こころの一冊「あやのねがい」。両目が見えなくなった父のためにお百度参りをした娘・あや。満願の日に現れたのは……。

スポンサーリンク
未分類

「あやのねがい」という絵本をご存じでしょうか?

個人的にすごく思い出のある一冊です。

2015年5月22日、日本経済新聞夕刊の
連載「こころの一冊」で、
元茨城県筑西市率明野図書館長・三輪巴さんが
取り上げ、紹介されていました。

先に書いておきます。
「あやのねがい」は金の星社から、
1979年に刊行されましたが、現在品切れで重版未定。
読みたい方は図書館もしくは古本で手に入れるしかなさそうです。

図書館検索カーリル
https://calil.jp/

このお話になぜ思い出があるかというと、
祖母が絵本が出来る前に、
同じ話をしてくれていたからです。

愛媛、それも東予地方に伝わる話なんですね。

ひょうさくという漁師と娘のあや。
父は娘が作った弁当を持って
漁にでかけたものの、1匹も釣れません。
それどころか風は吹き、波はあれ、
しけになってしまいました。
病気で両目を失った龍のせいでした。

その龍は、ひょうさくに持ちかけます。
「おまえの目をくれれば、嵐を鎮める」と。

命の代わりに両目を失い、戻ってきた父を
かいがいしく世話するあや。
やがて長者様の屋敷で働くことになります。

長者は、父の目を治すために、
氏神様に百度参りをすることを勧めます。

百日目の満願の日。
あやの前に現れたのは……。

記事では、それを書いています。
現れたのは?
そして、父の目は、あやはどうなるのでしょうか?

大きくなって、この本が出ていることを
教えてもらいました。

作者は黒河松代さん。
大阪市生まれですが、戦時中、
愛媛県今治市で、暮らしたとのこと。

「あやのねがい」は、今治市内を流れる
蒼社川をイメージに描いたそうです。

今治、蒼社川を良く知っているだけに
一層、親しみを覚えたのかもしれません。

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント