アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。shade~。

スポンサーリンク
アルファフェイバリット英和辞典第2版

アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。

shade 日陰、光をさえぎる物
「音楽」として、サイモンとガーファンクルの
”A Hazy Shade of Winter”が紹介されている。
邦題は「冬の散歩道」。
shadow
類語で「影と陰」の違いを解説。
shadowとshade
shadowは、影。そして陰も含む。
shaft 矢柄、心棒、シャフト
shake 振る。
shake hands 握手する
もともと握手の習慣がない日本。
中学校の英語の時間、
握手のマナーについて、講義があった。
目上、女性から手を差し出す。
右手で行う。一緒に頭を下げないなど。
百貨店の食堂の「ミルクシェーク」も美味しかったが、
「マックシェイク」も驚きだった。
Shakespeare シェークスピア
高校の英語の授業。教科書にシェークスピアの
生涯についての単元。しかし不明な時期も。
また正体について様々な説があるのが興味深かった。
シャークスピアの妻アン・ハサウェイが、8歳年上。
そこになぜかわれわれ生徒は食いついた。
shall …しましょうか。必ず…する。
コラム「使ってみよう」。「誘う」
“Shall we go for a walk?”
「必ず…する」の表現の例として、先生は、
マッカーサーの
”I shall return.”をあげて説明したのを覚えている。
映画「シャル・ウィ・ダンス?」。主人公の
つとめている会社は、自宅のすぐ近く。
shallow 浅い。浅瀬
shaman シャーマン、巫女、占い師
shamanism シャーマニズム
日本テレビのドキュメンタリー番組で、
たしかパプアニューギニアのシャーマンの
トランス状態の様子を見た。
次の日、学校ではその話題で持ちきりだった。
shambles 大混乱、無秩序

 

Amazonサーチ
アルファフェイバリット英和辞典第2版
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント