています。
また茶道の世界では、三音という言葉があります。
これは釜の蓋をずらす音、茶筅通しの音、茶碗に茶杓をあてる音以外に
音を立てないのを理想とするというもの。なお音については異説もあります)。

すなわち、尾崎咢堂の演説は、真珠のころがる涼やかな音色のよう。
犬養毅のそれは、松の梢に吹く風の音のようということになります。

編集手帳は最後に、《前進から絞り出したその人の声よりも
胸に迫る真珠玉や松籟があるとは思わない》と締めています。

たまに見る国会中継。
人を動かし、説得しようとする言論、演説が
今の国会にあるのか、本当に寂しくなります。

国会議員は国民=有権者の鏡。
国会に見事な演説はないということは、
有権者、メディアにも、言葉・言論で
人を動かすことはない
ということなのかもしれません。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ちょっとした手助けに、シルバー人材センターの利用。わずかな金銭的負担で生活が楽になったと知合いの高齢者。

電球の付け替え、掛け時計の電池交換、 敗れた網戸の張り替え、いらなくなった 鉢植 …

大人の修学旅行をした写真を年賀状にして送ってきた知合い。

あなたの小中高の時の 修学旅行先は、 どちらでしたか? こんな問いかけをしたのは …

Google Search Consoleから《ページにユーザー作成の JavaScript がある(重大な問題)》とのメールが。対処・修正方法。

2017年8月9日、 Google Search Consoleからメールが。 …

靴のトラブルで自分の歩き方の悪い癖がわかる。

先日、毎日のようにはいていた ウォーキングシューズの右側の前の 部分がはがれたと …

「人生は洗濯だ」。「え、選択じゃなくて洗濯?」。その意味するところは? 命、心を洗濯する。

わが家では、未だに80歳を過ぎた母が、 家族の洗濯を行っています。 いっても全自 …

年を取ってあきらめることもある。しかし今、楽しめることを見つければよい。高齢の二人に教わったこと。

この数日、年配の方に続けてお会いしました。 色々話したなかで、一つ共通していたこ …

古希の祝い。記念の同窓会の人たちの会話を聞いて。

出張先で、ある中学の同窓会の方々が、 記念撮影を行っていました。 撮影が終わった …

防災食品をチェック。5年保存のミルクビスケット、飲料水を見て年月の経つ早さを知る。

まもなく9月1日、防災の日ですね。 この日、前後に、テレビ、新聞・雑誌などで、 …

パラダイス文書。タックスヘイブン(租税回避地)と「税金の楽園」。ヘイブンはhavenでheavenではない。

マドンナやエリザベス女王などの名前が 登場し、大きな話題になっているのが、 「パ …

医者からダイエットを勧められた友人。蒸し大豆と蒸し小豆で減量中。

先日も少し書いたのですけれど、 友人が健康診断を受けたら、 糖尿病予備軍(生活習 …