亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

食が細った高齢の知合い。悩んだ末に、お茶碗を変えたら……。

   

35度を超えるような暑さが続いています。
食欲が落ちて、何も口に入らない
なんて方も多いのではないでしょうか。

高齢の知合いは、年齢のせいもあり、
ずいぶん前から、かなり食が細くなった
と悩んでいたそう。

かかりつけのお医者さんからも、
ご飯でなくても、食べやすいものを、
もっと食べるようにと言われたそう。

朝は、ご飯をパンやシリアルに変えたり
などしたそうですが、食べる量は増えない。

あるとき、同年代の知合いに会って、
食が細くなってと悩みを打ち明けたら、
あるものを勧めてくれたと言います。

それは、内側が赤い茶碗。

軽量の強化磁器の美濃焼ですが、
ご飯を入れる茶碗の内側が赤いんだそう。

《おかるの気持ち》
http://www.asahi-kako.co.jp/product/okaru.html

それで食べると、これまでの内側が白い茶碗よりも、
食欲がわいて食べられるようになった気がすると。

また碗の内側が細かい凹凸面にしているので、
ごはんがくっつきにくくなっていて、
食べやすいのも特徴。

手先が不器用になってきて、
ご飯もとりにくくなっているので、
くっつきにくいというのは、ストレスがなく、
大きな利点だといいます。

軽くて丈夫なので、洗ったり、
しまったりするときも、
気を遣わずにすむとも。

という訳で、その言葉を信じ、
お茶碗を変え、さらに他の食器も
変えた所、気分が変わったのか、
少しずつですが、食べる量が増えたとか。

たかが茶碗・食器ですが、
こんなにも違いがでるんですね。

お茶碗、お箸などは長年使い続けるものだけに、
若い時と同じものをずっと使い続けている方は多いはず。

けれど視力も筋力も弱った高齢者は、
現在の自分によりふさわしいものを使ったほうが
いいのかもしれませんね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

間違うと恥ずかしい日本語。台東区、茨城県、凡例、月極、役不足、図示。上には上が「いる」?「ある」?

先日、母と雑談していて、 「台東区」の話題になりました。 母は、台東区を「だいと …

選挙権あるんだから、酒・たばこ、さらに競馬も18歳解禁へ。自民党が成人年齢引き下げを提言。

選挙権。 18歳からに改正されました。 これに伴って、酒・たばこ、さらに競馬・競 …

ロンドン近郊、ガトウイック空港近くに大規模油田を発見。

驚きました。 ロンドン郊外のガトウイック空港。 中心部から南におよそ45キロ。 …

外出先での災害に備えていますか? 用意周到な知人に学ぶ。

9月1日の防災の日は過ぎました。 足りないものを補充されましたか? 家だけでなく …

2月6日は海苔の日。海外在住の友人たちの日本食への思い。一枚の海苔が教えてくれたこと。

2月6日は海苔の日だそう。 http://www.zennori.or.jp/d …

読書から遠のいていた理由は、照明だった。高齢の知人がLED付きルーペから読書灯にめざめる。

読書好きの年配の知合いがいます。 けれどずいぶん前から、それまでに比べ、 目が疲 …

日本一の鰻屋さんはどこにある? 大昔、自分も行っていたが……。あてにならない記憶。

昨日、鎌倉のお店で友達と食事をしました。 イタリアンを食べながら、 最近食べた美 …

「ウイスキーは、人間社会に似ている」。日本人初のウイスキー殿堂入りの輿水精一さん。

「マッサン」ですっかりブームとなったウイスキー。 マッサンがブレンドをする姿で、 …

山用の下着を日常で使ったら、冬の寒さ知らず。汗も吸って、防臭効果も。知人のお勧め。

東京。 数日前から急に寒くなりましたね。 恥ずかしながら、上下に長袖の防寒下着を …

「花の司の牡丹でさえも 冬は菰着て 春を待つ」。辛抱して待てば、いつかよい日が来る。

俳優・歌手の梅沢富美男さんが、 毎日新聞の「私だけの東京」に登場しています。 毎 …