亀の知恵

萬年も役立つような森羅万象の知恵を紹介

*

「クリスタルのグラス、お皿などをもらってくれない?」。親戚の叔母さんから言われた知人。なぜ?

   

夏の暑い時期。
食器にガラス製品がよくあいますね。

知人と少し前、食事をしながら雑談。
その席で出たのはガラス製品、中でも
クリスタルグラスについて。

知人は、今年に入って、
親戚の叔母さんから、
電話がかかってきたのだそう。

それは食器類をもらってくれないか
という内容です。

なぜ?

まず家族が少なくなった。
また来客もほとんどいなくなった。

なので、洋皿、グラス類が不要に。

叔母さんのところには息子さん2人が。

息子さん夫婦に譲ればいいのに?

息子さん二人は結婚して独立したのですが、
お嫁さんの趣味もあり、
やんわりと断られたのだとか。

どれも海外の有名なブランド物なので、
どこかに買い取ってもらえないか?

そう考えて調べたところ、
信じられないような値段でしか
買い取ってもらえないとわかったとのこと。

売るより、誰か喜んでくれる人に
譲りたいと思って、親戚、知人に
声を掛けたのだと言います。

この叔母さんは、特にグラス、
クリスタルグラスを熱心二集めていたそう。

これは最後まで手元におこうと考えていたのですが、
旦那さんから、重くて段々使わなくなっている
と指摘され、夫婦それぞれ1つずつだけ残し、
あとは手放すことにしたと。

以前にも書きましたが、年を取ると、
お茶碗、グラスの重さでさえも
負担になるんですね。

鉛24%のクリスタルグラス。
輝きは素晴しいですが、
重いですからね。

知人は、奥さんに相談。
しかしただでさえ食器類を減らそうと
思っているのに、これ以上増やすのはダメと
強く反対されたそう。

ただウィスキーを飲むときのために
ということで、2つだけグラスを
譲り受けることに。

奥さんは、知人が管理するなら
と台所ではなく書斎に置くことで
許してもらったとのこと。

もし自分が知人の叔母さんのような人から、
「食器、クリスタルグラス、入らない」と
言われたら、喜んで引き取ってしまいそう。

でも家にわずかながらある
クリスタルのグラスやワイングラス。

昔はそれでも使っていたのですが、
今は全くといっていいほど使っていません。
(シャンパングラスのみ年に、お正月と、
もう一度、つまり年に2回しか使わない)

なので、もしもいただいても、
使わずに、飾っておくだけになりそう。

人生のしまい支度を考え、
実際しなくてはならない年代になった今、
その物の値段・価値にとらわれず、
それを必要か使うかと基準に
変えないといけないのでしょうね。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

連続テレビ小説「まれ」。2015年4月20日放送回の中に出てきたはさみ。2003年にはないと家族が指摘。

連続テレビ小説「まれ」。 2015年4月20日、朝ご飯を食べながら ぼんやりと見 …

毎週一度の「食の冒険」。あなたは最近、これまで食べたことがない物を食べましたか?

以前にも書いた覚えがあるのですが、 もう一度、記しておきます。 ある高齢の方から …

温活を本格的に開始。白湯、温熱サポーター。今年から加わったジンジャーココア。

あるとき、久しぶりに体温を測ったら、35度台。 それに驚いて、体を温める温活を始 …

夫と妻の二人で「冷え取り」=温活をして、妊活に成功。

体調をよくするため、 温活、体温を上げる生活をしています。 先日、知合いから聞い …

夏の西瓜とメロン。「西瓜は腎臓に良い」と信じていたけれど……。血中のカリウムが高い人はご用心。

夏の西瓜、メロン。 昼下がり、種を飛ばしながら むさぼり食った小学校の夏休みを思 …

お医者さん、専門家を過信してはいけない。セカンドオピニオンは当たり前。様子を見たり、先延ばしをているうちに……。

乳がんで闘病中の小林麻央さんが、ブログで、 がんが肺や骨などに転移していることを …

年配の知合いのスポーツクラブの意外な利用目的とは?

年配の知合い。 近所のスポーツクラブの会員となっています。 最近、24時間オープ …

原節子さん逝去に感慨ひとしおの母と叔母さん。二人にとって自分の時代を象徴する人物の1人。

今朝、朝食をとりにダイニングに行くと、 下から新聞を持ってきた母と入り口のところ …

思い出の品を小さくして手元に。制服、スーツ。ランドセル。

あなたは、学生の時の制服、ランドセルなどをお持ちですか?、 先日、知合いの女性が …

非常食や装備。ローリングストック。わざわざ買うより、あるものでなんとかする。毎月少しずつそろえていくという発想。

9月1日。 防災の日ということで、 非常時に備えるための 記事、番組などが目立ち …