閖上。「ゆりあげ」。「閖」はどんな意味と母から質問。知ったかぶりは知識を狭める。

未分類

昨日だったか、朝、ご飯を食べていると、
母が新聞を持ってきて、尋ねました。

「この漢字、なんて読むの?」

「閖上」でした。

あなたはご存じですか?

「ゆりあげ」ですね。

宮城県名取市の地名です。
(以前は閖上町)
東日本大震災で大きな被害を受けました。

その記事が出ていました。

「そうそう、『ゆりあげ』だった」

続けて母は尋ねます。
「閖上の『閖』という漢字はどんな意味?」

そういえば、どこかで聞いたような、
伊達藩のお殿様がなんとか……。

「教えてもらったけれど、忘れたなー」。

「そう」

朝食の後で調べたら、
「閖」は、日本で作られた、いわゆる国字でした。

名取市のサイトに「閖」の由来が書かれています。

《この漢字が生まれたのは、仙台藩4代藩主・伊達綱村に由来があります。
綱村公は、大年寺山門からはるか東のゆり上浜を望み、こう言いました。
「門の中に水が見えたので、門の中に水という文字を書いて『閖上』と呼ぶように」。》
http://www.city.natori.miyagi.jp/natori100/019.htm

そうでした。
寿司店で聞いたのでした。

寿司店で「閖上」と言えば、赤貝。
こちらの赤貝は味、香り、色合いなど
品質が良く、築地でも珍重されるものなんだそう。

それでこの地名を覚えていたのですが、
ついでに「閖」の漢字についても、
教えてもらっていたのでした。

母は、これに限らず、
いろいろ聞いてきます。

これは小学生の時の先生から、
「聞くは一時の恥 聞かぬは一生の恥」
と教わったから。

そして、祖母などからは、
「知らざるを知らずと為す 是知るなり。
知ったかぶりは知識を狭めるよ」
とずっと言われ続けていたとのこと。
(知らざる…は、論語の一節。
「之を知るを之を知ると爲し、
知らざるを知らずと爲す。是れ知るなり。」)

なので一度、教わったことでも、
基本的なこと、小学校で教わるようなことでも、
自分がわからなければ、尋ねるようにしているのだとか。

素直に質問できることがなにより大切なんですね。

いくつになっても、知らないことは知らないと言え、
子どものように素直に尋ねられる人でいたいなと
強く思います。

最近、他に母に聞かれたのは、
「エンジェル・ハート」の冴羽獠の「獠」の意味)
http://www.weblio.jp/content/%E7%8D%A0

2020年3月12日、追記
名取市観光物産協会、
《東日本大震災に関して》
https://www.kankou.natori.miyagi.jp/hisaichi/3715
河北新報、
《名取・閖上津波訴訟、遺族側と和解成立 名取市が「遺憾の意」表明へ》
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/202003/20200312_11025.html

Amazonサーチ
未分類
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント

  1. 地震が起きる前から記事がありますね
    http://jitenfeti6.jugem.jp/?eid=55

    ※ メアドは私のものではありません。借りものです ※