亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「へその緒」を収めた桐箱はどこに? 「へその緒」の話で盛り上がる。母と子の絆。

   

あなたは自分が生まれた時刻をご存じですか?

私は知らないのですけれど、
今日、友達と話していたら、
ほとんどみんな知っていました。

「へその緒」を収めた桐箱に、
生年月日、そして時刻が書かれているそうです。

自分も確か小さい時、母親から、
箪笥の鍵の掛かる引き出しに、
入っていたのを見せられた記憶がありますが、
それ以降、目にしたことはありません。

どこ行ったかなー?
またその桐箱には、名前も生年月日などの
情報は一切、書かれていなかったような覚えが。

四角い桐箱ではなく、卵形だったり、
乳歯や髪の毛(胎毛)などを
一緒におさめるタイプのものもあるなど、
変化があるようです。

「へその緒」に関してはいろいろな言い伝えがありますね。

母から聞いたのは、子どもが重病になった時、
へその緒を削って飲ませると、回復すると言われている
というもの。

本当なんでしょうか?

乾燥したへその緒ではなく、へその緒の幹細胞ですが、
今年2016年1月ころ、東京大学医科学研究所の研究グループが、
へその緒に多く含まれる幹細胞を利用した治療薬の開発に乗り出す
なんてニュースがありました。

もしかしたらへその緒には素晴しい可能性が
秘められているのかもしれませんね。

同年代の友達は、自分のへその緒を
20歳になった時に、
「これはあなたのへその緒。これからは自分で
管理しなさい」と言って手渡されたそう。

今でも大事にしまってあるとのことです。

かと思えば、関西出身の友人は、
母親を数年前になくしたのですが、
昔からの風習で、お母さんの棺の中に、
子どもたちのへその緒を収めた桐箱を入れたとか。

へその緒は、あの世への「通行手形」
となるんだそう。

へその緒は、出産という大厄を乗り越え、
新しい命を生み出した証。
それは母のお守りになるんですね。

そう思うと、「へその緒」の桐箱が
大切なものに思えてきました。

どこに行ったか探さないといけないなー。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

小さなチャレンジ(コチャレ)を続ける。上大岡トメさんの「コチャレ! 小さいチャレンジで次の扉を開ける」。

いつ、誰に教わったか忘れたのですが、 何か物事をするときには、小さく分けて、 分 …

年を取れば取るほど薬、サプリメントに注意。分解、排泄する肝臓・腎臓の機能が低下するため。

昨年の秋に受けた健康診断。 以前に比べて、腎臓、肝臓の値が悪くなっていました。 …

非常食や装備。ローリングストック。わざわざ買うより、あるものでなんとかする。毎月少しずつそろえていくという発想。

9月1日。 防災の日ということで、 非常時に備えるための 記事、番組などが目立ち …

健康増進のため知合いがもう1個、買い足したものとは。「温腸活」、朝食に具沢山のスープを。

朝夕、寒さを感じる季節となりました。 ただまだ数日は暑さの揺り戻しがくると 天気 …

「ネズミに引かれないように」。意味、わかりますか? 知っている人は年配?

「ネズミに引かれないように」。 こんな表現がメールに書かれていたら、 あなたは、 …

イオンのトップバリューセレクトのギリシャヨーグルト、蜂蜜入りを食べてみました。

3月30日、 《イオンのトップバリューセレクトのギリシャヨーグルトを食べてみまし …

「いらなくなった本棚、譲ります」と、大量の蔵書を整理・処分した知合い。「本の並びは自分の頭の中の歴史」。

読書週間が始まりました。 最近では、電子書籍が徐々に 普及していているようです。 …

きゅうりの酢の物の季節がやってきた。「春苦味、夏は酢の物、秋辛味、冬は油と合点して食え」。

夕方、食卓についたら、 すでに食事を終えた母から、 「冷蔵庫にキュウリの酢の物が …

高齢者は75歳からと日本老年医学会が見直し提言。「実年齢の8掛けの気分で暮らせ」と言った先輩。

先日、久しぶりにあった仕事関係の知合い。 もう取引先を退職して11年が過ぎ、 来 …

声帯の老化を防ぐため毎日、家で大きな声で歌う。近所迷惑にならない秘密兵器。

最近、誤嚥性肺炎にならないように 喉を鍛えるという体操、本について 紹介しました …