亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「へその緒」を収めた桐箱はどこに? 「へその緒」の話で盛り上がる。母と子の絆。

   

あなたは自分が生まれた時刻をご存じですか?

私は知らないのですけれど、
今日、友達と話していたら、
ほとんどみんな知っていました。

「へその緒」を収めた桐箱に、
生年月日、そして時刻が書かれているそうです。

自分も確か小さい時、母親から、
箪笥の鍵の掛かる引き出しに、
入っていたのを見せられた記憶がありますが、
それ以降、目にしたことはありません。

どこ行ったかなー?
またその桐箱には、名前も生年月日などの
情報は一切、書かれていなかったような覚えが。

四角い桐箱ではなく、卵形だったり、
乳歯や髪の毛(胎毛)などを
一緒におさめるタイプのものもあるなど、
変化があるようです。

「へその緒」に関してはいろいろな言い伝えがありますね。

母から聞いたのは、子どもが重病になった時、
へその緒を削って飲ませると、回復すると言われている
というもの。

本当なんでしょうか?

乾燥したへその緒ではなく、へその緒の幹細胞ですが、
今年2016年1月ころ、東京大学医科学研究所の研究グループが、
へその緒に多く含まれる幹細胞を利用した治療薬の開発に乗り出す
なんてニュースがありました。

もしかしたらへその緒には素晴しい可能性が
秘められているのかもしれませんね。

同年代の友達は、自分のへその緒を
20歳になった時に、
「これはあなたのへその緒。これからは自分で
管理しなさい」と言って手渡されたそう。

今でも大事にしまってあるとのことです。

かと思えば、関西出身の友人は、
母親を数年前になくしたのですが、
昔からの風習で、お母さんの棺の中に、
子どもたちのへその緒を収めた桐箱を入れたとか。

へその緒は、あの世への「通行手形」
となるんだそう。

へその緒は、出産という大厄を乗り越え、
新しい命を生み出した証。
それは母のお守りになるんですね。

そう思うと、「へその緒」の桐箱が
大切なものに思えてきました。

どこに行ったか探さないといけないなー。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

祖母の家近くのお寺で開かれた小学生の時の「肝試し」の思い出。闇と静寂。

読売新聞の夕刊に、 富山県射水市の高野山真言宗金胎(こんたい)寺が https: …

「いきなり!ステーキ」のシニアカードを愛用する知合い。70歳以上に特典。

「いきなり!ステーキ」というチェーン店をご存じでしょうか? おおざっぱに言うと、 …

「古川に水絶えず」。わが家の意味は、一般的なそれとは違っていた。

自分の祖父母や両親から 教えられていたことと、 世間一般の教えが異なる。 そんな …

「2016年5月13日の金曜日・仏滅」。毎日が良き日。「吉日良辰を選ばず」。

2016年5月13日金曜日。 そう13日の金曜日ですね。 13日の金曜日の起源は …

天然樟脳の防虫剤の思い出。福岡県みやま市の内野樟脳。

あなたは「樟脳(しょうのう)」をご存じでしょうか? ある程度の年配の方なら、あの …

忘れないためにする大人のドリル。算数、国語、社会など。

知合いが最近、ドリルを毎日行っていると教えてくれました。 ドリル。懐かしい。 小 …

畳の目1つ、薄紙1枚の積み重ね。日課をやめてわかった日々の努力の大切さ。

先日、知合いに、体が硬くなって しまったという話をしました。 以前はストレッチを …

かかりつけのお医者さんが語った医者の選び方。「先生が若くて、設備が新しいところを選びなさい」。

先日、かかりつけのお医者さんに行きました。 その先生では治療しきれないので、 近 …

岐阜の伯母からお別れ会のお知らせ。

岐阜に住む母の姉すなわち伯母から 先日、母に電話がありました。 秋になって気候が …

炊飯器のご飯。どこが一番美味しい? 羽釜を使いおくどさんで炊いた銀シャリの美味さ。ご先祖様への感謝の心。

この6月末から7月ころは、 電気炊飯器の新製品が発売される時期なんだそう。 梅雨 …