忘れ物、探し物をゼロに。知り合いのカメラマンが行っている形跡管理とは?

スポンサーリンク
未分類

知り合いのカメラマンがいます。

撮影のとき、ご一緒することが多いのですが、
いつも関心させられます。

それはモノの管理の見事さ。

撮影には、カメラ、レンズ、パソコンだけではなく、
照明、レフ板、布、フィルターなど数え切れないほどの
ものが必要となります。

それを場所を移動するたびに、
バッグなどから出してしまう。
正確に迅速にやらねばいけません。

その方がやっているのは、
形で管理すること。

カメラ、レンズなどは、精密機械なので、
バッグの中にスポンジを入れ、切れ目を入れ、
しまいます。
それをほかのものにも応用。

そのモノや容器の形にぴったり切り込んだ
スポンジをバッグ・箱の中にいれておきます。

切れ込みのところには、なかにいれられるものの
名前が。

あとは、そこにそのものをさしこむだけ。

違うものや、入れ忘れていると、
形があわなかったり、空白になったりするので、
一目でわかります。

そう目でわからせるんですね。

この方法は、姿絵管理(形跡管理)と呼ばれていて、
ビジネス(オフィス、工場)で使われている方法とか。

3S実践テクニック講座 ビギナー編 * 5S活動と3S活動の手引き

そういえば、別の知り合いも、
玄関にこの方法で使った箱が置いてあり、
外出する時は、そこのものをすべて持って行く。

帰宅したら、そこに全部だしておく。

そうすることで、忘れ物、探し物がほぼゼロになったそう。

とてもとても気になっています。

〇サンペルカという
発泡スチロールを使って加工。

Amazonサーチ
未分類
スポンサーリンク
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント