亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「転ばぬ先の杖」。母が杖がほしいと希望したので、買ったら、進歩に驚く。

   

先日、母が急に、
「なんだか足下が不安になったので、
『転ばぬ先の杖』の言葉通り、杖がほしい」
と言い出しました。

買い物や散歩に出かけた時に、
ちょっとしたところによろめいて、
転倒しそうになり、心配になったよう。

家には、実は杖があります。
祖父が使っていた紳士用の杖です。

英国紳士が使うようなステッキで、
種類はわかりませんが、
茶色の木製のものです。

しかしデザインが男性用だし、
長さも母には合いません。
使うと逆に不安定になりそう。

そこで、本人をつれて、デパートに。
そしたら売り場には、
母と同じ年代の女性が何人も。

皆さん、杖を品定めしているようで、
売り場の店員さんが総出で応対していました。

その間、売り場を眺め、目星をつけました。
種類、色、長さなど、何十本も壁に
ディスプレイされていて、
こんなにあるのかとびっくり。

まず気づいたのは、
長さが調節できるタイプが
ほとんどだということ。

身長や歩き方また用途によって、
細かく長さが調節できるのです。

続いては持ち手。
家のそれは、J字形でしたが、
今のそれはT字形がほとんどで、
太さも複数あり、表面も加工されて、
持ちやすく、滑りにくくなっています。

3つめは杖の先のゴム。

家にあったのは、先に何もついていないタイプでしたが、
売り場にあったものには、すべて先にゴム製のクッションが
ついていました。

衝撃をやわらげるとともに、
滑り防止また杖の先の保護を兼ねているよう。

さらにその中の一つは、杖を斜めについても、
対応してくれるタイプでした。
(それを購入)

通常のゴム製のクッションは、斜めにつくと、
滑ってしまいますが、その製品のクッションは、
蛇腹のようになっていて、斜めについても、
しっかりと地面をとらえ、滑らないようになっています。

ほかにも3点また4点支持で手を離しても、
自立するタイプのもの、さらにバネなどが内蔵され、
衝撃を吸収する装置がついているものも。

構造・素材については、中が空洞で
金属製のものがほとんど。
そのため、木製のものより、
ずいぶん軽量でかなり丈夫なよう。

知らない間に、杖もいろいろと進化しているようです。

店員さんは、高齢者が増えたせいか、
ここ最近、買い求める人が増えたため、
メーカーも増え、製品も改良が進んでいると。

またウォーキング、登山などで使うストックを、
街歩きにも使う人も増えているそう。

それらは、スポーツ用なので、
軽かったり、機能性が高いため、
その技術が、高齢者用の杖にも
取り入れられているとのこと。

さらに今後も、新たな杖が開発され、
販売されていくのかもしれませんね。

斜めについても対応できる杖を購入しました。
包んでもらわないで、買って即、売り場から
杖を使い始めた母。

行きとは全く違ったスピードで、
すたすたと先を行く母。

杖だけでこんなに変わるモノなんですね。

以後、杖は外出に欠かせない存在になりました。

「やはり杖があると安心で、安定する」
とのことで、外出が増えました。

〇後からつけられる先ゴム。いろいろな種類があります。
《杖先ゴム(クラッチ用先ゴム)のご案内》
http://www.y-create.jp/gumtip.html

〇先ゴムは消耗品。靴底と同じで、
定期的な点検、交換が必要なようです。

〇12月12日は「杖の日」。
申請者は、「健康維持にイチニ・イチニと杖を使って
一歩一歩確実に、転ばぬ先の杖として毎日安全に
歩いていただくために『杖の日』を申請した」とのこと。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「今日はこれが思い出せなかった」ノートをつける知合い。何かを思い出せない時、どうしてますか?

若い方には無縁な話かもしれません。 年を取ると、「こんなことがなぜ?」 と思うよ …

「重要通知」と言う件名で、セゾンカードのNetアンサーのフィッシング詐欺メールが来た。

2015年12月9日、メールをチェックしていたら、 「重要通知」という件名のメー …

養老孟司さんが、40歳過ぎまであいさつが苦手だったわけ。5歳直前、亡くなったお父さんに言えなかった「さよなら」。

解剖学者の養老孟司さんへのインタビューが 2015年9月14日から朝日新聞夕刊で …

阿藤快さん、大動脈破裂胸腔内出血でなくなる。「背中の痛み」を訴えていた。体の訴えを聞く。

俳優の阿藤快さんが、お亡くなりになりました。 9月、知合いの方が、阿藤快さんとお …

巨大な仏壇を小さくリメイクする小型化サービスが注目。

少し前に、 実家の大きな仏壇を処分して、 新しく小さな仏壇を買った という知合い …

高齢者は75歳からと日本老年医学会が見直し提言。「実年齢の8掛けの気分で暮らせ」と言った先輩。

先日、久しぶりにあった仕事関係の知合い。 もう取引先を退職して11年が過ぎ、 来 …

自家製干し野菜で健康維持。やる気、満足感も。技術、道具なしでも出来ます。

ご近所の小料理店。 家族で経営している小さなお店で、 ほとんど近所の人や近くの会 …

家にある本、レコード、DVD、Blu-rayから人生の残り時間の貴重さを改めて思い知る。

ここ最近、アナログレコードの人気が再燃しているそう。 上の世代のみならず、若い世 …

「ノートルダムのせむし男」問題。劇団四季、2016年12月から「ノートルダムの鐘」を上演。「せむし男」はなぜ消えた。

地下鉄の車内広告に、 劇団四季が12月11日から上演を予定している 「ノートルダ …

ヘチマの観察日記。ヘチマたわし、ヘチマ水。夏休みの思い出。

銀座に向かう電車の中で、 小学生らしき男子とお母さんが 話していました。 夏休み …