カレーライスの肉の調査。東は豚、西は牛。カレーライスに入れるもの。インドカレー、タイカレー作りのコツ。

スポンサーリンク
未分類

お宅のカレーライス。
肉は何をいれていますか?

国内の新聞16紙が読者に
食文化のアンケートを行い、
その結果を発表したそうです。

調査項目の一つがカレーライスに使う肉の種類。

カレーライスに、

豚肉を使う人の割合が5割を超えたのは、
静岡県より東の地域で、宮城県などは75・4%。
その一方で、近畿圏では、牛肉を使う人が72・7%と
西日本では牛肉派が豚肉派を大幅に上回っています。
なお愛知など中京圏では、その中間で、
牛肉、豚肉ともに40%台だったとのことです。

この調査では「カレーライス」とともに「肉じゃが」の
肉の調査も行っていますが、カレーと同様な傾向のようです。

わが家は、カレーライス、肉じゃがともに牛肉。

以前といっても、今から何十年も前の
大学時代ですが、代々江戸っ子のお宅に
お邪魔した時に、豚肉のカレーライスを
いただいて、ちょっと驚いたことがあります。

同じ頃、やはり東京で、海外の人も招く
カレーパーティーがありました。
その際に用意されていたのは、
チキンカレーと野菜のみのカレー。

主催者の方は、その理由を、チキンは
ほとんの宗教で禁忌となっておらず、
ベジタリアン以外は、誰でも食べられるから
と説明してくれ、納得した覚えがあります。

同じ牛肉でも部位や切り方などで違いがあります。
わが家はずっと薄切りの牛肉。
けれど小学校の同級生の家に、
誕生パーティーに招かれた時に出たカレーは、
角切りの分厚い牛肉。
ずいぶん高級だなと関心したものです。

大きくなってからあるインド料理店の店主に、
インド流のカレーの作り方を教えてもらったことがあります。

日本では肉も野菜も入れて煮込み、1日たった方が美味しい
と言われていると告げたら、驚かれました。

肉、スパイスは、煮込み過ぎたり、加熱し過ぎると、
固くなり、また香りが飛んでしまうので、
せいぜい15分ほどしか火を入れないと。
とにかく、熱を加えすぎないのが、香り高く、
柔らかな肉質のカレーを作るコツだと教えてくれました。

これはタイカレーも一緒。
タイ人の方に本場のタイカレーを作って
もらったことがあるのですが、
材料をそろえてから出来上がるまで
20分もかかりませんでした。

こちらも熱を加えすぎるのはよくないと語っていました。

同じカレーと言っても、日本のカレーは、
日本食と言ってもいいほど、独自の食になっている
ということなのでしょうね。

参考になるサイト
《ガベージニュース》《東西日本の「肉」の違いをまとめてみる(2015年)(最新)》
http://www.garbagenews.net/archives/1841523.html

 

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント