もしもマムシにかまれたら。安静にして助けを呼ぶ。それとも走って病院に。どっちが正解?

スポンサーリンク
未分類

昔、従兄弟と夏休み。
四国の松山近くの山に、虫を捕りに行きました。

従兄弟の小学校の裏山から、
奥に奥にと分け入ったのですが、
結局、一杯いると言っていたカブトムシ、
クワガタムシも何もとれず。

がっかりしてとぼとぼと祖母宅に帰りました。

冷たい麦茶を飲んで涼んでいると、
叔父さんがやってきて、「どこ行ってきた?」
と聞いてきました。

従兄弟が、「小学校の裏山」と答えると、
叔父さんは、「この馬鹿たれが。あれほど
行くなと言ってるのに」と、激怒。

こちらは理由がわからずおろおろしていると、
叔父さんが、「あの山には、ハメがいっぱいいて、
かまれたら、死んでしまうぞ」と。

ハメとはマムシのこと。

その後、マムシにあわないようにするにはどうしたらいいか、
それでもあってしまったら、どのようにふるまえばいいか、
さらに噛まれてしまったらどうするか
などを詳しく教えてくれました。

その知識を、少し変える必要があるかもしれません。

救命救急医らのグループによる全国調査で、
マムシにかまれたら、走ってでもいち早く医療機関を
受診する方が軽症で済むことが、わかりました。

これまで一般的には、走ったり身体を激しく動かすと、
毒が全身に回るので、安静にして助けを呼ぶ
と言われてきました。

しかし、マムシをかまれた人を調べた所、
走ってでも病院に行った人の方が、早く治り、
入院期間も短かったことがわかりました。

受診するまでに少しでも走った人21人
受診までの平均時間およそ18分。
平均入院期間5.9日。

全く走らず、救急車を待つなどした157人
受診までの時間はおよそ84分
入院期間8.4日

腫れの程度:走った人の方が軽い。

〇マムシにかまれる人:年間1000~3000人
10人前後が死亡

〇応急処置
かまれた部位より心臓に近い場所を布で縛る。
毒を吸い出す
などと教わったのですが……。

和歌山県のサイト
《マムシに噛まれた場合、ハチに刺された場合》
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/130500/kenkou/kurashi/kenkou/mamushi/mamushi.html

《1)マムシに噛まれた場合の一般的な救急対処方法は
あわてず安静にする
あわてず、安静にする。走ったりしない(走ると毒が全身に回りやすい)。
噛まれた傷口より心臓側を布などで縛る。
(毒の広がりを防ぐ目的なので軽く縛る程度に。)
縛るものがなければ、噛まれた部分は心臓の高さよりも下にしておく。》
と書いていますね。

伊勢崎市
《マムシに噛まれた場合の対応 ハチに指された場合の対応》
http://www.city.isesaki.lg.jp/www/contents/1357808438590/files/mamushihachi.pdf

 

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント