伊藤若冲。「若冲」という名前の由来は?

未分類

伊藤若冲。

日本のみならず海外でも、
展覧会が開かれれば数時間待ち
という大行列。
作品集、解説本などもベストセラーになっています。



また2018年12月1日から始まった
従来のハイビジョンより4倍高精細
という衛星4K放送でも、この若冲を
熱かった番組がいくつもありました。
(「若冲 天才絵師の謎に迫る」
「若冲vs北斎~夢の天才対決~」
『見たことのない若冲 ~パリ驚嘆
「動植綵絵」高精細の極彩美~』。
なお8K放送でも1月14日に
「若冲を発掘したアメリカ人」が
放送されていました)

その精密さを映し出すには
4Kが必要なんでしょうか。

この若冲。
以前から雅号の由来はどこから
と疑問に思っていたのですが、
今朝、ある人から教えてもらいました。

「老子」からだそう。

《若冲の号をつけたのは、その人柄をよく理解し、
愛していた相国寺の僧、大典禅師・梅荘顕常
(バイソウケンジョウ)であったと言われている。
『若冲』とは「老子」という書にある
  大盈(ダイエイ)は冲(ムナ)しきが若(ゴト)きも、
  其の用は窮(キワ)まらず
に出ており、
  大きく満ちているものは何もないように見えるが、
  その働きは窮めることができない
という意味で、絵のほかは何も出来ないという
若冲の天才を的確にいい当てている。》

《伊藤若冲 – 臨済宗相国寺派》
http://www.shokoku-ji.jp/h_person/person_jakuchu.html

この意味を知って、若冲の作品を見ると、
より理解が深まる気がします。
(「冲」は「沖」の俗字)。

Amazonサーチ
未分類
nikitokiをフォローする
亀の知恵

コメント