80歳近くて現役。初対面の人の名前を完璧に覚える。「覚えられないではなくて、覚えられるんです」。

スポンサーリンク
未分類

先日、久しぶりにある取引先へ。

そこのトップは80歳前の女性ですが、
今でも現役で国内はもとより海外出張もこなし、
毎日、精力的に活動されています。

20年ほど前にお目にかかったのが最初。
数度お会いしたのですが、ここ最近は、
直接、お目にかかったことはありませんでした。

ずいぶん間隔があいたのですが、
直接、お会いすることとなり、
初対面の者も合わせて3人で伺いました。

時間通りに現れ、名刺交換、挨拶が終わった後、
すぐさま仕事の話に。

以前にお会いしたことを告げると、
すぐさま自分の名前を呼んでくれ、
「今はどんなお仕事を?」と質問されました。

後の初対面の2人も、
名前を必ず呼んでから、話をされます。

てきぱきとものすごいスピードで打ち合わせが終わり、
そこの事務所のロビーで少しだけ雑談。

「20年前と外見も仕事ぶりもお変わりありませんね」
とちょっと失礼だとは思ったのですが、
そのように呼びかけると、
「ありがとう。あまり年とか昔とか考えることはないの」。

「今日、初対面の2人の名前もすぐに読んでいただいて。
驚きました」

「名前を覚えるコツは、何度でもその人の名前を呼ぶこと。
顔、目を見て、その人の名前を呼ぶ。相手は喜びますから。
海外の方は特にね」

「自分はなかなか名前を覚えられないのですが……」

「覚えられないと思うと覚えられないわね。覚えられるんです。
覚えられると思い込めば、覚えられるように頭と体が動くんですよ」

いやー、その年をかんじさせぬパワーに
感心させられました。

何かをするときに、「できない」
と自分に制約をかけがち。
けれどそうじゃないんですね。

まず自分は「できる」と思い、自分に言い聞かせる。
そうすると、そのための知恵や力がわき、
行動につながっていく。

80歳近い方から、みなぎる生命力の一部を
頂いたようで、なんだか元気になりました。

 

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント