亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

空茶とおもたせ。一杯茶。馬鹿の三杯汁など祖母たちの言いつけを思い出す。

   

「空茶」という言葉。
ご存じですか?

2017年5月15日、毎日新聞の
《週刊漢字》の出題3問のうちの
2問目として出題されていました。
(和敬清寂、空茶、茶腹も一時)

空茶(からちゃ)は、
《茶菓子がなくて茶だけを出すこと》を言います。

小さい時、父方母方のそれぞれの祖母から、
この「空茶」と言う言葉を聞かされました。

「空茶にしてはいけない。
お茶には必ず茶菓子を添えなさい」と。

もし菓子がなければ、漬物でも佃煮でも良いから
なにかお茶請けとなるものを出すことと。

どうしてもない時は、
「空茶で失礼ですが……」と
言葉を添えることと。

逆に、よそのお宅に伺う時は、
相手に負担にならない手土産を
持っていくこと。
それが「お持たせ」になってもいいからと。

ちなみに「お持たせ」とは、
この頃よく使うのでご存じかと思いますが、
客が持ってきたものを、
その人にもてなしとして直接出す時に、
もてなす方が言う言葉です。

例えば、
「おもたせ(もの)で恐れ入りますがどうぞ」。

あとよく言われたのが、
「一杯茶はやめよ」(「一杯茶は縁起が悪い」)。

お客さまにお茶を一杯だけ出すのは、
縁起が悪く、不吉なので、
必ず2杯目を入れること。

お茶は、なみなみ入れるのではなく、
七分目くらいまでにし、少なくなったり、
さめてしまったら、差し替えをお持ちする。
(これで2杯となる)

これは、ご飯やお汁も同じで、
一膳飯・一杯汁で、
大盛りつぎきりというのはダメとも。

また味噌汁などのお汁の場合、
いただく場合の話ですが、
「馬鹿の三杯汁」とも教わりました。

あなたは聞いたことがありませんか?

いくら美味しくても、
3杯目を所望してはいけないという意味です。

「居候三杯目にはそっと出し」なんて
川柳・ことわざがありますけれど、
これは人の家に世話になっている引け目から、
食事に限らず、なにかにつけ遠慮がちになること
を言います。

祖母達は、よそ様のお宅に伺って、
いくら勧められたからといって、
調子にのってどんどんおかわりしては
いけないと言っていましたね。

お茶を出すときに戻れば、湯飲み茶碗のみで
茶托をつけずに出すこともしてはいけないと。

今、振り返って見れば、時代に合わなくなった
迷信のような教えもありますが、
ためになった役立ったと思う教えが多いですね。

もっとも母方の祖母は、柔軟な面もありました。

祖母の甥っ子兄弟が、
お茶屋を始め苦労していた時には、
物心両面で援助をしていたよう。

その後、二人は、缶入り・ペットボトルの
緑茶を発売し、商売を大きく発展させました。

その際に祖母は、マナーの面からは、
受け入れられないと感じていたものの、
二人の努力ぶりや心根を知っていたので、
手軽にどこでも飲めるようになったという
商品自体の利点は認めていたことを
覚えています。

ただ祖母自身はもちろん、
姉たち、そして私には、ペットボトルの
お茶を飲んでもいいが、直接、口をつけて
飲むことだけは決してしないように
と注意していました。

父方の祖母は、空茶にならないように、
金平糖を水屋の奥に必ずしまっていました。
なくなると近所のよろず屋で買い求めるのですが、
私がいる時は必ず一緒に連れて行ってくれ、
帰りのお土産になるお菓子を買ってくれたものでした。

「空茶」という言葉から、
二人の祖母のことを
思い出しました。

ぬるめにいれた緑茶で一服することにします。
おっと、お茶請けを忘れずに。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

きゅうりの酢の物の季節がやってきた。「春苦味、夏は酢の物、秋辛味、冬は油と合点して食え」。

夕方、食卓についたら、 すでに食事を終えた母から、 「冷蔵庫にキュウリの酢の物が …

富士山の最多登頂記録の登山家・実川欣伸さん。エベレストに再挑戦。

人生で一度は富士山に登りたい。 そう思っている方は多いと思います。 2014年に …

住むところで寿命は決まる。ヒートショック。風呂、トイレ。住宅断熱改修で高齢者の血圧改善。都長寿医療センター。

一人暮らしの高齢の知合い。 冬の寒い時期、そして夏の暑い時期に 1~2ヶ月、デイ …

家族につきあって1日6グラムの減塩生活をやってみた。

家族が腎臓の調子が悪くなったので、 医者に減塩を勧められました。 目標は1日6グ …

知人から勧められたゼリー健康法。ゼラチンを買って手作り。良質なタンパク質は高齢者ほど必要。

寒い間は、冷たいものは、 たとえ健康にいいものでも、 なかなかとりにくいものです …

福引き2等に当たった母。運を無駄遣いするな。ついていないと思う時は、運を貯めている時。

近所の福引きで、2015年12月29日、 母が2等をあてました。 母は昔から福引 …

五月病っていう言葉もありますが、お元気ですか? 心の栄養失調。

長いゴールデンウィークの連休も終わりました。 久しぶりに学校・職場に行く朝、 ス …

母の一番上の姉から電話。「あんた。今日はあんたの結婚記念日だよ」。母の反応は?

先日、夕食のためにリビングにいったら、 奥のソファーのところで、母が電話をしてい …

「花は心の食べ物です」。南房総。戦争中、花を守った川名りんさん。

先日、友達と一緒に房総半島の 鴨川に行ってきました。 意外だったのは、キンセンカ …

秋になると、家の前のおじいさんが毎朝やっていた「焚き火」を思い出す。

小さい頃、実家の前の家は、 道に面した建物の横が、奥の庭につながる 通路になって …