亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

感謝しながらものを捨てる。使わない捨てるものも綺麗にの精神。近藤麻理恵さん、「TIME」の「世界の100人」選抜に思う。

   

すでに2週間ほど前の話題となります。

2015年4月16日、アメリカの雑誌TIMEで、
毎年、恒例となっている
「世界で最も影響力のある100人」が
発表されました。

日本人では、作家の村上春樹さん。
そして片づけコンサルタントの
近藤麻理恵さんが選ばれました。

近藤さんは、「芸術家」部門での選抜。

彼女は2011年にサンマーク出版から、
著書「人生がときめく片づけの魔法」を出版。

そして2014年10月には、英語版がアメリカ、カナダで出版され、
30万部を超えるベストセラーになっていることが
評価されて選ばれたようです。

さらにおよそ30カ国での翻訳出版が
決まっているとのこと。
すごいですねー。

近藤さんの著書が外国の人に受けた理由を、
次のように分析していた記事がありました。

触ったときに「ときめき」を感じるものだけを残す。
「今までありがとう」と感謝しながらものを捨てたりする
考え方が、外国の読者には新鮮にうつったようと。

「ときめき」が物を残すか捨てるかの基準というのは、
近藤さんの新しい考え方でこれは、日本人にとっても
新鮮であったと思います。

二番目の、感謝しながらものを捨てるというのは、
日本人なら、「わかる」「そうそう」という感覚ではないでしょうか。

以前、別のブログでも書いたのですが、
自分は、祖母・母から、これまで長い間、使ってきたものを
捨てる時には、これまで役に立ってくれたことを感謝して、
ゴミ箱に入れなさいと教わりました。

例えば、古くなった靴下を捨てる前には、
「どうもありがとうございます」と言ってから、
捨てるようにしています。
(祖母に言わせれば、それでは十分ではない。
穴が空いたり、変色しただけの靴下はまだ物としての
価値をまっとうしていない。ぞうきんにしたり、
切り取って余分な汚れや油をふきとるウェスにするなどして、
寿命を満たしてから、捨てなさいと言うでしょうが)

近藤さんの著書とは別に、あるとき、外国人に
日本人の物に対する考え方を示したときも
とても驚かれました。

それは、長年使った冷蔵庫がもう修理もできず、
処分しなくてはならなくなった時、その家の
主婦が、処分する前に、冷蔵庫の中、そして
外を「これまでどうもありがとう」とお礼を
言いながら、綺麗に掃除し、ぴかぴかに磨いてから、
業者に渡したというエピソードです。

「これから捨てるものなのになぜ、綺麗にする?」

聞いた外国人はそう疑問をいだきました。
日本人のあなたはどうですか?
主婦の方の気持ちがわかるのではないでしょうか。

日本では昔から、長い間、大事に使ったものには、
「付喪神(つくもがみ)」と呼ばれる神が宿る
と信じられていました。

物が単なる物ではなく、そこに霊魂が宿ると考えられたのですね。

また日本では、現在も人形や針などを供養する
「人形供養」「針供養」という行事が
毎年、行われています。

命、霊魂あるものを捨てる際には、
こうした「儀式」が必要となります。

それが、日本人の精神の中にある、
物を綺麗にすることだったり、
感謝の言葉を捧げる
ということではないでしょうか。

近藤麻理恵さんが「世界の100人」に選ばれた
とのニュースを知り、以上のようなことを考えました。

関連エントリー
《人生やり残しリスト》
新幹線300系に「ありがとう」と感謝の装飾。物には魂が宿る。もの供養。

〇付喪神
《挿絵とあらすじで楽しむお伽草子 第5話 付喪神(つくもがみ)》
http://edb.kulib.kyoto-u.ac.jp/exhibit/otogi/tsukumo/tsukumo.html

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

土人は差別語なのか? 大阪府警の警察官の発言を巡って。

沖縄県でアメリカ軍北部訓練場の 警備にあたっていた警察官が、 「土人」などと発言 …

かつて学校一将棋が強かった同級生。今は小学生にひねられる。

今、14歳の藤井聡太4段が 大きな話題になっていますね。 特製ファイルは即時完売 …

92歳の女性、マラソンを完走。女性の最高齢。マラソン開始は76歳から。いくつになってもできる。

毎日、ウォーキングを続けています。 それで体重を減らし、ランニングを始め、 最終 …

あなたの靴下は膝下までありますか? 膝下靴下をはき始めて、足元が暖かくなったと知人。意外に多い男性の脚のむくみ、冷え症。 

あなたの靴下の長さはどれくらいですか? かかとくらいまでの若者は別にして、 多く …

口笛を覚えたのはいつですか? 口笛研究家・福井大学准教授の森幹男さん、原理を解明。

口笛を吹けるようになったのは 何歳のときですか? 昔は、年齢に関係なく、近所の年 …

結婚式、披露宴、パーティーなどで、無くなったブーケトス。かわりに始まったのがブロッコリートス。起源は? その意味。

ここ最近、お葬式には出席するものの、 おめでたい結婚式・結婚披露宴に招待されませ …

「頭の体操」の著者、心理学者の多湖輝さん、亡くなる。いつまでも頭を柔軟に。高齢者ほど都心で生活。

2016年3月6日に、 心理学者の多湖輝さんが亡くなられました。 90歳。 多湖 …

生前形見分けをし始めた知合い。甥っ子、姪っ子たち若者に引き取られる。知人が感激したメールは……。

形見分けというのは、 本人が亡くなった後、遺品を遺族、 親戚などが分け合うという …

1日10分余分に身体を動かす「プラス10運動」で生活習慣病を予防。

母が病院に行って、先生から、 健康情報についていろいろ聞いてきました。 (パンフ …

長崎ちゃんぽん、麺抜き。「野菜たっぷり 食べるスープ」をリンガーハットが発売。糖質制限ブームの影響?

小さいころ、そばやさんに行った時、 年配のおじいさんが、みそをなめながら、 日本 …