アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。aspect~。

スポンサーリンク
アルファフェイバリット英和辞典第2版

アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。

aspect 局面、外見、見地、表情、相、アスペクト
文法用語のアスペクトとは、完了・継続・進行などを
示す動詞の形式。「書いている」は動作の継続。
「書いてしまう」は動作の完了など、動詞と「ている」
「てしまう」「てある」などとが結合した形式によって
表される。「態」。
アスペクト比は縦横の比率。テレビや映画の画面の縦横、
飛行機の翼の面積と長さの比率などを言う。

asphalt アスファルト
石油の分留精製の際に残留物として得られる黒色の
固体または半固体物質。道路舗装や防水、保温、
電気絶縁などの材料として使われる。土瀝青
(どれきせい)。地瀝青 (ちれきせい)。
小学生に上がる前だったか、家の前の道がアスファルト
舗装された。それより前に、大きな道はアスファルト
舗装されてはいたが、住宅街の小さな道は未舗装の
ところが多かった。アスファルト舗装されるのは、
都会化、都市化の象徴の一つだった。固まらないように、
温められて湯気を出し、独特の臭いをふりまいている、
アスファルトを道路にまいたあと、重いローラーのついた
ローラー車で圧延して舗装していく。敷きたてのアスファルトは、
まだ熱く、柔らかい。靴のゴム底にその熱さと柔らかさを
感じながら、踏みしめて歩く。固まりきっていないので、
靴の底にねばりつく。ローラー車の様子と、足裏の感触、
アスファルトの臭いを今でもしっかりと記憶している。

Amazonサーチ
アルファフェイバリット英和辞典第2版
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント