「雨のことば辞典」。雨づくしの1200語。青葉雨、麦雨。雨濯、筍流し。豊かな言葉。

スポンサーリンク
未分類

新聞の書籍広告に、
「雨のことば辞典」が出ていました。

《雨づくしの一二〇〇語》として、
《青葉雨、送り梅雨、紅の雨、麦雨》など、
15ほどの言葉が並んでいます。

好評で7刷だとか。

この辞典、覚えています、
もともとの単行本は、今から15年ほど前に出され、
たしか、去年の6月頃に講談社学術文庫から出たのでした。

『雨のことば辞典』(倉嶋 厚,原田 稔):講談社学術文庫 製品詳細 講談社BOOK倶楽部
季語から気象用語、各地の方言まで、雨にまつわる言葉だけを約1200語集めた辞典。花時雨、狐の嫁入り、半夏雨、秋霖、氷雨…。日本の雨は四季のうつろいとともにその様相が千変万化する。そのさまざまな雨の姿をとらえ、日本語には、陰翳深くうつくしいことばが数多くある。雨は文学作品にもたびたび描かれ、詩歌にもよまれてきた。これらの...

編・著者は、NHKなどで活躍した気象キャスターの
倉嶋厚(クラシマアツシ)さんと、郷土史研究から、
「雨の文化史」をはじめられた原田稔(ハラダミノル)さんのお二人。

《●雨にまつわる言葉を約1200語収録
●「雨の降るしくみ」「雨の強さ」等の気象コラム
●巻末付録「雨のことわざ・慣用句」
●「雨の歳時記」として利用できる季節別索引「四季雨ごよみ」》
という構成になっています。

以前、言語学の本だか、
どなたかのエッセイだったか
忘れてしまったのですけれど、
民族によって、非常に語彙が異なる。

その一例として、イヌイットの雪の例、
そして、日本語の雨の例があがっていました。

その民族にとって、生活に密着して、
身近なものは、それをあらわす言葉が豊富に、
また細かくなっていくのは当然のことなんでしょうね。

《ジム佐伯のEnglish Maxims》
《2014年02月16日
第182回:“The Eskimos had fifty-two names for snow.” ―「エスキモーは雪をあらわす52の呼び名をもっていた」(マーガレット・アトウッド)》
http://englishmaxims.seesaa.net/article/388529771.html

雨のことば辞典を読んだときに、思ったのが、
こんなに雨をあらわす単語があるんだという驚きでした。
一方で、そうした豊かな言葉を知らない、使っていない
という恥ずかしさも。

ご先祖様の知恵、経験、知識などが詰まっている
こうした言葉、表現を知らないまま、そして、
使わないままというのは、もったいないことです。

卯の花腐し(うのはなくたし)
遣らずの雨(やらずのあめ)

書いただけ、口にしただけでも、
心が動きます。

久しぶりに手に取りたくなりました。

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント