知人がこの冬、買って感動するほど良かったものは? 卓上切り出し七輪。

スポンサーリンク
未分類

久しぶりに食通の知人に会いました。

会ってすぐに彼が話し始めたのは、
この冬買って、使って感動したものがある
という内容。

何を買ったかというと、
卓上における切り出し七輪です。

そう炭を使って、魚、肉などを焼く
あの七輪。
「切り出し」というのは、石川県珠洲市の
地下から天然の珪藻土を直接切り出して
成形することから、そう呼ばれているとか。

一般に売られている七輪は、
粉末を方に入れて成形しているのだそう。

知人は、以前から、行きつけの小料理屋・居酒屋で
これを見て、使ってその良さを知っており、
買いたかったのだそうですが、大きめであり、
また換気、煙などの問題があり、あきらめていたのだそう。

去年の秋、ふと雑誌を見たら、
小さな卓上における切り出し七輪が
紹介されており、マンション、アパートなどの
室内でも使えると書いてあったといいます。

マンションのダイニングテーブルの
上に置かれた七輪。
その上で魚介類を焼いている写真。

それを見て、買うことを決意し
購入したといいます。

一緒に炭(硬い白炭)も購入。
最近は着火剤もいいものが出ており、
簡単に火がおこるそう。

七輪で焼いたのは、
生の魚介類、肉、干物、野菜など。

それまでもホットプレート、ガスなどで
焼いて食べたこともあるけれど、それらとは
全く違うものだったといいます。

素材の香り、柔らかさなどが、
格段に感じられアップしたように感じたとのこと。

心配だった煙、臭いは、
換気扇そして、換気扇の反対側の
窓を少しあけて流れを作るなどの工夫で、
ほとんど気にならないとのこと。

そうした味もさることながら、
炭、裸火の持つ癒やし効果も実感したとのこと。

炭が赤くなって燃えている姿を
見ているだけでも、心和むと。

なんだかわかる気がします。

あれだけ力説されたら、
こちらも欲しくなってしまいました。

実は倉庫には、災害用に、
昔ながら七輪と固形の木炭はあるのですが……。

〇テーブルの上に七輪をおくときは、
断熱に注意。七輪台、板などで
断熱しないとテーブルが焦げたりしてしまうそう。

〇餅、食パンも電熱器で焼いたものとは
一味違うとのこと。

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント