神戸連続児童殺傷事件の「元少年A」が手記「絶歌」を出版。遺族は出版中止、本の回収を求める。

未分類

1997年・平成9年に起こった神戸連続児童殺傷事件。
非常にショッキングな事件でした。

容疑者が逮捕される前、多くの識者、専門家が、
容疑者を推定していましたが、それらはいずれも外れ、
逮捕されたのは、当時14歳11ヶ月の少年でした。

少年法に守られ、「少年A」とされたその少年は、
すでに医療少年院を仮退院し、働いているとの情報が、
ネットなどで書かれていました。

その「元少年A」が、手記「絶歌」を、
6月10日、太田出版から発売したとのこと。

随時店に置かれ販売されると報道されていたので、
近所の書店2軒、回りましたが、
どちらにもありませんでした。

その手記には、事件に至る心境、逮捕されるまでの勘定の動き、
医療少年院を仮退院した後のアルバイト生活、そして、巻末には、
「被害者のご家族の皆様へ」として、
「どれほど大切なかけがえのない存在を、皆様から奪ってしまったのかを、
思い知るようになりました」と書かれているようです。

出版社は、遺族に、加害男性の手紙を添えて本を届けるとのこと。

この出版に対し、亡くなった土師淳君の父の守さんは、
弁護士を通じ談話を出しています。

手記を出すことは、報道で知ったとのことで、
以前から、加害少年をメディアに出すようなことは
してほしくないと伝えていたが、その思いは無視された、
今回のことも理解できないと。

出版の前、5月には、加害少年から、手紙が送られてきて、
それを読んで、「私たちとしては、これ以上はもういいのではないかと」
考えたものの、「出版はそのような思いを踏みにじるもの」で、
「文字だけの謝罪であり、遺族に対して悪いことをしたという気持ちが
無いことが、今回の件でよく理解できました」としています。
そして、出版の中止と、本の回収を求めています。

個人的には元少年Aが、この事件をどう振り返り、
つづっているのか、非常に興味があります。

これまでに、未成年で犯罪を起こし、
死刑囚となった人物が、手記を出した例はあります。

永山則夫死刑囚の手記「無知の涙」がそれです。
死刑執行は、1997年8月1日、東京拘置所において行われました。

まさに少年Aが、逮捕されたのは、
同じ年の6月28日でした。

当時、少年法は、被害者より加害者保護に偏りすぎていると、
世間の反発があり、厳罰化を求める声が大きくなっていました。

永山死刑囚を処刑する事で、そうした声を、
当局がおさめようとしたのではないか
そんな見方もされました。

永山死刑囚が亡くなった後、遺言により、
「永山子ども基金」が設立されました。
http://www.n-cf.org/nagayama/bienvenidos.html

これは、永山死刑囚が、書いた小説などを含めた著作の印税を、
国内と世界の貧しい子どもたちに寄付するという趣旨の基金です。
貧しさから犯罪を起こしてしまった自らの境遇と同じ子どもが
一人でもないようにとの願いが込められているとのことです。

元少年Aが、遺族の感情を鎮め、
納得させる謝罪をするのは、
非常に難しいことであると思います。

けれど、彼にできる精一杯のことをした上であれば、
今回のような手記を発表することは、
社会的な意義があることではないかとも思います。

遺族の方々の反応を見るに、加害者そしてその周辺の人たちは、
手記を出す前に、誠意を尽くした謝罪、行動を十分に
行っていなかったように思えます。

それさえ行っていればと悔やまれます。

〇加害者の母親も、ずいぶん前になりますが、
『「少年A」この子を生んで……―父と母悔恨の手記』との本を
出版しています。

Amazonサーチ
未分類
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント