ロンドン近郊、ガトウイック空港近くに大規模油田を発見。

スポンサーリンク
未分類

驚きました。

ロンドン郊外のガトウイック空港。
中心部から南におよそ45キロ。
利用された方も多いと思います。

そのすぐ近くで、なんと埋蔵量が
推定最大1000億バレルもの陸上油田が発見されました。

イギリスの石油探査会社
UKオイル・アンド・ガス・インベストメンツ(UKOG)が
2015年4月9日に発表しました。

UKOG
http://www.ukogplc.com/

埋蔵量1000億バレルはどれくらいの規模なのか?

スコットランド沖の北海油田で過去40年間に
採掘された量がおよそ450億バレル。
その倍以上という計算になります。

ただ実際に採掘出来る量は、全体の5~15%の見通しとのこと。
この量は、2030年までのイギリス国内需要の10~30%相当だとか。

専門家もこの推定値が、正しいかどうかはわからないとしており、
また実際、環境破壊を危ぶむ声もあるようです。

北海油田は、イギリスの経済を復活させたと言われていますが、
この油田でまたまたイギリスの経済は大復活をとげるのでしょうか?

それはともかく、このニュースで、UKOGの株価は、
一時200%も上昇したとのこと。

〇今回発表された油田は、
イギリス南部のウィールド盆地に位置。
この盆地には、ヨーロッパ最大の陸上油田である
ウィッチファーム油田がある。
(ブリティッシュ・ペトローリアム が30年以上前に開発した油田)
〇UKOGのCEOは、
「イギリスでは過去30年で最大の発見で国家的な意義がある。
世界的な油田になる可能性もある資源だ」と発言。
〇イギリス南西部では、油田、天然ガス資源の開発が行われ、
実際に、多くの石油、天然ガスを産出しているよう。
(知らなかった!)

BBC
《UK’s new oil find: How big is it?》
http://www.bbc.com/news/business-32229794

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント