アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。buck~。

スポンサーリンク
アルファフェイバリット英和辞典第2版

アルファフェイバリット英和辞典第2版を読む。

buck 雄ジカ
ウサギ・ヒツジなどの雄。アメリカ口語でドル。
アメリカに旅行に行ったとき、《ten bucks》と
いうように、dollarsのかわりに使われ、発音も
《back》と区別がつかなかったため、とっさに
わからなかくて、反応できなかったことが
あったのを思い出した。

bucket バケツ、手桶、
バケツ一杯の量bucketful
《kick the bucket死ぬ、くたばる
:首をつるときに「台にしたバケツを
けとばす」ことから》。この表現は、
映画かテレビドラマの中で聞いた覚えがある。

buckle ベルトのバックル
靴の飾りの止め金。中学の時だったか、
ジーンズにあわせるのに、大きなバックルの
ついたベルトがはやった。バックルのみ、
売られていて、ベルトの皮部分は共通で、
バックルだけをワンタッチで交換できる
タイプもあった。今となってはなんで大きな
バックルのベルトがはやったのか、争って
いくつも買い求めたのか、理由がとんとわからない。

buck skin バックスキン
シカ・ヤギのなめし革。これも中学の時だったか、
バックスキンがはやったことがあった。ベルト、
靴など。ただバックスキンは通常の革と違って、
手入れが大変だったのを覚えている。また表革に
比べて、水にも弱く、防水加工スプレーをかけても、
雨に濡れるとすぐにぺっしゃんこになってダメに
なってしまった。大学1年の頃、ハッシュパピーの
靴(モカシンシューズ)が大好きで、雨の日にも
はいていた。(防水性があるとうたっていたが……)
なんであんなに気に入っていたんだろう? 今は1足も
持っていない。久しぶりに買ってみようかな?

Amazonサーチ
アルファフェイバリット英和辞典第2版
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント