亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

お母さんが亡くなった知合いがお寺から渡された紙を見て、考えたこととは?

   

親しい取引先の方が、
新年早々、お母様を亡くされました。

取引先は東京住まい。
亡くなったお母様は地方に在住で、
お通夜・お葬式は、その故郷の
菩提寺で行われました。

お葬式、初七日は、同時に済ませました。
その際に僧侶から一枚の紙を渡されたそう。

それは、お母様の戒名に加え、
四十九日、一周忌、三回忌などの
通常行うべき追善・年忌法要の
年月日を記した紙でした。

五十回忌まで記されていたそう。

そこに記された遠い未来の日付。
2019年(平成31年)とか、
2066年(平成78年)とかいう数字を
見ると、思わず感慨にふけってしまったそう。

五十回忌は一般に亡くなってから49年後。
多くの家庭ではそこで年忌法要をやめる
三十三回忌までも、果たして自分は
生きているだろうか?

現在の自分の年齢に、32、49を加える、
そんなに難しい計算ではないのですが、
すぐに暗算できなかったとか。

その方は一人っ子で、
お子さんはいらっしゃいません。
すでにお父様も亡くなられています。

これまでほとんど考えたことのない、
お墓や先々のことを考えざるを得ない
立場に急に置かれ、どうしようか
ととまどっている。

また心の底ではそうしたことを
考えたくないという心理が働いて、
簡単な計算もすぐにできなくなったのかも
と自己分析されていました。

その方とは置かれた立場と自分とは
全く異なりますが、そうした心理は
わかる気がします。

親が元気なうちに、縁起が悪いなんて言わずに、
親のことや、ご先祖様のことを聞くついでに、
仏壇、お墓や供養のことを話し会っておくべき。

よく言われることですが、いざというとき、
悔いを残さず、戸惑わないために、
やっておくべきことなのでしょうね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

電動スープメーカーを買って、1年365日スープを飲んで健康になった知合い。スープ健康法。

料理研究家の辰巳芳子さん。 映画にもなったスープ作り。 病床のお父さんのために …

涙のカステラパン。中学の時に食べたパンで同窓会が大盛り上がり。食の記憶。

中学生の時って何であんなに お腹をすかせていたんでしょう。 部活の前と後、学校の …

母子手帳ならぬ「祖父母手帳」。今時の子育ての常識をまとめた手帳をさいたま市が発行。「孫育て」と「孫疲れ」。

何年か前、中学の同級生(女性)に孫が出来たと知り、驚きました。 若い時に結婚し、 …

冬でも水分補給を。忘年会、新年会などお酒を飲む場合はなおさら。

冬は夏に比べて、水分をとる量が少ないですね。 けれど母や自分の、かかりつけのお医 …

高齢の知り合いが買ってよかったと絶賛する電気調理器具とは。

年配の知り合いが「買ってよかった」 という電気調理器具を教えてくれました。 この …

「おいしい果物をお持ちしました」「いらない靴を引き取ります」。家に訪れる危ない人や電話。

仕事場から家に、昼ご飯を食べに 帰ってきたら、母が電話を受けていました。 どうや …

老後破産。独身・一人暮らしの友達が老後について計算したら……。

同年代の独身の友人に、 先日久しぶりに会いました。 これまでいつも元気だったのに …

「ささくれ(さかむけ)は親不孝のあかし?」。コボちゃんを見て、昔、言われていたことを思い出す。

読売新聞の連載4コママンガ「コボちゃん」。 2017年3月17日は「ささくれ」が …

「大人に刺さる園児の名言」「見てる、知ってる、考えてる」。その年でないと出来ない表現。

先日、新聞の書籍広告に が出ていました。 タイトル通り、子どもが語った 大人が感 …

「汗と涙の結晶」は「the crystal of sweat and tears」で通じる? ホンダジェットの藤野道格(ふじの・みちまさ)社長のスピーチより。

2016年2月4日、朝のNHKニュース「おはよう日本」の中で、 ホンダジェットが …