亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「菜花の苦みが少ない」と訴える母。食べてみたら……。幼稚化する舌?

   

2017年2月16日の夕食に、
母が作った菜花のおひたしが
テーブルに載っていました。

一足早く、食事を済ませた母が、
私がそれに箸をのばす前に、
「なんだか菜花の苦みが少なくて、
菜花という感じがしない」とぼやきます。

母も年をとったので、
味覚が以前に比べて衰えているからなー
と思いつつ、口に入れました。

減塩生活を送っているため塩味は控えめ。

ゆでて甘みが出ているのはこれまで通り。
けれど苦みがほとんどありません。
母の言う通りです。

どうしたんでしょうか。

そういえば以前、農家の人何人かに、
いまどきは消費者の人が、
酸味と苦みがある品種は、
受け入れてくれないと嘆いていたのを
思い出しました。

野菜でも果物でも同じ、
出来るだけ酸味と苦みを減らし、
かわりに甘みを増やす。

なので甘みだけが強調された味になっています。

ほうれん草好きの年配の知合いは、
あくが少なくなったのはいいけれど、
それに伴って、味自体も薄くなっている、
どれもこれも均一な味になって
と少し怒っていました。

知合いの料理人や栄養士さんに言わせると、
春先の葉物などに含まれる苦みが、
体を刺激し、冬の間、体にたまった毒素の
排出を促してくれるのだそう。

なので苦いということは、とても重要なのだとか。

また味覚というのは、甘みからスタート。
そこから旨み、酸味、苦みを覚えていくとのこと。

甘みばかりに頼ると、いつまでも幼児の
味覚止まりになり、微妙な味を、
味わい分けられないとも。

われわれの舌は幼稚に
なっているのかもしれませんね。

「昔の品種の菜花が食べたい。
どこか売っているところはないかねー」

そうつぶやく母。

房総のどこかに残ってないかなー。

 

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

「人生は洗濯だ」。「え、選択じゃなくて洗濯?」。その意味するところは? 命、心を洗濯する。

わが家では、未だに80歳を過ぎた母が、 家族の洗濯を行っています。 いっても全自 …

一人サマータイムを続ける知合い。電車がら空き、仕事はかどり、定食屋でもすいすい。いいことだらけだそう。

一時期、省エネの観点から 盛り上がったサマータイム・夏時間。 どうなってしまった …

秋になると、家の前のおじいさんが毎朝やっていた「焚き火」を思い出す。

小さい頃、実家の前の家は、 道に面した建物の横が、奥の庭につながる 通路になって …

名前にちなんだ「和」の字を、外出先で撮影して集める夫婦。

みうらじゅんさんによる 「アウトドア般若心経」。 ご存じですか? 「般若心経」は …

簡単な血液検査で認知症のリスク(前段階MCI)がわかります。

認知症の研究。 日々、進んでいます。 認知症の前段階はMCI(軽度認知障害)。 …

加齢による物忘れ防止法。あの女優さんの名前だれだっけ? あれ、それが多くなったら。

このブログに何度も書いていますが、 加齢の影響か、モノの名前や人の名前が なかな …

知人から勧められたゼリー健康法。ゼラチンを買って手作り。良質なタンパク質は高齢者ほど必要。

寒い間は、冷たいものは、 たとえ健康にいいものでも、 なかなかとりにくいものです …

高齢の知り合いが、日程が重なったリオ五輪と高校野球を見るために買ったものとは。

リオ五輪、始まりましたね。 水泳の400メートル個人メドレーの 荻野選手の金メダ …

過多な情報が招く脳疲労。情報断食で脳をリフレッシュ。

最近というか、もう結構前からになるのですが、 デジタル断食という言葉を見聞きする …

高島屋が来日観光客向けに浴衣の着付けレンタルサービス。外国人の浴衣人気。

先日、ミラノ出身の21歳の大学生に会いました。 初来日の彼、東京の後、北海道に行 …