亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

6月15日は弘法大師の誕生日。行事は?

   

落語家の桂ざこばさん。

1947年9月21日生まれ、
本名は、関口弘(ひろむ)さんです。

弘法大師に由来した名前なんだそうです。

なぜだかおわかりですか?

毎月21日は弘法市。
そう空海=弘法大師の月命日なんですね。

21日、弘法市の日に生まれたことから
弘という名前をつけたそうです。

この日は「縁日」。
神仏がこの世と「縁」を持つ日。
この日に参詣すると大きな功得があるとされています。

京都の東寺では、空海入寂の3月21日を期して、
毎月21日に、御影堂で御影供が行われています。
(当初は年1回。1239年以降は毎月)

では弘法大師の誕生日は?

釈迦の生まれた日は、4月8日。
「灌仏会(かんぶつえ)」=花祭りが行われます。
お寺では花で飾った御堂を作り、その中に釈迦の
誕生仏を安置して甘茶をそそぎかけて供養します。

弘法大師は宝亀5年・774年6月15日に生まれました。

(亡くなられたのは 承和2年・835年3月21日)。

余り知られていませんが、この6月15日に、
高野山では「青葉まつり」が開かれています。

また生誕の地である善通寺では、
弘法大師御誕生会が行われ、お大師市が開かれます。
http://www.zentsuji.com/annual_event/

ちなみに6月15日は、中国密教の大成者である
不空三蔵の入滅(にゅうめつ)の日(亡くなられた日)であり、
弘法大師は不空三蔵の生まれ変わりと言われているそうです。
(ちなみに、日本語の月曜、火曜などの曜日の名前は
不空三蔵の著書に由来する)

これには偉人に必ずある、誕生の秘話があります。
弘法大師の父上と母上は、
「天竺(インド)のお坊さんが紫色に輝く雲に乗って、
母上のふところに入られる」という夢を同時にみた後に、
真魚(後の空海、弘法大師)が生れたのだそう。

http://www.koyasan.or.jp/shingonshu/kobodaishi.html

空海は、遣唐使として唐に渡り、恵果に学び、
密教の秘儀を日本に持ち帰ります。

その恵果の師は、不空三蔵。
不空三蔵は、死の床で恵果を呼び、
次のような遺言を述べたというのです。

「自分はまもなく死ぬ。おまえには金・胎両部の秘法を伝えた。
けれど密教は唐では、やがて滅ぶ。自分は東の国に密教を伝えたい。
自分は東の国へ生まれ変わり、お前に再び巡り会い、弟子となる」

恵果は、師の言葉を信じて、未来の弟子を待っていたのです。

空海は、30年後、唐に渡ってきて、
恵果の弟子になったのでした。

数ある弟子をさしおいて、密教の後継者となった空海。
わずか2ヶ月ほどの間に、金・胎両部の秘法を授かりました。

すべてを伝え終えた恵果は
その年の12月にこの世を去るのですが、
(746年生まれ。永貞元年12月15日・806年1月12日没)
その臨終の席で、今度は空海に次のように告げます。

「師弟の関係は永遠である。お前は、日本に帰り密教を広めなさい。
自分は先に日本に生まれ変わり、今度はお前の弟子となる」。

恵果は、日本で生まれ変わり、覚鑁(かくばん)と言う
空海の孫弟子になったのでした。
(嘉保2年6月17日・1095年7月21日生まれ。
康治2年12月12日・1144年1月18日没)

覚鑁(興教大師)は真言密教中興の祖と言われています。
この生まれ変わりに関しては、
上の恵果の遺言の他に
次のような話が伝えられています。

覚鑁上人に帰依していた鳥羽上皇。
ある夜、恵果阿闍梨の夢を見たのですが、
その姿形は、覚鑁と瓜二つだったのでした。

上皇はそれに驚き、以後より深く、
信仰をするに至ったのです。

信仰心のない自分ですが、
こうした連綿と法灯が続くストーリーは
なかなか興味深いものがあります。

〇法灯
大日如来→金剛薩埵(こんごうさった)→竜猛(りゅうもう)
→竜智(りゅうち)→金剛智(こんごうち):中国に渡り密教を広める。
→不空三蔵→恵果→空海

〇弘法大師は、入滅ではなく、「入定」。
これは生きて禅定の修行に入っている状態。

このため、現在も、生きているとして、毎日朝と昼前に、
奥之院に食べ物を運んでいるそうです。(生身供しょょうじんぐ)
また3月21日には御衣替(おころもがえ)として、衣服が替えられる。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

杏ジャムの思い出。都議選の投票会場の小学校で思い出す。ペンション特製の杏ジャム。

東京都都議選。 2017年7月2日に行なわれました。 その投票会場になっていたの …

ストレッチ、柔軟体操はいつする? 冬の体操、ウォーキングは室内で体を温めてから。

健康のため、毎日、運動を していらっしゃる方、多いと思います。 知合いの高齢者の …

アルツハイマー病の予防効果があるMIND食って何? アメリカの研究チームが発表。

認知症予防にカレーが良い、 ココナッツオイルがよい などと言われています。 認知 …

実家の巨大な仏壇・仏具を整理した知合い。純金のおりんの価値を知る。

実家の家を整理する「親家片(おやかた)」が 話題になっていますね。 知合いに何人 …

年寄りは年寄りが嫌い。年寄りが出ているテレビ番組を見ていると、変えろという母。

朝や昼など、食事をとりながら、 母とテレビを見ることが結構あります。 その時、大 …

昔は世話が大変だったぬか漬け。知合いが始めたのは、冷蔵庫で作るぬか漬け、ヨーグルト漬け。

ぬか漬け。 お好きな方、多いのでは? 近所の知合いは、お姑さんが、戦争中、 避難 …

ほうれん草と小松菜。食べるなら小松菜。ほうれん草と一緒に食べてはいけないのは何? 骨粗鬆症予防の食べ合わせ。

小松菜、お好きですか? 嫌いというほどではないのですが、 ほうれん草と小松菜の2 …

某女優さんが、生産している超高級イチゴ。生産拡大のために投資を募っていますとの勧誘電話。

2015年は下二桁が「15」で「イチゴ」と読めるとして、 なんだか「イチゴ」に関 …

70年以上、食べられなかった鶏肉を食べ始めた母。人は何歳になっても意識を変えれば、変われる。

多くの人には、食べ物の好き嫌いありますね。 自分は、納豆が苦手です。 食べられな …

きゅうりの酢の物の季節がやってきた。「春苦味、夏は酢の物、秋辛味、冬は油と合点して食え」。

夕方、食卓についたら、 すでに食事を終えた母から、 「冷蔵庫にキュウリの酢の物が …