ニュースな言葉。東芝、血液1滴で13種類のがんを99%判別するキット開発。唾液、線虫でもがん検査。

ニュースな言葉

今朝の日経新聞に、東芝が、
1滴の血液で13種類のがんが、簡単に
わかるという検査キットの開発に成功した
との記事が掲載されていました。

《血液1滴でがん検査 東芝、21年にもキット実用化》
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO52551680U9A121C1TJC000/

この検査キットは、《がんにかかっているかどうかを
2時間以内に99%の精度で判定できると》のこと。

今後のスケジュールですが、
《2020年にがん患者を対象に実証試験を始め、
21~22年に人間ドックの血液検査などで
実用化することを目指す》とのこと。

その際の費用は《2万円以下》を目指しているそうです。

この検査キットですが、上に述べたように13種類のがんを
99%の確率で判定でき、《大きさが1センチメートルに
満たない早期のがんも発見できた》んだそうです。

いやー、これは画期的ですね。

同様の技術を持つ東レの場合、特定のがんを調べるもので、
《多数のがんを調べるには数万円以上かかる見通し》で、
東芝の方が1度で13種類がわかるので、圧倒的に便利で格安ですね。

また採血から2時間以内に判明と、他の技術にくらべ、
格段に短いそう。これもすごいなー。

これ、もう売ってしまいましたが、東芝が得意だった
半導体の技術を活用しているんですね。

将来的には、公的保険の適用を目指しているとのこと。
日本は、がん診断を受ける割合が海外に比べ低く、
がんによる死者、国による支出も多くなったいます。

この検査でそれが改善されればいいですね。

そういえば、先日、知り合いにあい、血液ではなく、
唾液によるがん検査を受けたと教えてもらいました。

サリバチェッカーと呼ばれるもの。
https://www.salivatech.co.jp/screening
病院、クリニックだけでなく、歯科医院でも
受けられるそう。
一度の採取ですい臓がん・大腸がん・乳がん・肺がんが
早期発見できるとのこと。
検査は、唾液をとるのに要する数分ほど。

全額自己負担で、知人の場合、2万円余りだったそうです。
うけれれる施設は、以下。
https://www.salivatech.co.jp/medical-top

結果がわかるのは、検査を受けてから3週間ほど。

このほかがん検査に関しては、尿一滴で線虫を利用するもの
もあります。
HIROTSUバイオサイエンス
https://hbio.jp/
こちらは、2020年1月から実用化。85%の確率だそう。
(日立製作所が開発した線虫癌検査自動解析技術を活用している)

今後、ますます簡便安価ながん検査方法が開発、
実用化されて欲しいですね。

2019年11月25日の日経新聞には、
《東芝がヘッジファンドになる日 量子技術で高速取引
証券部 山下晃
金融最前線 金融コンフィデンシャル 経済・金融
2019/11/25 2:00日本経済新聞 電子版》
とのコラムも。

《量子技術や独自のアルゴリズムを使って、外国為替の裁定取引で
利益を狙う超高速マシンを開発した》んだそう。

この技術を、《金融機関に売り込むだけではな》く
《自ら高速取引業者となり、自己資金で試験運用を始める計画》とのこと。

これも面白いなー。

Amazonサーチ
ニュースな言葉 未分類
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント