亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「菜花の苦みが少ない」と訴える母。食べてみたら……。幼稚化する舌?

   

2017年2月16日の夕食に、
母が作った菜花のおひたしが
テーブルに載っていました。

一足早く、食事を済ませた母が、
私がそれに箸をのばす前に、
「なんだか菜花の苦みが少なくて、
菜花という感じがしない」とぼやきます。

母も年をとったので、
味覚が以前に比べて衰えているからなー
と思いつつ、口に入れました。

減塩生活を送っているため塩味は控えめ。

ゆでて甘みが出ているのはこれまで通り。
けれど苦みがほとんどありません。
母の言う通りです。

どうしたんでしょうか。

そういえば以前、農家の人何人かに、
いまどきは消費者の人が、
酸味と苦みがある品種は、
受け入れてくれないと嘆いていたのを
思い出しました。

野菜でも果物でも同じ、
出来るだけ酸味と苦みを減らし、
かわりに甘みを増やす。

なので甘みだけが強調された味になっています。

ほうれん草好きの年配の知合いは、
あくが少なくなったのはいいけれど、
それに伴って、味自体も薄くなっている、
どれもこれも均一な味になって
と少し怒っていました。

知合いの料理人や栄養士さんに言わせると、
春先の葉物などに含まれる苦みが、
体を刺激し、冬の間、体にたまった毒素の
排出を促してくれるのだそう。

なので苦いということは、とても重要なのだとか。

また味覚というのは、甘みからスタート。
そこから旨み、酸味、苦みを覚えていくとのこと。

甘みばかりに頼ると、いつまでも幼児の
味覚止まりになり、微妙な味を、
味わい分けられないとも。

われわれの舌は幼稚に
なっているのかもしれませんね。

「昔の品種の菜花が食べたい。
どこか売っているところはないかねー」

そうつぶやく母。

房総のどこかに残ってないかなー。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

高齢者は1日6食(多食)。少しずつ何度でもで、栄養失調を防止。順番にも注意。タンパク質から。

高齢になると、一度に食べられる量が減るようです。 80歳を過ぎた母は、このところ …

失敗談が心を打つ。元商社マン・江木隆之さんの「英対話」。体験を社会に生かす。

英語。 春から始めようと思っていらっしゃる方、多いのでは? これまで海外旅行に行 …

声帯の老化を防ぐため毎日、家で大きな声で歌う。近所迷惑にならない秘密兵器。

最近、誤嚥性肺炎にならないように 喉を鍛えるという体操、本について 紹介しました …

「あさが来た」で「ファーストペンギン」? 明治時代に?

昨日もNHKの連続テレビ小説「あさが来た」の 話題を取り上げました。(「スカブラ …

カマンベールチーズを食べると認知症を予防する?

わが家の80歳を超える母は、 以前、医者に骨粗しょう症予防のため、 毎日、牛乳・ …

渡せなかった修学旅行のお土産。高知県の銘菓「松魚(かつを)つぶ」。

日曜日に放映されていた TBSの世界遺産では、日光東照宮を 取り上げていました。 …

現役時代、精算大嫌いだった知人が定年退職後、つけはじめたスマホの家計簿ソフトで節約。

新年になったら、 新たに家計簿をつけて、 節約しようなんて考えている方、 いらっ …

近所の餅名人にとっての日本一の草餅は?

聖路加国際病院の帰りに、 出入り口近くの売店の外で、 草餅を販売していました。 …

早朝に2日続けて地震。「備えは大丈夫」とメールを送ってくれた福島の知り合い。

2016年11月21日22日と 2日連続で早朝に大きな地震がありました。 地震で …

「ためしてガッテン」で高野豆腐の特集。ふっくらやわらかの決め手は、熱湯もどし。

高野豆腐の料理、お好きですか? 以前、別のブログで高野豆腐の煮方を紹介したところ …