「立志式」とは。あなたは祝いましたか。

未分類

2019年2月6日、福島県いわき市に出張で来ています。

ホテルの自室で備え付けのテレビで、
地元のニュース番組を見ました。

ニュース項目の中に、
「福島県川俣町で立志式」がありました。

あなたはこの「立志式」をご存じですか。

中学か高校の漢文の授業で論語を習ったと思います。
その中に、
《 子曰、 「吾十有五而志于学。
     三十而立。
     四十而不惑 
     五十而知天命
     六十而耳順
     七十而従心所欲、不踰矩」》
《子曰く 「吾 十有五にして学に志し 
     三十にして立ち 
     四十にして惑わず 
     五十にして天命を知る
     六十にして耳順い 
     七十にして 心の欲する所に従いて
     矩(のり)を踰えず」》
という文章を習ったはず。(「論語」為政)

これが出典ですね。
ちなみに十五歳の立志だけでなく、
年齢それぞれの別名として
上の表現が使われています。

四十歳の不惑はよく知られていますね。

と言うわけで、この十五歳=立志に、
日本の成人儀式である元服を組み合わせ、
(数え年の)一五歳を祝う行事が立志式です。

ちなみに元服は武士社会で行なわれていた通過儀礼で、
数え14歳の立春の日が元服式。この日を境に、髪型、
衣服も大人のそれに替え、社会からも一人前の大人と
して認められることになります。

立志式では十五歳になる参加者は、将来の決意、
目標などを明らかにし、大人になる自覚を
深めるようです。

比較的、最近はじめられ、主に中学校の行事として広まっています。

上の福島県川俣町の立志式は2019年で12回目だとか。
(山木屋中学、幼稚園からずっと一緒の中学2年生3人。
なお川俣町の川俣中学では平成20年2月6日に
第1回の立志式が開催されています)
http://www.town.kawamata.lg.jp/site/kawamata-chu/kawamatachu-ayumi.html
《立志式の開催について「都道府県・政令指定都市」アンケート結果》
http://www4.tokai.or.jp/hanai/chosa.htm
平成16年の調査ですが、全県的に実施している県もあるよう。
愛媛県は、《昭和39年に県社会福祉協議会の主唱により
中学2年生を対象に「自覚・立志・健康」についてより
深く考える日として2月4日(立春の日)を「少年の日」
として定め、昭和40年から県下一斉に式典を行うように
なった。》とのことです。

以下の調査では由来が明らかになっていません。
《【立志式について】  「立志式」の由来、内容などについて知りたい。》
http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000190012

〇自分はこの立志式の記憶がありません。
 同級生に確認したわけではないのですが、
 やってなかったのかなー。

〇知人の息子さんの小学校では、ハーフ成人式
 すなわち10歳を祝う儀式を行なっているそう。
 子どもから感謝の手紙をもらい感激したとか。
 成人式より、感謝の言葉を送りやすいかも。

Amazonサーチ
未分類
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント