亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

感謝しながらものを捨てる。使わない捨てるものも綺麗にの精神。近藤麻理恵さん、「TIME」の「世界の100人」選抜に思う。

   

すでに2週間ほど前の話題となります。

2015年4月16日、アメリカの雑誌TIMEで、
毎年、恒例となっている
「世界で最も影響力のある100人」が
発表されました。

日本人では、作家の村上春樹さん。
そして片づけコンサルタントの
近藤麻理恵さんが選ばれました。

近藤さんは、「芸術家」部門での選抜。

彼女は2011年にサンマーク出版から、
著書「人生がときめく片づけの魔法」を出版。

そして2014年10月には、英語版がアメリカ、カナダで出版され、
30万部を超えるベストセラーになっていることが
評価されて選ばれたようです。

さらにおよそ30カ国での翻訳出版が
決まっているとのこと。
すごいですねー。

近藤さんの著書が外国の人に受けた理由を、
次のように分析していた記事がありました。

触ったときに「ときめき」を感じるものだけを残す。
「今までありがとう」と感謝しながらものを捨てたりする
考え方が、外国の読者には新鮮にうつったようと。

「ときめき」が物を残すか捨てるかの基準というのは、
近藤さんの新しい考え方でこれは、日本人にとっても
新鮮であったと思います。

二番目の、感謝しながらものを捨てるというのは、
日本人なら、「わかる」「そうそう」という感覚ではないでしょうか。

以前、別のブログでも書いたのですが、
自分は、祖母・母から、これまで長い間、使ってきたものを
捨てる時には、これまで役に立ってくれたことを感謝して、
ゴミ箱に入れなさいと教わりました。

例えば、古くなった靴下を捨てる前には、
「どうもありがとうございます」と言ってから、
捨てるようにしています。
(祖母に言わせれば、それでは十分ではない。
穴が空いたり、変色しただけの靴下はまだ物としての
価値をまっとうしていない。ぞうきんにしたり、
切り取って余分な汚れや油をふきとるウェスにするなどして、
寿命を満たしてから、捨てなさいと言うでしょうが)

近藤さんの著書とは別に、あるとき、外国人に
日本人の物に対する考え方を示したときも
とても驚かれました。

それは、長年使った冷蔵庫がもう修理もできず、
処分しなくてはならなくなった時、その家の
主婦が、処分する前に、冷蔵庫の中、そして
外を「これまでどうもありがとう」とお礼を
言いながら、綺麗に掃除し、ぴかぴかに磨いてから、
業者に渡したというエピソードです。

「これから捨てるものなのになぜ、綺麗にする?」

聞いた外国人はそう疑問をいだきました。
日本人のあなたはどうですか?
主婦の方の気持ちがわかるのではないでしょうか。

日本では昔から、長い間、大事に使ったものには、
「付喪神(つくもがみ)」と呼ばれる神が宿る
と信じられていました。

物が単なる物ではなく、そこに霊魂が宿ると考えられたのですね。

また日本では、現在も人形や針などを供養する
「人形供養」「針供養」という行事が
毎年、行われています。

命、霊魂あるものを捨てる際には、
こうした「儀式」が必要となります。

それが、日本人の精神の中にある、
物を綺麗にすることだったり、
感謝の言葉を捧げる
ということではないでしょうか。

近藤麻理恵さんが「世界の100人」に選ばれた
とのニュースを知り、以上のようなことを考えました。

関連エントリー
《人生やり残しリスト》
新幹線300系に「ありがとう」と感謝の装飾。物には魂が宿る。もの供養。

〇付喪神
《挿絵とあらすじで楽しむお伽草子 第5話 付喪神(つくもがみ)》
http://edb.kulib.kyoto-u.ac.jp/exhibit/otogi/tsukumo/tsukumo.html

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

90歳の知合いにフラッシュモブの面白動画を教えられる。「…だから」をやめると人生、楽で楽しい。

昨日、90歳の知合いに会いました。 話している途中、相手の呼び出し音が鳴りました …

渋谷、宇田川遊歩道を歩くと、キンモクセイの香りが。蘇る記憶、思い出。

取引先での会議のため、渋谷駅から、 宇田川遊歩道を通ったら、 甘いけれど爽やかな …

「目習い」「目養い」。ものを習得し、極めるには、「手習い、目習い、耳習い」。

2015年11月16日の朝日新聞朝刊。 《Re ライフ》で、書道が特集されていま …

親の家を売る。相続して売るより、親自身が売る方が良いと聞き、準備を始めた知人の苦労。

これまで何度か実家の処分について書いてきました。 今回は、実家に一人暮らしする母 …

ジョギング好きの知合い、足底腱膜炎に。意外なところに原因。

同年代の知人は、もう何年も前から、 毎日ジョギングをしています。 久しぶりに先日 …

愛犬の知られざる性格を知って衝撃を受けた知り合い。

我が家では犬や猫など ペットを飼っていないのですが、 友達、知り合いの中では、 …

足、手のしもやけの予防法。生姜足湯、指湯、紫雲軟膏。意外に足は汗をかいている。

小学校の頃、冬の季節、 外で遊び回っていると 出来たのがしもやけ。 手の指、ひど …

高齢者は75歳からと日本老年医学会が見直し提言。「実年齢の8掛けの気分で暮らせ」と言った先輩。

先日、久しぶりにあった仕事関係の知合い。 もう取引先を退職して11年が過ぎ、 来 …

深交と親交。声帯を失うも奇跡的に復活した韓国テノール歌手のベー・チェチョルさんと日野原重明さんの関係。

韓国のテノール歌手ベー・チェチョルさん。 ご存じでしょうか? ヨーロッパでデビュ …

宮崎市の暴走事故。運転していた73歳の男性、認知症で通院。車庫入れ失敗、道がわからない。あなたにもそんな症状は?

宮崎市で2015年10月28日に起こった暴走事故。 2人の女性が亡くなられ、運転 …