亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

元横綱千代の富士の九重親方、膵臓がんで亡くなる。軽量、怪我を猛烈な稽古とトレーニングで克服した横綱の中の横綱。

   

元横綱・千代の富士関、九重親方が、
膵臓がんで、2016年7月31日亡くなられました。

61歳でした。

去年11月、北の湖前理事長が62歳で
亡くなった時にも感じたのですが、
昭和という時代が、どんどん遠くに
過ぎ去っていったような感覚に襲われました。

千代の富士関が現役の頃は、
まだ自分もよく大相撲を見ていた頃で、
節目節目の取組はすべて覚えています。

昭和56年の初場所、
北の湖関との優勝決定戦。
それに勝って初優勝。
場所後、大関に昇進しました。

昭和63年、九州場所の千秋楽で、
横綱・大乃国関に敗れ、53連勝で連勝ストップ。

さらに平成元年の名古屋場所での、
史上初の同部屋の横綱・北勝海関との
優勝決定戦を制しての優勝。

優勝後のお祝いで三女が
場所直前に亡くなっていたことを知りました。

また引退を決めた、平成3年夏場所での、
貴花田(現・貴乃花親方)との一番。

ご自身は、昭和55年11月場所で、
貴花田関の父親である貴ノ花関を破りました。
この時の相撲で貴ノ花関は、
引退を決意したと言われています。

父親を引退に追い込んだ自分が、
その息子に引退を決意させられる。
そんな因縁、ドラマを感じさせたものです。

会見の時の「体力の限界」と
絞り出したように出た言葉は、
今でも強く印象に残っています。

決して大きな体でなく、また肩の脱臼癖もありました。
そうした弱点を、厳しい稽古に加え、
1日500回以上の腕立て伏せ、腹筋などで鍛え上げ克服。

それまでの相撲のあり方を、千代の富士関が変えた
と行っても過言ではありません。

左前みつを取って、一気に前へ出て
押し切る相撲、強烈な上手投げ。

全盛期のスピード、力強さは、
見ている誰をも魅了し、うならせるものがありました。

31回優勝を重ねていますが、
30歳を超えてのそれが、19回というのも、
努力を重ねた千代の富士関らしい
見事な数字だと思います。

現役時代の活躍に加え、指導者となって、
大関・千代大海など多くの弟子を育てました。
その指導者としての資質も素晴しいものがありました。

わが家から自転車で10分ほどの距離にある九重部屋。
国技館はじめ、部屋の周囲でお見かけしたこともあります。

その時も「ウルフ」という愛称のまま、
精悍な顔つきと体で、お元気そうだったのに。

信じられぬ思いで一杯です。

ご冥福をお祈りします。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「平和は外から来ない。人の心の中から生まれる」。ダライ・ラマの言葉。

2015年6月27日、朝日新聞の「ひと」欄は、 ダライ・ラマのドキュメンタリー映 …

「一人の愚か者が池に投げ入れた石は十人(百人?)の賢者が集まっても取り返せない」。人として大切なこととは。

2015年10月22日、読売新聞の編集手帳で、 杭の強度を偽装していたマンション …

おひつじ座は追突事故を起こしやすいので注意! 愛知県警、星座別の交通事故データを発表。その狙いは?

あなたの星座は何座ですか? 自分の星座は答えられても、 誕生日を聞いて、すぐにそ …

林修先生、「山口県は多くの総理大臣を輩出している」は間違いと指摘。輩出、敷居が高い、確信犯。ごち。

「林先生が驚く初耳学!」という番組の、 2018年3月11日放送回で、今年1月に …

ジョギング好きの知合い、足底腱膜炎に。意外なところに原因。

同年代の知人は、もう何年も前から、 毎日ジョギングをしています。 久しぶりに先日 …

今まで包丁すら握ったことがない知合いから、鶏ハムと自家焙煎珈琲豆をもらった。自炊が寿命を延ばす?

以前、高齢者の世話をする専門家の方から お話を伺ったことがあります。 たくさんの …

現役時代、経費切り詰めのプロだった知合いが定期的に行っている生活の見直し。

定年になり、また年金生活になると、 現役時代より一般に収入が減ります。 最近は寿 …

昔、近所にあった石屋のおじさんの話。「人にも石目がある。それを読め」。

お盆の時期。 お墓参りに行かれた方も多いでしょう。 その際には、お墓を きれいに …

体が香りに染まるほど、食べていた松茸の思い出を語ってくれた祖母。

先日、百貨店の食品売り場に行ったら、 国産松茸が木箱の中に納められ 売られていま …

きゅうりの酢の物の季節がやってきた。「春苦味、夏は酢の物、秋辛味、冬は油と合点して食え」。

夕方、食卓についたら、 すでに食事を終えた母から、 「冷蔵庫にキュウリの酢の物が …